第238話 謎の腹痛をアレが解決

2017年05月26日 11:35

大きなドーベルマンといえども殺すのは簡単だ。子供の悪戯だろうか、絶対に勝手に食べ物を与えないでほしい。はっきりいって、もう怖くて庭に出せない。大型犬が珍しくなったのか、ドーベルマンを見たいのか、庭に出している時に、たまたま10歳ぐらいの男の子の集団が通りかかると、とかくかまってくる。奇声を張り上げて挑発したり、左右に走ったり。それならまだいい。しかし中には門に近寄って何かモノをあげようとする子までいる。子供たちを怒鳴りつけるわけにもいかず、経験上説得も難しい。優しい女性が諭すなら男の子たちは素直に聞くかもしれない。しかし私のような人相の男だと、何を言っても、うざく感じるだろう。

もう10数年前だろうか、先代のドーベルの時には、それで中学一年生ぐらいと思われる子供たちから、しつこく庭に空き缶を投げ入れられるという報復を受けた。先代はそれで危うく死ぬところだった。中身が残っている缶をかじってしまったのだ。あるとき投げ入れているところを現行犯で捕まえそうになったが、気の弱そうなその子は「すみませんすみません」と謝りながら逃げた。向こうにはその様子を嘲笑いながら見ている数人の自転車にまたがっている同級生らしき者がいた。

瞬時に、逃げているこの子は主犯ではなく、あの子たちにやらされているイジメられっ子と気づいた。追いかけるのをやめすぐに110番通報。パトカーと警察の姿を見させて陰から様子を見ているであろう連中を威嚇し、さらにはたまたま数日後にあった自治会の会議にこの被害を訴え、運よく数人の愛犬家が同席していたおかげで大きく取り上げられ、学校や保護者会にも通知されるようになった。効果がありそれ以来ピタリと悪戯は止まった。



今回チュー太郎が謎の激しい下痢を起こし、原因の様々な可能性を探った。家中をひっかき回し、何か失敗が無かったか、危険物質が転がっていないか、あるいは例えばチョコレートや玉ねぎを食べた時にキスされていないか等々。ここでいつも思うのが、下痢を止めるために断食療法をすべきか、体力を保つ為に食べさせるべきかだ。数日断食させればすぐに治るとよくいわれるが、本当だろうか。前にそれをやった時、無残なほど痩せこけてしまった。あれでいいのだろうか。もし有害物質が胃腸の中にあるのなら、いっぱい出させた方が良いのではないだろうか。

便を詳しく調べたところ、未消化の得体の知れない物が有った。1ミリ角程のサイコロ状の野菜だ。タマネギかも知れない。その日もう一つの発見は家から数十メートル離れた場所に食べ残されたファーストフードが捨ててあったことだ。物証と合致する状況証拠から、おそらく前日誰かが善意なのか悪意なのか知らないがこれをチュー太郎に与えたのだろう。

ターゲットは絞られた。そこで今回私の判断は、断食は止め、与える物はリスクを避けドッグフードのみにし、通常よりやや量を少なめにして様子を見た。だが一向に改善されない。そこでチュー太郎の大好物のトリガラ(手羽の先)に切り替えた。しかしそれも効果なし。むしろ下痢が酷くなってしまった。過去にこれで解決した事があったので困った。乳糖が心配だったので乳製品もやめていた。結論から言うと、これが大きな間違いだった。

ある時ハッと気づいたのだ。その頃チュー太郎の屁の臭さに閉口していたのだが、毒で壊れた腸内フローラの再生が必要なのではないかと。私には強力な武器があった。30年ほど前に母からもらった自己増殖力が非常に強い強力なヨーグルトだ。なんでも友人の友人の大学教授がカスピ海地域の長寿村から持ち帰ってきた物だという。チュー太郎もこれが大好物だ。種菌を牛乳に混ぜるだけで条件が整えばすぐに発酵し、非常に美味しいヨーグルトが出来上がる。これに出会うまでは私は胃弱ですぐにお腹を壊す方だったが、この30年間、胃腸が入れ替わったように丈夫になった。何を食べても美味しい。モリモリだ~と、まあおかげでデブになってしまったが。胃弱の頃は痩せてガリガリだった。

チュー太郎にまたこのヨーグルトを与えるようにした。するとあら不思議。ピタリと下痢が止まり元気に。劇的に変わったのが、あの酷い匂いだった屁が、臭くなくなったのだ。なんという素晴らしいヨーグルトなのだ!私は母の遺影に向かって手を合わせ「かあちゃんサンキュー!」と礼を言った。遺影が微笑んだような気がした。

元気のないチュー太郎と元気なチュー太郎
DSC_1250k.jpg 

DSC_1217h.jpg

 


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/253-a309dbcc
    この記事へのトラックバック