FC2ブログ

第15話 ちびっ子ギャング

2011年02月20日 03:31

暗い話が続いたので今回は明るい話。可愛い可愛いちびっ子の話に戻そう。写真をおいおいアップするが、当初は凶暴なチビッコワンコだったのが(今日の写真参照)、初期調教に成功し、すぐに従順でフレンドリーな、理想的なワンコになった。 どういう調教をしたか。 


前に、家族犬はのびのびと、と書いたが、誤解して欲しくないのは、子犬を自由奔放に放置しろと言っているのではない。人間と快適に生活する為の、そのコツを子犬に教えてやるのは、親犬ではなく人間の務めだ。もちろん最初の、親犬や兄弟との十分なコミニケーションが大切なことは当然だが、それだけでは不十分なのだ。


子犬にとって、人間と暮らす上で最低限必要なものは何だろうか。まず人間は、子犬に何を教えるべきなのだろうか。私は、前にも書いたが、馬の調教をする為に、長年馬の習性を研究してきた。そこで得た結論のひとつに、同じ乗馬クラブに居る同じレベルのキャリアの馬でも、馬によって人間への理解度が、大きく異なるという点だ。検証過程を詳細に話すとキリが無いので省略するが、簡単に言えば、乗っていて会話が成り立つ自分の馬と、他の馬とでは、騎乗者にとって、同じ馬でも人間と猿ほどの違いがある、ということだ。子犬を、猿にするか人間にするかは、最初の接し方で大きく変わると思う。



子犬が来たらまず何をやるか。それは人間化だ。難しい作業ではない。人間の子供と同様にかわいがればいい。人間の言葉で声をかけ、人間扱いする。そう、子犬を買った皆さんが普通にやっている事だ。あるいは、生まれた赤ちゃんに、普通にやっている事だ。「可愛いね~可愛いね~」と。 やってはならない事は? それは、小さな子犬に懲罰を加える事だ。殴る蹴るは論外として、怒鳴りつけたり、無視をしたりしてもいけない。犬にとって無視は、厳しい懲罰だ。ましてや子犬にとっては、非常に厳しい懲罰だ。「でも懲罰って、親犬が普段普通にやっていることだよ?」とブリーダーさんに言われそうだが、野生の犬にしたいのなら、そうすればいい。


そう考えると、人間化作業は意外と難しい。夕飯の支度で子犬を放置するのも、無視の懲罰になりかねない。さっきまであんなに可愛がってくれていたのに、どうして急に無視するの?と子犬は、自分がなぜ突然そんなむごい「懲罰」を受けるのか理解できないだろう。最悪なのは、子犬が来た翌日等に、家族全員が仕事や学校で居なくなり、家に取り残される事だ。だから私は言いたい。子犬を迎える時の日程調整を。必ず誰か一人は、子犬の側に居られる日にしよう。少なくとも家に来た最初の数日間は。(多頭飼いは、その点かなり有利だ。そういう予期せぬ懲罰が発生しにくい。子犬の精神衛生上とても良い。反面そのままでは、犬らしい犬になり、「人間化」の障害になる)



子犬を迎えた最初の数日間は、とにかく犬とたわむれる。声をいっぱいかけ、思いっきり可愛がる。優しく声をかけながら、ベタベタ触れる。ソフトなタッチで、体のあらゆる場所を。もちろん子犬が気持ち良くなるよう細心の注意をはらいながら。


そうやって、スキンシップに慣れさせ、言葉をどんどん覚えさせ、人間に慣らす。人間は怖くない、人間は優しい、と思わせ、さらには、人間と一緒に居るのが楽しい! 僕も仲間だ、人間だ!と思わせる。これを成功させないと、今後調教で必要な、「無視の懲罰」の威力が半減する。もしくは使えなくなり、やがて、怒鳴る殴る蹴る等の懲罰が、飼い主に発生するようになる。

調教方針の中には、「のびのびとした性格にするため子犬の時は他の犬と遊ばせるなどして、自由にする」等と、生後6ヶ月位までは放置するやり方もあるようだが、私が言うところの「人間化」という作業と、犬に「芸」を教え込む調教とは、混同されやすいが実は別物なのだ。人間化は、調教やしつけ以前の、犬のメンタル面の葛藤、すなわち犬を人間界に適合させる為の葛藤の、予防的ケアをしてあげるという、いわゆる「調教」とは別物の、100%子犬の福祉を考えたメンタルケア作業なのだ。家族犬は、生涯人間と一緒に暮らすわけだから、「人間化」は絶対必要だ、始めるのは早ければ早いほどいい。母犬に任せるだけでなく、生後一ヶ月頃から、どんどん話しかける方がいいと私は思う。(続く)

h7y_convert_20110220035009.jpg
「おっさん起きろ~」と朝の雄たけび

h7y+(1)_convert_20110220035033.jpg
「早く出せ」という顔

h7y+(2)_convert_20110220035104.jpg
「あ~、やっと出れた」と、のびのび

h7y+(4)_convert_20110220035135.jpg
「生意気な奴」と、ちょっとイタズラ

h7y+(3)_convert_20110220040422.jpg
怒って私をにらみつけるちびっ子

h7y+(5)_convert_20110220035157.jpg
がぶー!と私の足を噛むちびっ子!

h7y+(6)_convert_20110220035221.jpg
「がおー!よくもやったなちびっ子!」 「なにおっさん?やる気!」 ~続く!^^




にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/19-f6c1726e
    この記事へのトラックバック