第194話 名古屋のドーベルマンその後

2015年06月23日 13:24

名古屋で起こった脱走ドーベルマンによる4人咬傷事件、その後はどうなったのだろう。某テレビ局がその後を取材してくれて、たまたまそれを数日前に見た。幸いにも、心あるボランティアのドッグトレーナーの方が、調教を試みていた。名古屋ではこうした方々の努力のおかげで、殺処分は激減しているのだそうだ。でも何せ相手は4人もの人に傷を負わせた50kgを超える大型犬だ。どんな調教をするのだろうと見ていたら、正面に仁王立ちしてなだめるという、かなり疑問が残る行為をしていた。結果猛烈に吼えられ、怖がるインタビュアーに「ああこの子は今怖がってるんですよ」と笑っていた。まさにそのとおりで、あえてこういう行為をするのには、何か深い訳でもあるのだろうかと技術論的に興味を持った。(ちなみに馬の場合、初めて会う子の前に仁王立ちは禁物です。危険だし普通嫌われます)


保護施設の係官は「保護犬にとってベストは飼い主のもとに戻ることだが、原状ではあの飼い主に戻ることはありえません」と断言していた。いずれにせよ、引き取り手がなければ殺処分だろうから、前科持ちの50kgを超える4歳になる雄の大型ドーベルマンだが、誰か引き取ってくれないかと願ってやまない。この子は、おそらくウチのチュー太郎の兄弟と思われる。それほど遠くない所だし、断耳してあったが顔はもう全く瓜二つ、この番組でアップを見た瞬間、私は息が詰まった。比較的長い時間この子が映っていたが、吼える表情も、しょんぼりする姿も、もう見れば見るほどそっくりだった。もしかしたら、チュー太郎をブリーダーから引き取るとき、10匹ほどいた元気な子犬たちの中の誰かなのかもしれない。超かわいかったあの子犬たち。思わずあの子たちの運命はそれぞれどうなったのだろうかと思った。


正直胸が痛む。飼い主は70代の人。飼われていた所は、庭が無いかなり乱雑とした感じの家だ。しかも二匹も飼っている。この条件では、よほどの調教技術が無ければ犬を不幸にするだろう。もう一頭が家の外にある鉄製の階段を叫びながら駆け回っていたが、滑って今にも転げ落ちそうだった。大型ドーベルマンは小犬とはわけが違うのだ。私なら、自分があの家に住んでいるのなら、二頭も大型ドーベルマンを飼わないだろう。広い庭がある今の家ですら、70歳を過ぎたら二頭も大型ドーベルマンを飼おうとは思わない。単身だから一頭ですら難しいだろう。でも、ドーベルマンを愛してやまない私は、自分の調教技術を過信して、70歳を過ぎてもドーベルマンを飼おうとするかもしれない。この事件を他山の石にして、自分の健康やら気をつけたいし、色々考えたい。


017ab.jpg
心優しいチュー太郎。ストレス無く自由に走れる庭のおかげ?


前方の犬に猛突進しようとするチュー太郎を必死に抑えるパパ。コツは飼い主と仲良くなること。挨拶を交わしたら少し落ち着いた。片手で撮影しながらだからちょっと変だが、制御はこんな感じ。緊張感を無くす為あえて優しく話しかけ続け、歩くペースを遅めたり早めたり止まったりする。リードは緩めながら横に引く。



野良猫にも優しいうちのドーベルマン。普通ドーベルマンって見ただけで吼えるなど猫と仲が悪いと思うが、幼少の頃一ヶ月入院していた動物病院に居た自由に歩き回る主猫に、やさしく励まされていたのか、退院するとき仲良く挨拶をしていた。とても感動的で微笑ましい光景だった。そのなごりか




 
スポンサーサイト


コメント

  1. ジュリアママ | URL | mQop/nM.

    ご無沙汰してます

    こんにちは、いつもブログアップ楽しみにしてます。

    自分の技量+家計にあったペットを選ぶべきだと思います。

    プードルも結構毛玉だらけの子を
    お散歩させてる高齢者やなんか見かけると
    散歩の前にブラッシング必要じゃないかな~と、

    ドーベルマンに運動が必要なように、
    プードルにはブラッシングが欠かせません。
    プードルはここ何年も一番人気ですが、お金もかかる犬種です。
    (うちはもう一人大学に子供を出してるつもりで飼ってますが・・アハッ)

    犬を飼うってことは、赤ちゃんを育てることだと言ってた人がいます
    それも、ず~と。看取るまで・・・一理ある!!

    私も、もう一回くらいはスタンプー飼いたいと思ってるけど、
    その時は自分があと何年赤ちゃんの世話ができるか考えてから
    と、思ってます。


    なんかチューパパさんみたいに文章まとまらなくてごめんなさいね~

    最後に、チューちゃんのアップチョーかわいい!!


  2. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: ご無沙汰してます

    ジュリアママさん こんにちは
    コメントありがとうございます。
    お久しぶりです。
    娘さんのところのドーベルちゃんは元気ですか。
    ワンちゃんは素晴らしい幸せをもたらしてくれますが
    その分人間の責任は重大ですね。
    うちのチュー太郎の顔を見ながら、いつもそう思います。
    単身だからプレッシャーは大きいですが、頑張ります!

  3. 文句 | URL | -

    好き放題書かれてさぞかし気持ちの良い事でしょう。テレビで情報を得たのなら動画もご覧になっているはずですが、本当にドーベルマンと暮らしておられたのですか?
    怪我をさせたのは事実ですし、飼主の責任ですが、飼主はドーベルマン飼育のプロ。しかも大御所のかたです。
    たまたま不幸にも偶然が重なり、事件が起こってしまっただけで、あの子はとても良い子に育っていました。ドーベルマンと暮らしていたのなら、本気で襲いにいったかどうか解るとおもいますが。あなたに飼育環境やら言われることではありません。
    背景を知らないあなたが書いて公開していることはドーベルマンの世界も犬も知らない全くの素人となんらかわりません。
    幻滅しました。

  4. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: タイトルなし

    こんにちは コメントありがとうございます。
    私の乱文のせいで気分を害されたようで、申し訳ありません。
    わたくしも、このワンちゃんの幸せを願ってやみません。
    保護施設の係官がおっしゃっていたように、
    係官が提示した改善策が全て実行され、
    帰還が認可されるといいですね。
    私は咬傷事件に過敏すぎるのかもしれません。
    前にも書きましたが、私は学生時代バイト先で家犬に咬まれ、瀕死の重傷を負い、幸いにも命を無くす事も足を失う事もありませんでしたが、それ以来長年ひどいトラウマに苦しみました。愛犬家になった今でも、特定の犬を見ると頭痛や腹痛、足の痺れが起きます。事件から30年以上経っているにもかかわらずです。あの時飼い主さんは怒る私に「不幸な偶然が重なっただけ」と言い訳していましたが、一生苦しむことになった私から言わせると、無責任すぎます。犬を飼う以上「止まれ」と呼び戻し、そして他人への敵対行為防止訓練は必須です。この記事に付けた動画で、なぜ私が見知らぬ人を追い掛け回しチュー太郎共々挨拶させたのかというと、実はその訓練なのです。私は3代、20年以上に渡ってドーベルマンの調教をしてきましたが、どれほど巧く仕上がったと思っていても、こういう訓練を欠かした事はありません。犬に襲われた人の痛みが分かるからです。最後に、4人の犠牲者のご回復とトラウマが酷くならない事を願ってやみません。

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: タイトルなし

    ○ママさん こんにちは

    ありがとうございます。

    はい。また頑張って記事を書きますね。

    「ちゅーちゃんにも宜しく伝え・・・」 了解です!

  7. ティアママ | URL | -

    初めまして!
    このドベくん達は 訓練士さんに付いて
    きっちり躾を入れてから里親募集となるとボラさんのブログで見ました
    良かったですね!

    実は 変形性脊椎症のワードでチュー太郎くんのブログに来ました
    うちには バニがいます
    3才の雌ですが 2才の時に診断されました
    まだ 何も症状は出ていませんが
    脊椎は変形し嘴の様な骨が形成されていました
    変形性脊椎症は高齢の子はいますけど
    若くしてと言う子はなかなか居ませんね
    でも 痛みも何も出ていない時に発見できたのだから 突然症状が出た子より ケア出きると思って
    寝たきりも覚悟しながら
    一生自分の足でお散歩を目指しています
    お互いに頑張りましょうね!

  8. チューちゃんのパパ | URL | NkOZRVVI

    Re:ティアママ様

    こんにちは!貴重な情報ありがとうございます。あのワンちゃんの幸福を心から祈ります!
    そうですか、僕もそれが一番心配です。一時期それでかなり神経質になってしまって、かえって色々チュー太郎にストレスをかけてしまいました。今はストレスがかからないよう見守っています。本当に、最後まで無事でいられると良いですね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/208-1b77204d
この記事へのトラックバック