FC2ブログ

第218話 癒しの曲を作ってみた

2016年06月19日 17:43

母はまだ来ない。まあ梅雨真っ盛り、今もザーザー降っている。こんな時に標高1500mもの山荘に来ても、良いことなどひとつも無いだろう。現在まだ午後3時なのに、深い森の中には光が入らず暗い。そして寒い。療養どころか風邪をひくのがオチだろう。実は私も来た当初風邪をひき、そしてまた風邪をひき、こじらせ、苦しんだ末治った。数回体調を崩し、免疫ができたのか、やっと最近体が慣れてきた感じだ。若い私でさえこんな調子なのに、病身の母の療養になるのだろうか。なるわけがない。頑張って受け入れ態勢をたくさん構築したが、全部無駄になりそうな予感。否、梅雨が明け、酷暑がやってくれば、きっと役に立つはずだ。

癒しの曲を作ってみた。どうせ母には聞こえないが。でも私の曲に癒されているという方たちが、わずかだがいる。私も、手前みそだが、自分の曲に一番癒される。だから作曲録画してみた。今も録画してあるものを鳴らしながら書き込みをしている。雨音と程よく混ざっていい感じだ。新曲は毎日生まれてくる。即興でピアノを弾くからだ。同じものは二度と生まれない。当然か。24の調性にリズムとメロディーとハーモニーをかけ合わせれば、計算上何百兆ものパターンが生まれる。無限だ。ただやはりその人の匂いは出てくる。「癒し系」と目標を定めて今回作ってみたわけだが、他の誰のものにも似ず、良くも悪くも、いかにも私の作品という感じだ。時折変な和音が出てくるのはご愛敬。スパイスというやつさ。w


本当はピアノを弾くとき全て録画したいのだが、なにせ面倒くさい。映像はともかく、スマホの録音品質は酷いので、PCM録音が出来るソニーのビデオHDR-MV1 で撮るようにしたのだが、ともかく8分程で1GBにもなる馬鹿重いデータを、いちいちダビングしなくてはならないし、1GB送るのに一晩かかる遅い遅すぎるこの山のY!mobile電波(ソフトバンク電波)が、どうしようもなく不便。昨年夏から(4G)電波が来ないとY!mobileと親会社のソフトバンクに訴えているのだが一年経っても改善の兆し無し。たまたまかも知れないが、速攻で改善してくれたドコモとは天と地ほどの違いがある。インフラを担う大手企業としての社会的責任、CSRなどソフトバンクの役員の頭には無いのか。老舗の三菱や東芝でもあんな酷い不祥事が明らかになっているので、ソフトバンクばかりを責めるのは酷だが。

ところで半年留守にして久しぶりにこのピアノを弾いたわけだが、音が何か変。早速調律師さんに来てもらったのだが、調律後なんだかさらに変。鍵盤が堅かったので調整してもらったら音も変わった。それもあろう。でもそれだけじゃない。去年の録音録画したものと比べると明らかに音に色気が無い。気の迷い?そんな事を言うのは私だけ? いくら調律師さんでも、スマホのしょぼい音では聴き比べてもらっても分からないか。なんとか去年と同じ状態にしてもらいたいのだが、どう説明すればよいのだろう。プロに対して失礼だけど、ユニゾンがイマイチ?三本弦の調性が微妙にダメ? ヴァイオリンと違って、自分で調律できないから、ピアノは面倒だし難しいね。ああ去年の響きが恋しい。

録画してある中では一番お気に入りの曲。昨年の録音


今年の調律後の録音


これも


これも。曲名付けるのが面倒なので曲名無し



DSC_0458.jpg 
6月は雑草もまだ小さい。まるで芝生みたい。



スポンサーサイト


コメント

  1. Rock | URL | GyoJuf3s

    ドーベルマンの子犬

    とても興味深いブログ、第1話からほとんど拝見しました。
    お母様の介護たいへんですね。チューちゃんはきっといい子にして協力してくれるでしょう。
    現在、伊豆への移住を考えています。猫はベンガル猫9歳がいます。
    伊豆の別荘には100坪程度の芝庭があります。そこで遊ばせ、室内でドーベルマンを子犬から育てることは可能でしょうか。甘えん坊のチューちゃんの様子を見てすっかりドーベルに憧れてしまいました。私、子供の頃に父がジャーマンシェパードとスピッツを飼っておりましたが、私が育てたわけではなくほとんど父が面倒をみていました。
    ドーベルに興味を持ったのはチューちゃんパパさんのブログを拝見してからです。それに猫と仲良くなれるか心配です。猫は非常にやさしいフレンドリーな性格です。何かアドバイスがあれば伺いたいなぁ、とコメントを書かせていただきました。

  2. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: ドーベルマンの子犬

    Rock様 こんにちは はじめまして
    ブログを読んでいただき、またコメントをお寄せいただき、ありがとうございます。
    ベンガル猫ちゃん、かっこいいですね。
    富士山もきれいですね!
    私のメル友の単身女性で50年以上様々な種類の犬を飼っていた方が、今回初めてドーベルマンを飼い4年目、その感想によれば、ドーベルマンが圧倒的に最高だそうです。

    さて、私の主観では、可能だと思います。囲みがある庭があれば、自分で必要なだけ運動ができます。成犬になってから後で猫を飼うのは難しいでしょうが、子犬で迎えるとき先に猫が住んでいれば、比較的うまくいくと思います。ただそれでも兄弟喧嘩はあるでしょうから、飼い主には毅然とした態度が必要です。

    うちのチュー太郎は、私が(わざと凄く)甘やかしているので、いつも夕方、怪獣のように私に襲い掛かってきます。それが私にも毎日の楽しみなのですが、しかしそんな時でも、乗馬用の鞭を私が持った瞬間おとなしくなります。小さい頃から計画的にそうなるよう育てました。おかげで今までチュー太郎に体罰を加えたことは皆無です。20年以上この犬種と付き合い研究してきた成果です。飼うにあたって当然ある程度の調教スキルが必要になるでしょう。

    それから出来るだけ早い時期に避妊手術(中性化手術)を、ぜひしておきたい。様々なストレスの予防になり、癌の予防にもなりますから。

    ドーベルマンは頭がいい犬種ですが、年齢に比例します。つまり子犬の時は、非常に可愛いですが、けっこうおバカで、いたずらとか異物誤飲とかに注意が必要です。

    そしてドーベルマンは、飼い主に、家族や恋人よりも?純粋で深い愛情を示してくれ、私たちの心をわしづかみにしますが、短命です。そのことも知っておいてよいでしょう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/232-148fedba
この記事へのトラックバック