FC2ブログ

第70話 美しい散歩道

2011年09月30日 12:34

今年は早く山を降りる人が多くて寂しかった。猛暑の夏から、いきなり氷が張りそうなぐらいの寒さ。この辺では一番若い私ですら音を上げるぐらいだから、70、80の年配の人たちには、やはりこたえるだろう。親しいご近所さん達が次々に去り、気が付けば私一人になっていた。明日からさらに寒波が来るという。このところ晴天続きだったが、雨も降り出すようだし、私もさっさと山を降りよう・・・と思っていたら、今日(29日)胸がときめく良い事があった。それは、さっき散歩中、道路に落とされたボロ(馬のフン)を拾いに来た、近くの観光乗馬施設で働く20代前半の可愛い女性と、知り合いになり、おしゃべりを楽しんだのだ。もちろん、「寂しいからもう山を降りる~」という私の計画は、その瞬間白紙撤回された。


このブログの読者なら、私が長年人生をかけて(大袈裟!)乗馬をやっていた事をご存知だろう(第20話~参照)。だから乗馬の話ならいくらでも出来る。おかげですっかり彼女と話が盛り上がり、長時間おしゃべりが出来た。また会いましょうと挨拶を交わした別れ際、彼女から「私のブログをぜひ見てくださ~い」と誘われた。ま、勤め先のスタッフブログなのだが、彼女が書いているのだろう。半分営業だとしても、嫌われていないことは確かなようだ。なかなか楽しそうな内容だった。面白い事に、今日アップされているススキの茂る草原の写真、偶然にも私が撮ったシーンと同じのようだ。彼女は馬上から。私はその後ろ姿を。


そう、ご近所に、こんな施設があったのだ。もちろんこの山荘を買った時から、その存在は知っていた。実際何度も利用している。この夏も、4歳児の甥っ子を前に乗せて、ここで乗馬をしている。馬乗りなのに、なぜ避けていたのだろう。もちろん、愛馬との辛い別れ、ペットロスの為に、とても乗馬倶楽部へ行く気になれなかったからなのだが、もうひとつ別の問題もあった。それは・・・そういえばその時、私を担当したスタッフはたぶん彼女だったはずだ。嫌な思い出だ。いきなり上から、「かかとをさげてー!」と大声で注意され、その時ベストバランスで騎乗していた私は、「はあ?」とカチンと来た。だからスタッフの顔を見ていなかったが、おそらく彼女だったろう。その魅力的な体型に見覚えがある。


自分の乗馬技術と知識に一定の自負を持つベテラン馬乗りにとって、この手の「乗馬初心者なのに乗馬指導員」というナンチャッテ指導員から、上からガミガミ乗馬技術について言われるのは、苦痛以外の何物でもない。競技会等で私と切磋琢磨してきた、私をよく知る人物が居るような倶楽部なら、そういうことはありえないだろうが、まあこれも不徳の致すところか。でも、誰だって、お金を出してまで、意味不明な罵声を浴びたいとは思わないでしょ。日本の乗馬クラブは、とかく罵声を浴びせる所が多い。インストラクターが「選手のため」としょうして怒鳴りちらし、怒鳴られた選手は「先生様!」と全面的に服従する。これを日本では美しい光景だという。実際ジュニア選手の親などは、泣いて喜ぶ。これは日本独特の「スポ魂」文化なのか。大昔と全然変わっていない。乗馬クラブでは特にそれがひどい。なんとかならないものだろうか。指導技術を勉強し、ぜひ反省してほしい。


話を戻す。彼女によれば、乗馬料金が半額になる会員制度というのがあって、月会費は5千円だという。でもHPをみると、あれれ、「千円」だ。どっちが本当なのだろう。彼女は入社してまだ2年だそうだから、おそらく彼女が間違えたのだろう。会員になれば、親密度が上がり、彼女たちとこうやっておしゃべりしたりする機会が増えるのだろうか。5千円だろうが千円だろうが、それなら安いものだ。施設内に喫茶店があるので、ランチをしに通うのも悪くない。でもどうだろ、しょせん客と店員か。彼女たちは忙しく一緒に一生懸命仕事、私はそれを眺めているだけ。これでは友達にはなれまい。他の会員でも居なければ、「お一人様」の孤独な疎外感を、たっぷり味わう羽目になるだけだろう。テレビで、ある女性がレストランへ行き、「お一人様ですか?」と聞かれ、「悪い?」と言い返す、笑えるシーンを見たことがあるが、あの気持ちがよく分かる。実際独り者が一人でレストランへ行くと、孤独な疎外感を味わう事が多い。だからだんだん行かなくなってしまう。


一人で楽しめるのは、散歩ぐらいなものだ。そこに愛犬が居れば最高だ。最近NHKBSで再放送した「プリズンドッグ」を見て、今の私にとって犬の存在がいかに大切か痛感した(この感動的な番組について後日またあらためて書きたい)。最近カルビーのCMで、古代ギリシャの哲学者アリストテレスの名言を、面白く妙訳・意訳したものがある。いわく、「友人(とも)がいなければ、誰人(なんびと)も生きてはいけないだろう。たとえ他のあらゆるものが手に入っても。」 


あの番組で、犬がいかに素晴らしい友になるか、そしてその素晴らしい友を得て、プリズンに収監されている青少年犯罪者達がいかに変わるか、荒廃しきっていた彼らの心が、どれほど救われるか、それをあらわしていた。この番組の腕で、犬たちが天使のように見えたが、大袈裟に美化しすぎ?・・・いや違う。それは、まぎれもない事実なのだ・・・だから、最後の別れが、あれほど辛く悲しいのだ・・・。


さあ早速昨日の彼女の所へランチに行こう(今現在30日)と思ったら天候が悪い。やはりあまり良くない事なのか。森の木々も、「やめた方がいいよ」と言っている様な気がする。そうだ、町へ行って、ワンコを見に行こう。まだ飼う決心は付いていないけど、見るだけ見てみよう。今日は5%引きだし。(ナンノコッチャ)


ffxb_convert_20110930121026.jpg
洗濯物が乾いた頃に散歩に出発。

ffxb+(1)_convert_20110930121400.jpg
昨年までならワンコも準備開始。

ffxb+(2)_convert_20110930121201.jpg
山荘全景

ffxb (4)
森を抜けると美しいススキの草原が。愛犬と一緒ならもっと美しく見えるだろう。

ffxb (5)
乗馬倶楽部の彼女とお客さん

ffxb (7)
散歩コースの終着点。森を抜けると雄大な景色が現れる。

ffxb (8)
時々真っ赤になることがある。そういう時は感動して時間を忘れ立ち尽くす。

ffxb (9)
おかげで帰りは日が暮れる。真っ暗になると非常に危険だが、星が恐ろしくきれい。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/83-587ba1ce
    この記事へのトラックバック