第225話 布団やソファーを咬ませない為に

2016年11月09日 19:19

主治医の強い勧めで今年はまだ山に居る。山歩きは糖尿病の特効薬?私の場合ここ数年の検査の結果から、効果は明らかだ。ただし山の寒さは半端じゃないから、寒くなったら下山せざるを得ない。昨夜の雨が深夜には雪に。朝起きたらすっかり雪化粧。まだ11月の前半なのに早すぎると思ったら、12月並の寒波だという。なるほど。幸い晴れたおかげで気温はあがり、水道管が凍るようなことはなかった。ただ日が暮れると放射冷却のせいで気温がどんどん下がってきている。まだ体が慣れていないので強烈な寒さだ。さぞチュー太郎も寒がっていると思ったら、犬にはこれぐらいが丁度いいようで、震えることも無く、とても快適そうだ。


革製のソファーの上にボロ布などを大量に載せているのだが、穴掘りの習性で自分で寝床を作り、いつも感心するぐらいボロ布を上手に形作ってそこに丸くなっている。馬の厩舎の世話で私が慣れているせいだろうか、うちの三代のドーベルマンでソファーを壊されたことは一度もない。上手に自分で寝床を作れるよう自然と手助けしているのだろう。噛んでボロボロにされないよう、嚙んでもいい毛布を一つだけ用意し、それを私がかぶって熊になり、「ガオー」とチュー太郎に襲い掛かる。すると大喜び。ガオガオ言いながらバーンと襲い掛かってくる。


そのままだとすぐに毛布がボロボロになるので、噛みごたえのあるブラックコングLサイズも用意しておく。これを毛布の中に隠す。するとゴングに執着し、コングを思いっきり噛む。毛布も多少は噛まれるが被害は極わずか。これで毛布は最後までもつ。この遊びのおかげで、布団やマットなど他の物を壊される事はうちのドーベルでは殆ど無かった。「熊ゲーム」の方が圧倒的に楽しいからだろう。チュー太郎はよくコングを持ってきて「パパ熊になって」と催促してくる。「嫌でちゅ」と言うとションボリ。毛布をかぶると大喜びだ。ふふ、可愛い奴。

 

DSC_0709s.jpg 雪に覆われた森の中。視線の向こうに鹿の親子が

 

DSC_0699s.jpg 雪化粧の針葉樹が美しい

 

DSC_0693s.jpg 今日は色々とありましたね。まさかのトランプが大統領に。差別と孤立主義と保護主義か。1930年代じゃあるまいし、歴史から学んでいないのかね。やれやれ。 Windows10 Version 1607 とかの更新が掛かり、通信速度が遅く途中で途切れ何度もやり直すせいか約10GBも使われてしまった!月末までまだ20日もあるのに、とほほ。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/240-61f81b80
    この記事へのトラックバック