FC2ブログ

第40話 絵の報酬

2011年04月19日 19:32

私は芸術を職業にした事は無い。作曲や作画で食べられればうれしいが、それをお金にするのは難しく、せいぜい「あらステキ」と褒められるのが関の山だ。歴史をみても、今では大作曲家とか画家の巨匠といわれる人々のほとんどが、死後に評価されている。私も画廊のおじさんに、「あなたが死んだら(私の絵に)特大の価値が出るかも!」と冗談を言われた事がある。また、ある時、前に曲をプレゼントした事がある友人のアーティストに、「前にあげたあれ、いらないなら楽譜を返して」と言ったところ、「あら、あれはもう私の物よ!」と拒否された。あれ?曲を評価してくれていたんだ、と思い、うれしくなったことを思い出す。結局そのまま贈呈した。


しかしまあ、どうせお金にならないのなら、私が死んでから価値が出ようがゴミになろうが私には知りようがなく関係ないから、手元に取っておくべきだったと思う。特に絵画の場合。実物は、たったひとつしかないのだ。生き別れになった子供を思うような気持ちだ。ちなみに楽譜は、作者の私には特に価値はない。ところで、楽譜作成ソフトって、どうしてこう融通が利かないのか?本当にストレスになる。とにかく手書きなら数秒で出来る事が、何ともはや、壁の連続だ。そうこうしているうちに、音楽を忘れてしまう。基本的に私の表現が、こうして欲しいと求めるルールが、このソフトでは対応できないのか・・・。代表的なソフトで5万円ぐらいのFといえばわかるだろう。音も悪すぎる。何年も使っているがいっこうに改善されない。


山荘の近くに、いくつか親しいペンションやホテルがある。もう20年近い付き合いだ。その中のひとりに、芸術に造詣が深く、ある芸術分野では日本でも指折りの作者でもあり、美味しいフランス料理を出してくれる、雰囲気のあるペンションのオーナーが居る。奥さんとも大の仲良しだ。私が独身になってからは、何かと親切にしてもらっているので、御礼に一枚小さな絵を描いた。大変喜んでくれて、その御礼にと、私が一人で来店した時に限り、ディナー永久無料という報酬をくれた。うーん、素晴らしい報酬だ。これは、多分もっと遊びに来てという意味もあると思う。でもそうされると、意外と行きにくい。結局ご近所の別荘族を誘って行く事にした。ペンションへ行くと、大切に飾ってあった。聞けば、わざわざリビングルームを模様替えしたという。この絵を飾るために! 


私は自分の子供のような作品に向かって、良かったね、とつぶやいた。しかし実は最近、この絵を取り返したくて仕方がない。この絵には、片隅に小さく、ちびっ子たちが描かれているのだ。ちびっ子を抱きながら描いた思い出の絵、あの時の様子が、抱きしめていた感触が、脳裏によみがえる。「チューちゃん邪魔、じっとして~」などと言いながら描いた・・・。そういえば友人のヴァイオリニストを描き贈呈した絵もいい絵だった。別に彼女に対してどうこうはない。ただあの絵が懐かしい。彼女をというよりも、 ・・・ アベマリアを聞きながら、それまでいろいろあった悲しみと別れに思いを巡らせ描いたあの絵には、私には、深い、宗教的な思い入れがある。私には、一種のマリア像なのだ。

その絵を描きながら聞いた、シューベルトのアベマリア

やはり、自分の魂を込めた作品を、安易に人にあげるもんじゃないなと思う。ましてや二束三文で売り飛ばすなんて論外だ。里親として大切にしてくれる人にもらってもらう、それが作者の夢といえるだろう。


h6t (2)
メルヘンチックに描いてみた

h6t (3)
どう?チューちゃん

h6t (4)
「うん、なかなかいいよパパ」と、ちびっ子。 胴の腫瘍が膨らんでいる・・・

h6t (5)
右下にイシュとちびっ子。私とちびっ子ともいえる。

h6t (6)
飾られている様子


h6t (7)
マリア様のイメージで描いた微笑み




ブログ村 (ブログを詳細に分類して紹介するサイト。関心あるカテゴリーを探すのに便利)

 ブログ村 ドーベルマン    ブログ村 犬 思い出・ペットロス    ブログ村 一人暮らし






コメント

  1. コブラ | URL | -

    いい趣味に感動^^*

    大変いい趣味をなさってますね^^*絵も大変綺麗でした^^* アベマリアを聴きながらなんて、しあわせですね^^*

  2. イシュのパパ | URL | -

    Re: いい趣味に感動^^*

    ありがとうございます。
    まだたくさん作品がありますから、
    おいおいアップしますので、
    ぜひまた遊びに来てください!^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/52-139b8ad1
この記事へのトラックバック