第208話 拭い切れない不安

2016年01月27日 12:50

我が愛犬チュー太郎。写真のように、ますます可愛くなっている。毛布の上の写真は、寒波で部屋が氷のように冷え切った時のもの。毛布にくるまっている私を、爪を立てた両腕でがっしり掴み、私のお腹の上で遊んでいる。重いが、湯たんぽのように温かい。身も心もホカホカになる。小さい頃からお腹の上で遊ばせてきた成果か。もちろん気温が高い日は、お互い暑苦しいからこんなことはしない。寒いとき限定の湯たんぽ遊びだ。これはある意味猫的な行動だろうか。フミフミするところもそっくりだ。私が猫好きで、チュー太郎を猫扱いするためかニャ。だが猫とは大きな違いがある。40kgもの体重だ。こんな体重の猫はもはや猫ではなく豹とかの危険な猛獣になろう。その40kgの体重でも、飼い主を深く愛し忠節を尽くそうとするドーベルマン。素晴らしいとしかいいようがない見事なワンコ。愛くるしい表情も最高だ。


そんな愛してやまないドーベルマンのチュー太郎、はや4歳。ドーベルマンを飼い始めてこの20数年、今と同じように深く愛した子を2頭見送った。私は子供がいないから比べられないが、子供を11歳で癌で亡くし、6年後にまた6歳の子を癌で亡くしたような、そんなどうしようもなくつらい悲しみを受けた。あの時のトラウマが時折ぶり返す。特に2頭目の時は、離婚されたり長年築いてきた事業が破たんするなど、絶望的に孤独な単身者の時だったので、いつもやさしく私を癒してくれたあの子は、パートナーというかそれ以上の、自分の体の一部のような存在だった。そんな最愛の子が6歳ほどで死んだときは、もう正直言って一緒に死んでしまいたいぐらいだった。でも埋葬してあげないと可哀想だし、なんだか「パパごめんね」という声も聞こえてきたし、だから元気を出さないと余計に悲しませるようで・・・チューちゃん、パパ頑張ったよ


3代目チューちゃんことチュー太郎。前の子に比べおツムは少々悪いが、愛嬌は抜群。頬ずりしてチュすると喜ぶ本当にかわいいワンコ。かわい過ぎるから、後の事を考えると超怖いけど、お互い今が幸せだから、それを感謝し甘受、快く受け入れるのだ、と自分を叱咤激励してみる。

DSC_0304.jpg
夏はNGだが冬は暖かくて歓迎のくっつきチュー太郎

DSC_0312.jpg
チュー太郎が涙しているのは、このドラマに感動したせい? ただの目ヤニ?

DSC_0309a.jpg
外を見張り家族を守るドーベルマン。パチパチパチ

DSC_0311a.jpg
呼ばれて振り返るチュー太郎  イケメンですね~



 
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/222-34c5554b
    この記事へのトラックバック