FC2ブログ

第180話 かわい過ぎる甘え上手犬

2014年11月29日 20:57

人相の悪い私が、黒くて大きなヨーロピアンのドーベルマンを連れて歩いていると、見た目が相当怖いようだ。散歩していると、それを何となく空気で感じる。先代や先先代のドーベルマンの時は、そうでもなかったと思うが。メスのアメリカンだったので見た目が今ほどの迫力は無かったためだろう。 ・・・ 中身はまるで逆なのだが。本当に逆。実は今の子は、可愛すぎる甘え上手犬なのだ!  大きなおっぱいでお母さん犬みたいだった先先代も、メスで中性化手術して、綺麗なタカラジェンヌみたいだった先代も、今の子のようにベタベタしてくることは無かった。チュー太郎はもう3歳にもなるが、いまだに「パパ~」という感じで、べったりくっついてくる。こんなことなんて、前の子達にあったっけ? ・・・子犬のときに多少はあったかも知れないが、ほとんど記憶が無い。これって、オスのドーベルマンの特徴なのだろうか?あるいはヨーロピアンドーベルマンの特徴?はたまた去勢されたオス犬の特徴?それともこの3つの内の何かがそろうとこうなるのかな? 否、もしかしたら私の育て方が間違っていたのかもしれない。自分の腹筋の筋トレもかねて、しょっちゅうお腹の上に乗せて、もう完ぺきに猫可愛がり状態で育ててきたのだが、それが原因なのだろうか。


まあチュー太郎は、私が先にイっちゃうような不慮の事故でもない限り最後まで私のもとに居るわけだから、このヘンテコな癖も特に害は無いのだが、客人などにこれをやったら、エライことになる。事実昨年70代の女性の山の友達の一人が、ガーンと熱烈にハグされ、笑ってはいたが以来チュー太郎には近づかなくなった。あの大きさだし、こまめに親指の爪を切っているわけでもないし、足裏に泥でもついていようものなら綺麗な服は台無しだ。ちなみに、だから当然私はチュー太郎が家に来て以来、ボロ着しか着ていない。そうか!いい年をした人相の悪いおっさんが、ありえないようなボロ着を着て大きな黒いドーベルマンを連れて歩いているから皆怖がるのねw。さもありなん。先日までの、人里はなれた山奥なら許された格好でも、この都会ではやはりまずいかなハハ。でも、数回ガオーとハグされたら、どんな服でもすぐこの状態になっちゃうからなぁ。そうか、外に出るときは少しはマトモな格好にして、庭でも外ではハグ厳禁にすればいいか。そして、そこらじゅうにシッコしてウンコして狂ったようにガウガウ吼えてくるアホ犬を連れたご近所さん達にも、にっこり微笑んで愛想よく挨拶するのだ。社交辞令のひとつでも言って。 ・・・ 独身男のつらいところだね。こういうとき嫁さんの必要性をとても感じる。誰かいないかなぁ・・・


gfxc (6)
甘え上手犬 チュー太郎

gfxc (5)
おかげでこうやってナデナデしてもらえる

gfxc (4)
のびのびくつろぐチュー太郎

gfxc (3)
いつもべったり

gfxc (2)
乗っかられると重くて大変だが何故か楽しい

gfxc (1)
可愛い顔してご機嫌に散歩するチュー太郎

その様子


 
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/193-f8d39a6c
    この記事へのトラックバック