FC2ブログ

第28話 ちびっ子をしのぶ歌

2011年03月29日 03:24

私はバッハの音楽がとても好きだ。言い換えればキリスト教の音楽だ。残念な事に私は宗教に疎く、その教義、教えは正直なところ分からないが、それでもキリスト教の音楽には、魂を揺さぶられることが多い。たとえばオケゲム(1410年頃~1497年)の作品など、まだ楽典も未発達な時期の、素朴な音楽だが、深く心に沁みこんでくる。 ・・・ イシュやちびっ子が死んだ時に、心の中に浮かんだ曲がある。モーツアルトの「Ave Verum Corpus」。わずか3分ほどの短い曲だが、私が最も好きな曲のひとつだ。


ちなみに私は、「2つのバイオリンで楽しく」という、この曲のモチーフを使った変奏曲を作って、友人の美人バイオリニスト(第18話に登場する絵の人 )にプレゼントした事がある。さすがモーツアルト、最初この曲の種(モチーフ)を明かしていなかったので、大うけした(彼女も大切な友人のひとりだったが一昨年欧州へ移住してしまった・・・残念)。


「Ave Verum Corpus」の歌詞の意味を調べてみたが、やはりクリスチャンでなければ、本当のところは分からないだろう。しかし、この音楽に魂が揺さぶられることは事実だ。前に生でこの曲の名演を聞いた事がある。感動のあまり、意識が遠くなった事を覚えている。今でもこの曲を聴くと、ちびっ子たちのことが脳裏をよぎる。信者でもないのに厚かましいかもしれないが、私は、これらの名曲を聴いているおかげで、曲が持つその力によって、かなり救われていると思う。偉大な先人達に、感謝したい。  私のこの体験が、大切な家族を失い、悲嘆にくれている方たちに、少しでも参考になれば、と思う。

fh.jpg
「2つのバイオリンで楽しく」は、イシュをしのんで作った曲。いま演奏できる人がいないが、機会があれば紹介したい。


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/39-edc81fdd
    この記事へのトラックバック