FC2ブログ

第85話 新年早々涙の大奮闘(祝)

2012年01月02日 21:44

前話の予告どおりデジタル一眼レフカメラを購入した。正月実家に集まる皆の写真も撮りたかったので、(すぐに発送できる在庫保有会社を装いながら実は在庫を持たない転売屋、金を貰っても納品は一週間も先という悪徳通販業者に、まんまと引っ掛った第74話の経験を生かして)今度は事前に今日発送できるか確認できた業者にし、もちろん遅配された時に受け取り拒否できるよう代引きにした。そういう緊張感があっての事だろうか、この業者はただちに発送、翌日無事商物が届いた。


選んだカメラはペンタックスの「K-5」。どちらかといえば、マニアックなカメラだ。「お任せ」ではほとんどマトモに撮れなかった。特にオートフォーカスの遅さには閉口。今まで使っていた携帯カメラよりもひどい時がある。しかも悪い事に、ピントが合うまでシャッターが切れない。フリーズしてしまう。「ひど・・・」これが第一印象だ。デジ一眼の性能はこの一年で飛躍的に向上したそうで、ソニーの人気機種NEX-5Nなどは、一年前の旧型とは比較にならないという。このK-5は一年以上前の古い機種。分かっていた事とはいえ少し後悔した。ただ20年ぐらい前の古いペンタックスのお気に入りレンズをいくつか持っていたので、選択肢はこれしかなかった。


大晦日に来てこの3日間使ってみた印象は、今どき可変ディスプレーすらない、構えて転がって撮らなくてはならない、その他色々不便な時代遅れの古臭いカメラ・・・だが、運と腕があればかなりの性能を発揮する、という感じだ。まあ要するに本格派の為のカメラということで、私にはちと手に余る。しかしマグレで私にも時々良い写真が撮れる。そういう時は心底ああこれを選んで良かったなあ、と思う。主にF1.4の明るい単焦点レンズを使っているが、ボケ味の美しさ、光の表現力、色の自然な美しさに感心した。私の絵心が刺激され、地面に転がってこのカメラを構えるようになるのは、時間の問題かもしれない。ネットにアップする写真は、かなりデータが圧縮されるので、その美しさが分からないが、オリジナルを大画面で見ると、本当に素晴らしい。さすが本格派カメラという感じだ。


さてそんなカメラの最初の写真が、チビッ子が苦痛に顔を歪める深刻な写真になってしまった。犬は痛みに鈍く、少々の事では痛がらない。これほど痛がっているという事は、かなりまずい事態だ。早速獣医に行こうとしたが大晦日で休診。また、あわてて苦しんでいるチビッ子を連れ回すのもリスクがある。それに原因はおそらく異物誤飲。その証拠に一生懸命上から下から異物を出そうとしている。チビッ子が来るにあたって、危険物は徹底的に除去してある。調べてみると、かじられた木片があった。犯人はこれだろう。口は大きいが腸も肛門もまだミニサイズなので引っ掛っているのだろう。しかし開腹手術は最後の手段だ。肛門に木片の頭でも出てくれば自分で何とかできるかもしれない。いや、大切に、自分がこの作業をすべきだ、もし乱暴な事をされたらどうする?人には任せられない、と私は思った。


どっぷり日が暮れ、まもなく年が変わる頃、その時がやって来た。やはり木片が、肛門の粘膜にからみ、力めば力むほど粘膜に突き刺さる状態になった。私はチビッ子を優しく励まして落ち着かせ、躊躇なく素手の指を肛門に持っていき、木片をやや押し込みながら、丁寧に取り去った。よし全て取り除けた。が、その瞬間一気に大便を出す事が、様子から分かった。選択肢はふたつ。トイレを用意する時間は無い。そのまま床に落としてもらうか、自分の手を広げて、床を救うか。私はクッサイうんぴが大の苦手だ。しかし、しかし!、床掃除も大変よ、この夜更けに。息を止めればいいじゃないか!でもそれだけはイヤだ~、いやいや今どきのAVを見よ、今はその大半がアレをしているそうじゃないか、AV男優さんたちを見習え!などと訳の分からない励ましをしながら自分を鼓舞し、私は決意した。手を広げて、アレを受け取った。


とても柔らかいアレだった。完全に液状ではなかったのが救いだ。暖かかった。手が冷え切っていたので、何だかホッとした。そう、これでチビッ子は助かったのだ。もうはっきりと、トゲが取れたかのように豹変し、元気な表情になった。良かった、本当に良かったと、私は心底喜んだ。両手にいっぱいチビッ子のウンチを持ちながら。 ・・・ ああこんな大晦日、初めてだ。世間の皆さんは今頃年越し蕎麦かごちそうを食べているんだろうな、と思いながらトイレに捨てに行き、そして手を念入りに洗った。それまで「チューちゃん死なないで」と、涙目で付きっ切りで看病していたので、食事はまだだった。食事をしなければ。でも、刺身とかカレーだけはNGな気分だった。まあそんなの家に無かったけど。あの時何を食べたっけ?・・・そうだ食パンと、今ハマってる自家製燻製の肉やチーズで一杯やって寝たんだ。翌朝早朝いつもどおりにチビッ子は元気一杯にたたき起こしてくれた。元気で何より。良かった良かった。という近年まれに見る、おメデタイお正月でした。2012新年おめでとう。読者の皆様新年早々くさい話で申し訳ない。今年もどうぞよろしく。


x5tt (1)
かなり苦しそうな表情。 (一番下の写真を除きクリックすると大きな画像で見えます)

x5tt (2)
深刻な状況だった

x5tt (3)
異物が取れた直後。一変して何事も無かったかのような顔に。暗い室内でもフラッシュ無しで撮れる。

x5tt (4)
翌朝。元気一杯に「パパお早う!」という表情

x5tt (5)
「もう拾い食いしたら駄目だよ」と説教しているところ

x5tt (6)
紐をかじるチビッ子。でも慎重になった気がする

x5tt (7)
一眼レフならではのボケ味を出してみた。瞳にきれいな光を入れるのに苦労した

x5tt (8)
可愛い表情。構図は思い通り。バックの色と光を調節するのに苦労した

x5tt (9)
子犬らしいあどけない表情。・・・助かって本当に良かった。

x5tt (10)
ちょっとこった構図をしてみた。チューちゃんこれからは気をつけてね。天国行くのまだ早過ぎ。

x5tt.jpg
これがそのカメラ。ピントを合わせる能力が非常に弱いのでこういう使い方が出来ない。メーカー様、求む改善!


 



コメント

  1. wonwon | URL | tYvW6C8E

    よかったですね

    あけましておめでとうございます
    今年もよろしくお願いします

    私も異物誤飲には、今でもよく悩まされます。
    昨年の大晦日、目を離した隙に皮のリードを食いちぎって
    食べてしまいました。これで2回目です。

    前回は、皮のリードがお知りから出てきているのを手で引っ
    張って取り出しましたが、今回はまだお腹の中にあります。

    散歩の途中で、タバコの吸殻を口にすることもしばしば。
    その都度、強引に口に手を入れて、吸殻を取り出します。

    それにしても、出てきてよかったですね。
    最後はご自身で取り出すなんてなかなか出来ることでは
    ありません。

    まさに「運を手につかんだ」ということで今年は良い年に
    なるかもしれませんよ。

  2. アイリーンママ | URL | -

    ほんと、良かったです!

    明けましておめでとうございます!

    チューちゃんったら、やらかしてくれましたね!
    さぞ、ご心配だったことと思います…

    うちにも、似たような事があったな~と思い起こしております(笑)

    wonwonさんのコメント~

    まさに「運を手につかんだ」ということで今年は良い年に
    なるかもしれませんよ。

    には、大爆笑ですが、私は「絶対に掴んだ!」と確信しますよ~(笑)

    今年もどうぞよろしくお願い致します。

  3. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: よかったですね

    あけましておめでとうございます
    こちらこそ今年もよろしくお願いします
    そうなんですよ異物誤飲は、何もないゲージに閉じ込めない限り
    宿命みたいなもので、一刻も早く覚えさせなくてはならないのですが、
    まだチビ助ではなかなか難しいですね。
    「運を手につかみ!」だと本当にいいですね!!(笑)

  4. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re:アイリーンママ様

    明けましておめでとうございます!
    そうなんですよ、やってくれました。
    ははは、本当に掴んでいるといいですね!
    皆さんにも良い年になりますように!
    今年もよろしくどうぞお願いします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/98-58fce765
この記事へのトラックバック