FC2ブログ

第254話 よその犬に餌をあげないで

2018年03月21日 12:26

先日、チュー太郎が吐いた。四角いビスケットのような物だ。最近は朝に一日分を与えている。試してみたらその方が調子が良いためだ。様々な要因が絡んでくるので分散して与えるのが良いのかどうかは一概には言えない。固定観念にとらわれず、ケースバイケースと柔軟に考えるべきだろう。一番側にいる飼い主がよく観察し、試行錯誤すべきだと思う。

話を戻す。その日吐いたのは夜。朝食事してから半日以上経っている。だから、最近は短時間しか庭に出さないが、そのわずかな時間の間に誰かが食べ物を与えたのだろう。最後に出したのは夕刻。時間的にも合う。また、ビスケットの袋も庭に落ちていた。声も聞こえた。若い父親が息子に「ほらほらドーベルマンだぞ」「すげー!」などという声が聞こえてきた。事件はその時に起きたのだろう。

うちはまるで動物園状態である。前にテレビで動物園の方が言っていたが、動物に食べ物を投げ入れる客がいて、そのせいで動物が死んだり重い病にかかったりすることがあるのだという。愛情込めて育ててきた子達を傷つけられ、無念さをにじませていたが、私もそんな気持ちになった。今回大事には至らなかったが、これでいったい何度目だったろう。うんざりさせられる。

ネットなどを見ていると馬鹿の多さに驚かされる。だからあんな極右的暗黒政治が五年も蔓延るのだろう。もちろん立派な識者も多いので大いに勉強させてもらっているのだが。話を戻して、さてさてどうしたものか。対策を考えねばやがて馬鹿に殺される。庭に出すときは必ず付き添うしかないか。やれやれ。おまけに前に書いたがヘタに注意すると報復を受ける。それもかなり陰湿なものをしつこく。「ごめんなさい、餌をあげないでください、すみません、よろしくお願いします~」と笑顔で涙ながらに懇願するか。ああ面倒くさい。でも愛するチュー太郎の為ならエンヤコラだ~!

庭を元気に走り回るチュー太郎
20180321122547df1.jpg 201803211225466bf.jpg 2018032112254421a.jpg 
 


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/269-4dc3cf95
    この記事へのトラックバック