FC2ブログ

第198話 帰りは沈黙を

2015年08月26日 17:20

いつものようにこの夏も主治医の強い指示で一生懸命山歩きをしている。糖尿病が悪化して失明とか足切断とか人工透析とかになったら大変だ。それこそお国に一億円単位の負担をかけることになる。お国のためにも山歩きを頑張るぞー・・・とか言えば近頃のご時世、あの「戦争へ行きたくないなんて究極の利己主義だ!」とおっしゃった安倍総理チルドレンの議員様からもお褒めいただけるだろうか。あの議員、まだ若いのに目がすわった感じで、まるでナチスの親衛隊のような雰囲気があって、私のような病を持つ者は国のためさっさと死ねと言われそうで怖かったのだが、このたび「国会議員枠の未公開株」という詐欺がバレて、自民党離党だけでなく議員辞職になりそうだ。「国士」の正体見たりといったところか。正体を暴いた某週刊誌にあっぱれと言いたい。くだらないヘイト記事など書かず、こういうのをどんどんやってもらいたいものだ。


話は戻って、その山の散歩で時々ご一緒する近所の奥様がいる。70前半ぐらいの方だが、20近くも年下の私よりずっと元気。頂上付近で私が激しく息切れしていても彼女はケロッとしている。いったいどうしたらああなれるのだろう。私が異常であれが普通なのだろうか。彼女とうちのチュー太郎と彼女が連れてるトイプードルが振り返って、ヒィヒィ言いながら遅れる私を待つ。だから私はどうしてもペースが上がってしまう。彼女と一緒に歩くのは、一人寂しく登るよりはるかに楽しいが、心臓麻痺とか、これは結構命がけなのかもしれない。いやいや、むしろ少々無理をしたほうが鍛えられて健康にいいのだろうか。どっちかな。今度主治医に聞いてみよっと。


彼女の連れてるトイプードルは超やんちゃな男の子。やんちゃ過ぎて怒ったうちのチュー太郎に食べられないかと心配になる。そこでチュー太郎と交換してみる。チュー太郎はばっちり奥様に付いている。「わあ凄い。チューちゃん本当にお利口ね」と褒められる。トイプーの方は私の手綱さばきで完全帰順。こんなに小さなワンコだし、やんちゃさせようがないと思うのだが、犬を返したところ、なぜかあのやさしい奥様の手にかかると、瞬く間にやんちゃやり放題の猛犬に戻る。聞けば訓練に出しているのだそうだが、なるほど確かにトイプーの方はよく出来ている。つまり、これはやはり訓練が必要なのは奥様の方なのだろう。訓練士や訓練所は、犬よりももっとそちらの方へ重点を置いた方がよいのではないかと思った。


その奥様だが家に到着寸前トイプーに激しく引っ張られ転倒した。「大丈夫」と言っていたが翌日痛くて寝込んだらしい。年配の方はちょっとした転倒で悲劇的なことになることもあるから気を付けないと。気になったのは、いつも帰宅時に奥様が犬を褒めたりねぎらったりおやつをあげたりしていたことだ。犬は家に近づくと早く帰りたがるもの。これでは火に油を注ぐようなものだろう。騒がず、はしゃがず、何事も無かったの如く静かに帰宅するのが、安全のためにも犬のためにもいいと私は思う。


1508a.jpg
一見リード無しに見える細いリード

1508b.jpg
時々すごく怖がる人がいるが、誤解しないでね

DSC_0022.jpg
ソファーで可愛いポーズをとるチュー太郎


 
スポンサーサイト


コメント

  1. wonwon | URL | tYvW6C8E

    いつも楽しみにしています

    月二回の割合でアップされるチューちゃんパパのブログは、私の楽しみの一つです。犬の話題にとどまらず、芸術・哲学・政治と多岐に及んでいて、ご見識の広さを感じます。

    人生も後半戦に入ると、健康管理が生活の質を決める重要な要素になりますが、それまでの生活リズムを変えるのは容易ではないと実感しております。糖尿病の主治医は患者自身といいます。食事と運動を管理することでリスクを最小限に抑えることができますが、継続していくのは簡単そうで難しいですね。

    最近、政治についても熱く語られていますね。私は政治を判断する上で必要な情報が、十分でない上に偏っていると思います。朝日新聞の慰安婦問題に対する報道に代表されるように、事実よりも主張を優先するマスメディアの姿勢に強い危惧を感じます。

    ネットを利用する人が増え情報が氾濫している現在こそ、第4の権力であるマスコミにしっかりとその責任を果たしてもらいたいと思います。ヒトラー政権は民主主義的な手続き、すなわち世論の支持を受けて誕生したという事実を忘れてはなりません。

    政治もいいですが、私は犬について、もっとチューちゃんパパから学びたいと思っています。194話の「前方の犬へ突進する犬を制御する方法」はとても役に立ちました。

    これからも貴重で有益な情報をたくさん発信してください。

  2. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: いつも楽しみにしています

    wonwonさん、こんにちは。
    いつもお読みいただきありがとうございます。
    そちらはもう稲穂がこうべを垂れているのですね。
    最近若いお姉さんとおしゃべりできたそうで、
    70代80代90代!のお相手ばかりしている身には
    ちょっとだけ羨ましいところです。^^
    ところでJOY君の腫瘍はその後いかがですか?
    何もないといいですね。お大事に

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/212-e2aea600
この記事へのトラックバック