FC2ブログ

第84話 名前って大切だよね!

2011年12月30日 21:33

3代目チューちゃんことチビッ子は順調に成長中。この頃はよく庭を駆け回っている。外に出せない雨の日などは、家の中でもよく走る。まだ小さいせいか、音がパタパタパタと、まるでネズミが駆け回っているような音だ。名前を一旦「チュチュ」にしたが、ネズミみたいだからやめて、立派なチンチンを持った男の子だし、やっぱりチュー太郎か、チュー吉か、チューノ助か、あるいはチュー左衛門とかにしようと思っている。「チュー」が付いているから、いずれにしても愛称は「チューちゃん」になるしね。


だったらあんまり意味が無いと思われるかもしれないが、後々思い出す時に正式名が必要になるということを、この頃2代目を思い出す時に強く感じている。そう、2代目にはまだ、「チューちゃん」以外に名前がないのだ。1代目のときは、苦労して「チューちゃん」から「イシュ」にしたおかげで、私の脳内で2代目と明確に区別できるようになった。だがまだ2代目にはそれがないので、思い出す時に今とても困っている。そもそも同じ「チューちゃん」にしたのは「第9話 名前失敗」で書いたとおりの事情だが、あの記事を書いて一年近くたって、私は考えが少し変わった。同じ愛称にする事に、非常に大きなメリットがあると思う。


やはり圧倒的に調教がしやすい。動物の調教をしている人なら、それがどれほどデリケートなものかよくご存知だろう。調教する人間の声のトーンひとつで、動物達は微妙に、あるいは、大きく反応する。それにもっとも敏感な動物と思われる馬の例でいえば、様々な舌鼓(ぜっこ)の音色だけで馬に自分の意思を色々伝えられる事を、馬乗りや調教師達は無意識に自然に覚えて行く。それほどはっきり効果が分かるのだ。私は長年馬の調教をしてきたので、ワンコ達にも、ついついその「ぜっこ」を使う。今日アップした動画で見ると、子犬もけっこうそれに反応する事が分かる。チビッ子が何やら拾い食いをしようとしていた時に「ぜっこ」を鳴らしたところ、「やばい!パパに怒られる」と感じたのか走り出した。



つまり、それほどトーンにデリケートなのなら、子犬に注ぐ愛情も、呼び慣れた「チューちゃん」の方が、圧倒的に伝わると思うのだ。初代チューちゃんから数えておよそ20年、長年培った「チューちゃん」という呼び方には、自然と深い愛情が込められたトーンになる。「チューちゃんおいで」、「チューちゃん可愛いね」、「チューちゃんオリコウだね」などなど、調教でもっとも大切な時期の子犬の頃に、日常的に使う言葉に最良のトーンをにじませる事が出来る、私はそう判断し、愛称と正式名を使い分けることにした。これは実は2代目のときに、これで大きな成果を挙げた経験から学んだ事だ。そしてやはり3代目でも大きな成果を挙げつつあると感じている。あの、飼い主のコマンドなど全く無視するような、非常にヒステリーな超大型ドーベルマンの息子、とは思えないほど、穏やかで可愛らしく成長してきている。


話は戻って、仮に3代目を、チュー左衛門にしておけば、将来思い出すとき、「チュー左衛門はああだったイシュはこうだった」と、明確に区別できる。だがまだ「チューちゃん」だけの2代目にはそれがない。さあ困った。今は、仕方がないから、思い出す時いつも「あいつ」とよんでいる。 ・・・ チューちゃん、つくづく不憫な奴。ごめんね天国のチューちゃん。愛してるよー。 ( ・・・ う~~ん、なんにしよう・・・これといった名前がまったく思い浮かばない・・・ )

dfh_convert_20111230174709.jpg
可愛い顔でパパを見つめる3代目チューちゃん

dfh+(1)_convert_20111230174855.jpg
「チューちゃん」と呼ばれたところ

dfh+(2)_convert_20111230175538.jpg
凄いスピードで向かってくるチューちゃん

dfh+(3)_convert_20111230181317.jpg
ご褒美にチビッ子の大好きな足遊び

dfh+(4)_convert_20111230183211.jpg
楽しそうにはしゃぐチビッ子

dfh+(5)_convert_20111230184048.jpg
向こうにあるのは新しく購入した椅子。座り心地なかなかグー

dfh+(6)_convert_20111230185138.jpg
その椅子まで追いかけてくるチビッ子

dfh+(7)_convert_20111230190253.jpg
ごつい足。この子も50kg以上の大型になるのだろうか。ちと不安。

dfh+(8)_convert_20111230191017.jpg
可愛い写真がピントはずれに。携帯電話のカメラの性能の悪さにもう我慢できず、とうとう一眼レフカメラを今日発注。詳しくは次回に。



 


コメント

  1. アイリーンママ | URL | -

    思わず笑顔に…

    本当に可愛いですね~!

    嬉しそうに走っていましたね~

    思わず顔の筋肉が弛んでしいます(笑)

    チューちゃんが来て良かったですね~

    寂しそうだったパパさんに、幸せな毎日をプレゼントしてくれたチューちゃんに乾杯!!!

    来年もブログの更新を楽しみにしています。
    来年もどうぞよろしくお願いします。

    2012年が、チューちゃんとパパさんに素晴らしい年になりますように…

  2. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: 思わず笑顔に…アイリーンママ

    アイリーンママさんこんにちは!コメントありがとうございます。
    いや~本当にそうですね。チビッ子に癒やされています。
    最近はすっかりチビッ子との生活のリズムもでき、
    毎日楽しんでいます。
    可愛くて、とっても良い子ですよ。
    あの父親のような巨大ドーベルになったらどうしよう、
    という一抹の不安はありますが・・・。
    庭全体を高いフェンスで囲まないと
    ご近所から苦情が来るかもしれませんね。
    そうならないよう今積極的にご近所さんに触ってもらってます。
    エミリーちゃん災難でしたね。もう良くなりましたか?
    はい、来年も頑張って新記事をどんどんアップしますね。
    一眼カメラを購入したので、良い写真が取れるかもしれません。
    乞うご期待
    2012年が、アイリーンママさんとご家族皆さんに素晴らしい年になりますように…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/97-8112daa3
この記事へのトラックバック