FC2ブログ

第192話 犬の下痢には新鮮な生肉?

2015年05月25日 15:27

普段元気いっぱいのチュー太郎だが、時々ひどい下痢をする。犬だから時々下痢するのは当然だが、先代や先々代のドーベルと比べ頻度が高いと思う。飼っている人間が同じ。与えている物も似たような物。だからこの子の内臓は少し弱いと感じる。そういえばこの子を「奇形児だから殺処分」しようとしていた業者さんから譲り受けるとき、「その子はあまり長生きできないよ」と言われたことを思い出す。まあ、別の業者から購入した先代のドーベルマンは、「一番長生きしそうな一番健康な子を選んできました」と業者さんが言っていたが、先々代の半分ぐらいしか生きられなかったので、いい意味で、「業者の言うことなど当てにならない」と考えることにしよう。


下痢になったときの対応の仕方だが、私の場合まずただちに絶食する。3歳の若犬にとって空腹がどれほどつらいことか。可愛そうだから、少しでもその痛みが分かるよう、私も付き合って絶食する、と言いたいところだが、何せ糖尿病を患う身。食べる量をむやみに減らすと低血糖症を起こして命にもかかわる事態になる。だから少しだけ腹ペコにしてチュー太郎を抱きながら空腹を付き合うことにした。私の愛情を感じて治りが早まるか、私にベタベタ抱きつかれるストレスで病状が悪化するか、確率はおそらく五分五分だろう。「絶対ストレスが高まるはず」という声が聞こえてきそうだが、いや私も実はそう思うのだが、でも私の胸に抱かれ私の心臓の音を聞かせている時の表情が、何ともいえない良い感じなので、良い面もあるに違いない。


次に絶食後のリハビリ食だが、私は少量の肉を与える。高品質で新鮮な生肉を。しかし生肉は負担が多いという説をよく見る。そこで今回は、冷凍保存してある肉をごく少量ずつ、電子レンジにかけて加熱したり、オーブンで焼いたりして、十分冷ましてから与えてみることにした。結論から言って、これはあまり良い結果が出なかった。少量の市販ドライフードを与えた時と大差ない感じだ。通常は数日で治るが、今回の下痢は一週間も長引いた。私は思い余って県外の信頼できるお肉屋さんへ新鮮な肉を買いに行き、家に到着直後ニオイをかいで「これやこれや!」とはやるチュー太郎に、そのまま結構な量を与えた。するとあら不思議。下痢がピタリと治り、みるみる元気になったのだ。


まあまさかあの肉にそれほどの力があったとは思えない。今回はたまたま一週間後にピタリ治る下痢だったのだろう。しかしひとつはっきり分かったことがある。あの生肉は、あんな状態だったチュー太郎にも、一切害は無かったということだ。そうなると、生肉にしか摂取できない犬にとって必要な要素の数々の存在が、俄然気になってくる。問題は信頼できる高品質な生肉をどうやって新鮮な状態で手に入れるかということだろう。毎日県外まで買い出しに行けって?そんなことをすれば、毎日長時間ひとり寂しく置き去りにされるストレスで、余計にあの子は病気になるだろう。

sdfg (5)
元気な頃のチュー太郎

sdfg (1)
やせてしまったチュー太郎

sdfg (2)
トイレ以外は屋内で安静に

sdfg (3)
外を懐かしがるチュー太郎

sdfg (4)
解凍後焼いてみた。香ばしい匂いが人間には最高だが



 
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/206-516266a3
    この記事へのトラックバック