FC2ブログ

第186話 犬の全力疾走

2015年02月23日 13:38

昔やせていた頃の私はサッカーが好きで、ピークの頃は毎日のようにボールを追って走り回っていた。経験された方も多いと思うが、サッカー中には、ハイになることが色々ある。勝利したときとか、何か良いプレーが出来たときなどだが、それとは別に、私もほんの少しだけ経験があるが、自分が劇的なゴールを決めた時などは、アドレナリンが爆発して、凄まじい興奮状態になる。あれ以上のハイなんて他にあるだろうか。あれはただの練習試合だったと思うが、一生の思い出になる感激、最高だった。


そういうのとは別に、単純な練習でボールを追っているときだけでも、ハイになることが私は度々会った。敵陣を突破するときに瞬間的に全力疾走するが、それの練習をしているときなどだ。いわゆるランナーズハイのようなものなのだろうか。いつもストレッチを入念にするほうだったので、これで足腰を痛めることは無かったが、今から思えば、あれは一歩間違えれば命を落としかねない危険な状態だったと思う。結婚してぶくぶくと太ったためにこういう全力疾走を出来なくなったが、あのままやり続けていたら、どうなっていたことやら。


全力疾走は健康に良いのだろうか?調べてみると、十分な準備と対策をとった上で、ほんの数秒とかごく短時間ならメリットは多いようだ。逆に言えばそれほどハイリスクな行為ということなのだろう。愛犬チュー太郎と30分ぐらいの散歩中私は、数分だけ歩くようなスピードでジョギングし、ほんの数秒だけ全力疾走(といっても昔のジョギングぐらいの速さ)する。気のせいかもしれないが、これで何か体が若返るような気がする。ハイとまではいかないが、なんだかとても気持ちが良くなる。もちろんチュー太郎をひとり残して倒れるわけにはいかないので、これ以上絶対に無理はしないが。


犬の全力疾走はどうなのだろう。犬は人間のように考えて事前にストレッチするわけでもない。これひとつとっても、リスクは多い。四足だから背骨にまともに重力と衝撃波がかかる。もちろん犬種にもよるだろうが、いずれにしても猫科の動物のようなしなやかさは無いから、リスクは高いのでは、といろいろ調べてみると、やはりそのようだ。だから、犬の全力疾走については、自分のことと同じように気をつけ、管理してあげるのが飼い主の責任ということになろう。今日も庭で楽しそうに全力疾走をするチュー太郎。さあさあそろそろ、おうちに入ろうかチューちゃん


chuutarou20152223 (1)
全力疾走が大好きなドーベルマン、チュー太郎

chuutarou20152223 (5)
重くて大きいのに凄まじい速さ

chuutarou20152223 (2)
当然様々なリスクがある 

chuutarou20152223 (4)
今はまだ若いからいいが・・・

chuutarou20152223 (3)
ストレッチや秒数など管理は飼い主の責任でがんす


 
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/200-cb0c7e42
    この記事へのトラックバック