FC2ブログ

第60話 まるで恋愛小説?

2011年07月29日 00:28

彼女の自宅近くの店で、2人で飲んでいたある時、突然彼女が、私の目を見ながらこう言い放った。「私、歳が17歳上でも、頭が禿げてても、太っていても、全然OKよ。そんなこと気にしない」 ・・・ 「へ?」 戸惑いながら私はこう答えた。「あはは、うれしいね。○○ちゃん最高。」 事実彼女は、そういう外見的な事には拘らない立派な女性だった。本場欧州でも認められたヴァイオリニストで、自分自身に自信を持つひとだからこそ言えたセリフだろう。これは聞きようによっては、逆プロポーズにも聞こえるのだが、その瞬間いくら盛り上がっていたとはいえ、彼女の自宅(実家)の目の前で、酔っぱらっている彼女に○○したり、ホテルへ連れ込んだりするわけにも行かず、そのまま玄関に送り届けた。そして残念なことに、翌日には、彼女はそんなことコロっと忘れていた。あるいは、とぼけたか、ただの酒乱だったか(良く言えば天真爛漫の楽しい酒か)。結局彼女とは最後まで何もなく、数年後欧州人と結婚して向こうへ移住してしまったので、縁が切れてしまった。 久しぶりに彼女の事を思い出したのは、先日近所のおしゃれな店で、ヴァイオリンのミニコンサートが行われ、それを堪能したからだ。



私は、こういうヴァイオリンのミニコンサートが、とても好きだ。奏者と観客との距離が、実際にも音楽的にもとても近く、独唱を除けば、最も気軽にクラッシックの良さを楽しめる演奏会形式ではないかと思う。独唱は、シューベルトの歌曲等はもちろん素晴らしいが、言葉が理解できないので、現地の人達のようには楽しめない。その点ヴァイオリンの言語(音色)は人類共通で、皆同じように感動できる。もちろん演奏や作曲をやるような人には、弦楽四重奏曲のようなアンサンブルの方が圧倒的に面白いが、そういうのは、ある程度耳が慣れている人でないと実はあまり楽しめない。単純なヴァイオリンと伴奏のピアノだけなら、誰でもとても耳に心地良いのだ。店内はおよそ40人ほどの観客で満席。皆おおいに満足している様子だった。料金はなんとタダ。ランチかケーキセットを頼めばOKというシステムだ。私は「自家製こだわりパンと香草を使ったサンドイッチランチ」を注文した。美味しいスープとコーヒーも付いて790円。安い。


この日の演奏者は、アマオケに所属しヴァイオリン教室も開いている人だそうだが、留学とか音大とかには特に行っていない只のアマチュアだという。だがそこはさすがソロコンサートを開くだけのことはある。予想よりもずっと良い演奏だった。高そうには見えないヴァイオリンだったが、透き通ったなかなか良い音を響かせていた(例え一億円かけたオーディオシステムでも、スピーカーからはあのような音は再現できない。優れた演奏のクラシックコンサートは、そういう美しい音が堪能できる、なんとも贅沢な時間と言えよう)。30代半ばと思われるこの演奏者は、なかなか個性的な女性で、特に魅力的だったのは、弾いている時のクールな表情だ。普段私は、少しでも多く音を堪能したいので目をつむるが、彼女の表情があまりに魅力的だったので、ついつい見入ってしまった。これも至近距離のミニコンサートならではの楽しみだろう。プログラムは、半分がクラシックで残りは一般の人にうけるモノ。まあそれはいいのだが、第2ステージもクラシックは同じ曲だったのは残念だった。ランチが出てきたのが注文から一時間後(!)、第2ステージが始まる直前だったので、そのまま聞いた。難易度が高いクラシック曲は、あまりたくさん用意できなかったのだろうか。第1ステージの観客の多くがそのまま残る事態も想定外だったのかもしれない。(演奏者の皆さん気をつけてね)



実は前述の彼女の演奏を初めて聞いたのもこの店だった。衝撃的だった。何でこんな田舎の場末の喫茶店でこんな演奏が聞けるの?と思った。ヴァイオリンは、お爺さんが田畑を売り払って用意した高級品。腕前は欧州の一流音大で鍛えられてきただけあって文句なしの一流。音に向こうの香りがした。長い留学生活から帰国して間もない頃だった。向こうでは高い評価を受けていたそうで、それを誇らしげに記していた。しかしどうだろ。彼女に連続ドラマやアニメ音楽が演奏できただろうか。先日のコンサートでも、ウケたのは、もっぱらそういう曲だった(観客が歌いだすほどだった!)。「日本人にはこういう音楽が一番」と先日の奏者は堂々と開き直っていた。クラシック音楽は欧州の音楽。それは事実だ。それをこんなにも愛する私が異常なのだろうか。幼少の頃からピアノやヴァイオリンの教室に通いクラシックを叩き込まれた人の中には、大人になるとクラシック嫌いになる人が意外と多いという。あるいは、ロボットのように正確に弾けるが、実はあまり愛していないという人も。しかし欧州暮らしを楽しんできた彼女は、とても愛していたようだ。彼女の演奏からもそれがうかがえた。そういう彼女には、日本の暮らしは、いろいろ考えさせられる事が多かっただろう。人妻になった彼女のその後を知る由もないが、幸せに暮らしている事を願うばかりだ。


彼女も、自宅のはなれに、立派なグランドピアノがある部屋で、ヴァイオリン教室を開いていた。私の自宅から10分ほどの距離だ。私は頻繁に彼女の元へ通った。今から考えれば、恐ろしく幸運なことだった。あれほどのプロから、マンツーマンで濃密な指導を受けられたからだ。私は作曲が趣味で、その前のヴァイオリンの先生やピアノの先生にも、頻繁に曲を持って行ったが、あまりウケなかった。口では「すご~い」とか言って褒めてもらえたが、マトモに演奏してもらえなかった。しかし彼女は違った。楽譜を見るなり真剣な表情になり、素晴らしい気合で弾いてくれた・・・あのトロけるような甘い音色で。 涙が出るほどうれしかった。彼女は、周囲の他の生徒さん達にも、「素晴らしいでしょ!○○さん(私の事)が作った曲ですよ」と言って褒めてくれた。これも本当にうれしかったな。おかげで、モチベーションがグーンと高まり、私は彼女の元へ行くたびに新曲を持って行った。彼女の凄いところは、私が、独学で、知識不足のため、楽譜に間違いが多いにもかかわらず、「これはたぶんこう弾けということですよね」と、フォローしてくれたことだ。「こういう時はこう書くのですよ」と教えてくれた。彼女が欧州へ行かなければ、あるいはあと数年日本に居てくれれば、私の音楽学の知識は、今とは比較にならないほど高まっただろう。 ・・・ 仕事の取引先でも友人でも、相手が独身女性だと、残念な別れがいつも唐突にやってきた。彼女のそれは、その中でも最大級のものだ。演奏会終了後、店でコーヒーをすすりながら、私は夢中に作曲していたあの頃の事を、懐かしく思い出していた・・・。


そうだ、恥ずかしいが一曲だけ披露しよう。彼女の誕生日にプレゼントした曲だ。楽譜のアップの仕方が分からないので文字で。リズムはこう。「タッテッター、トッテッター、タタタタ タタタタ テッテッター」 何でもいいがト長調ではA線ワンポジから「レッミッレー、シッドッシー、ドドシシララソソ ファ・ミィ・レー・」 歌詞は「誕生日―、おめでとうー、チカちゃん先生おめでとうー♪ララ」という感じ。後半ぐいぐい展開して盛り上がって、最後はまたこれに戻ってトニックという古典的なパターン。どう?楽しそうでしょ?(笑) 車の中で歌ってあげたら、これがもうバカウケ。この曲はその少し前に急遽作った物なので、その手書きの楽譜をプレゼントしてあげたら、とても喜んでくれた。物的プレゼントは何もあげられなかったが、おかげで大いに盛り上がった。  プロとアマの違いはあったが、信頼する演奏者と作曲家という独特の関係があった。 最高の友人だった彼女を失った事は、あまりに痛かった・・・。  注:チカ=仮名

h6ty.jpg
音楽を通して仲良しの二人。貴重な出会いだった。美しいお顔を紹介できないのが残念。

h7ty.jpg
おやつを通して仲良しの二人。パパ大好き♪と言っている。可愛い。そういえば彼女も、大の犬好きだったなあ。

h8ty_convert_20110728235411.jpg

むぎゅ~と抱きしめられるチビッ子。何も考えず、いつでもどこでも、好きな時に、好きなだけ自由に抱きしめれる。ドーベルは、そんな飼い主のわがままに、よく応えてくれる、最高の癒やし系ワンコだ。


彼女と一緒によく弾いた思い出のカノン。いつも後から上手に合わせてくれた。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/72-050f66df
    この記事へのトラックバック