FC2ブログ

第244話 人類への貢献度は猫が上?

2017年08月25日 16:35

最近NHKで面白い番組を見た。題名は忘れたが、猫がどれほど人類に貢献してきたかという内容だった。一方犬に関しては、一部の作業犬を除き、ほとんどが愛玩犬で、要するに玩具のような物と暗示されているような気がした。愛犬家としてこの論を検証してみたい。まあ、元妻のせいで愛犬家になったけど、元は僕も大の猫好きの愛猫家だったから、猫ちゃんの勝利!と最初から結論付けてもいいのだけどね。

工業化やハイテクが進んだ現在なら作業犬の活躍の場は一部に限られるが、昔は犬無しで人類の生活など成り立ったのだろうか。鋭い嗅覚で昔の電気の無い真っ暗闇の中で侵入者を察知する能力は、例えマルチーズのような小型犬でも、絶大な効果があったはずだ。弓矢を準備し、敵や猛獣に備えることが出来た。どらを鳴らし追い払うことも出来ただろう。猫がニャーと鳴いたって役には立たない。

だけどよく考えてみると、24時間365日そんな場面があるかといえば、そんな機会など平和な村で平和に暮らしている大半の人々には、実際のところ殆ど無く、その能力は喧しいだけの無用の長物だったかもしれない。その他の作業犬も、そういう仕事以外の一般の人には、昔からその能力は無用の長物だっただろう。だが、家の中や蔵に侵入し食料を食い荒らし、伝染病を撒き散らすネズミは、古今東西世界中の人々にとってまさに日々現実の脅威だった。賢く、凶暴で、人々の大量死をもたらす悪魔の強敵。そこに現れた人類の救世主こそ猫ちゃんなのだ!

番組によればその効果は絶大で、人々は驚嘆したという。その評判は世界中に瞬く間に広がり、かくして猫は世界中に広まった。余談だが一時期実家にネズミが出るようになり、様々な仕掛けや殺鼠剤でやっつけようとしたが駄目で、悪化する一方だったが、父が公園から野良猫を連れて来たところ、あの凶暴なネズミ軍団が、あっという間に壊滅。うちに平和が戻った。他でも似たような話を知っている。猫の効果は確かにある。ただしブランド猫は役立たずらしい。筋金入りの野良猫が最強なのだろう。

聞くところによると、部屋に侵入してくる蛾とか黒いアレとか色々嫌な害虫も、マッチョな猫ちゃんなら全部やっつけてくれるのだとか。うーん、いいかも!


猫以上に可愛いけど、可愛いだけのチュー太郎
DSC_0915.jpg 




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/259-47c8dd94
    この記事へのトラックバック