FC2ブログ

第249話 愛犬と散歩で脳トレーニング

2017年11月17日 19:10

最近テレビ番組などで認知症予防の為の脳トレーニングの必要性がよく語られている。他人としゃべる機会が少ない人はリスクが高いので特に注意が必要だという。私などは、年はまだ若いが、肥満で糖尿病であることと、他人との接触や会話が少ないことが、かなりのマイナス点と言えるだろう。だがプラス点もある。何と言っても毎日ピアノを弾くことだ。しかもモーツァルトやショパンを弾くだけでなく、その場で即興曲を作り、ピアノの音色やハーモニーを楽しんでいる。それをやりながら鍵盤を右手左手別々の音を叩いているわけだから、相当な脳トレーニングになっているはずだ。これはかなりのプラス点だろう。

もうひとつ大きなプラス点がある。それは愛犬との毎日の散歩だ。特に、活発で、知能が高く、大きな体格のドーベルマンとの散歩は、有酸素運動をしながら脳を働かせるという脳トレーニングの基本の、一つの理想形と言えるかも知れない。アホ犬や小型犬との散歩では、筋トレにしかならないだろう。知人や友人や元妻のところの色々な大型犬小型犬、どれもあまりのアホぶりに閉口する。実家に居た犬たちのことを思い返しても、ドーベルマンは特別だと強く思う。何気ないやり取りでも、それはドーベルマンだから成り立っているのだろう。別の犬のリードを渡されても私には調律など出来ない。

さて、なにせドーベルマンはデカくて活発だ。暴走されるわけにはいかない。だからドーベルマンと散歩する人は、知らず知らず様々なテクニックを使っているはずだ。うまくいけばバッチリ反応してくれるのが賢いドーベルマンの良いところ。その成功体験が、失敗体験を合わさって、脳を活発に働かせてくれる。散歩という有酸素運動をしている時にだ。今日も散歩中行く手に、牛の様な大きな雄鹿が道を塞いでいた。こちらをにらみつけてくる。下手をすると突進してきて、巨大な角で襲われかねない。ドーベルマンだから本能的に私を守ろうとしている。そこで私がリードにクイックイッと合図を送る。理解したようで戦闘モードを解除。向こうも去ってくれた。ああ怖かった。人は減ったが野生動物は本当に増えた。因みに適度な恐怖も脳トレになるとか。ふ~


今年の11月は寒い。白いものがチラホラ
DSC_2070.jpg 

DSC_2107.jpg 
 
 
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/264-1f63cf7c
この記事へのトラックバック