FC2ブログ

第270話 理想的なピアノ

2018年12月19日 11:39

山荘にはタダ同然でもらった古い50年以上前のグランドピアノがあるが 自宅の方には電子ピアノしかない。主治医の勧めで気候が暑い時期は山荘で療養しているが その時の慰めはピアノを弾くこと。周囲に人がいないので 騒音迷惑のプレッシャーもなく のびのびと弾けている。住宅団地の中にある自宅では たとえ一戸建てでも ピアノの大音量を鳴らすのには 心理的な負担が多いだろう。山荘での調子で大音量で弾いたら 間違いなくご近所からクレームが来るはずだ。だから自宅にはピアノを置かず 1時間千円ほどで借りられる近所のピアノレンタル室を借りて ピアノを弾いていた。それが良いと思っていた。

その考えを根底から覆すことが起きた。最近そのレンタルが 予約でいっぱいの事が多く 先日 今月初めて借りることができた。やはり自宅にピアノがあるようなわけにはいかない。気が向いた時にいつでも弾けるというのは 自称作曲家の私には 極めて大切なので。

だがそんな事よりも衝撃を受けたのは ピアノが ヤマハの C 5に変わっていたことだ。普通の家にも入る手頃な大きさだが 音の良さにびっくりした。30年落ちだが極上品で程度は最高だった。その前のは少々調子の悪い C 3 。 それとは比べ物にならないほど音が良かった。特に低音部はまるで違う。うちの ピアノと比べると 部屋の音響の良さに大きな違いがあるので直接比較はできないが、ごく一部分の音は勝っているものの後は全敗。比較にならないほど このC 5の方が良い。これをあの山荘に持っていったら どれほど素晴らしいだろう。

ところでこの極上品を 先生はタダで手に入れたのだという。 30年前に ある家が 娘のために購入したものの あまり使われず 長年 家の倉庫にしまわれていたとか。邪魔なので とうとう買取業者に引き取ってもらおうとしていたところに 先生よかったらどうぞと 提供を受けたらしい。しかし中途半端な代金を渡すこともできず 一時的に預かるとゆう形をとったようだ。僕がとても欲しがったので いくら出します?と聞かれた。 二束三文の価額を提示した 買取業者のような 額を提示すれば失礼にあたるので ちょっと無理かな。ずっとここにあれば 千円で 借りれて 近所に遠慮なく 弾けるし。

そのピアノ。スマホのマイクでは この音の素晴らしさが拾えない

こちらは山のピアノ。部屋の音響の良さは こちらが数段上

DSC_0230_20151210173016be7.jpg ピアノが好きなチュー太郎。弾いていると チョロチョロ寄ってきて 邪魔くさい



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/287-ef55bd15
    この記事へのトラックバック