FC2ブログ

第173話 愛犬マッサージ

2014年07月19日 18:51

最近ちょくちょく顔を出す元妻が、先日私とチュー太郎を見て、「大豚子豚」などとからかった。鍛えているのか彼女はとてもスリムな体をしていて、フフンと自慢していた。隅々まで調べたわけではないからアレだが、確かに体つきは20代前半の頃と見た目ほとんど変わらない。でも加齢と共に体重が増加するのは自然な事で、倍増した私はちと太り過ぎだろうが、全然変わらないのも不自然ではないか。まああれが外見命型女性の、努力の賜物なのだろう。また、白は七難隠すとばかりに、日光に当たる事を極端に嫌う女性も多い。


健康の為には、多少は当たった方が良いと思うのだが。ちなみに男性は、痩せ過ぎて不健康な女性にはあまり性的魅力を感じないものだ。そういえば孤独な中高年男性を大勢食い物にし死刑判決を受けた魔女達は、皆太っていたような気がする。ニュースで見て、あんな、いわゆるモデルさん的美女とはかけ離れた黒豚さんたちが、どうして大勢の男性を誘惑できたのか、不思議に思った人も多いのでは。 ・・・ 怖いねぇ。おいらも気を付けよっと。


痩せた犬と太った犬とでは、どちらが可愛いだろうか。痩せ過ぎた犬など、今にも死にそうで、可哀想とは思うが可愛いとは思えない。では太った犬は?それは犬種によるだろう。うちの子はドーベルマン。やろうと思えばすぐにでもダイエットできる犬種だ。「ぶーベル」などとからかわれたチュー太郎。まだ3歳にも満たないが、食べ放題の時期はとっくに過ぎ、今度は、そろそろ太り過ぎに注意する時期になった。性格はまだまだこんなに子犬っぽいのに、もう大人の体になったんだね、と感慨もひとしおだ。ちなみにチュー太郎が今一番喜ぶパパのサービスは、ライオンごっこ。もともとはダイエットマッサージだ。


マッサージ兼調教の一環として初代のドーベルからやっているのだが、大きく重たくなったチュー太郎にも、これからは必要だろう。やり方はこう。人間の赤ちゃんにする「いないいないバア」をして手を広げ、そのまま「ガオー!」とライオンに変身。ライオンになったつもりで広げた手に爪を立て、怖い顔をして牙を剥き、そのままワンコの柔らかいはらわたを食べるつもりでかぶりつく。そして残り全身も食べ残さないように「ガオガオ」とかぶりつく。もちろんフリだけで私は本当に噛んだりはしないが、呆れたことに元妻は初代チューちゃんのとき耳を本当に噛んでいた。あれでは遊びにならないでしょ可哀想に。


爪はもちろん適時強弱を付けながらくいこませる。覆いかぶさるように両肩から始め全身くまなく。当然もんだりさすったりもする。そして最後は、抱きしめて、頬ずりの要領で私の顎で顔中美顔マッサージ。終わると、そのまま私の胸で眠ってくる。眠ると可愛くて、本当に愛しくなる。不思議だが、このライオンごっこのとき、なぜか掛け声がいつも「これこれ」になる。 「可愛いねぇチューちゃんこれこれ」とか、「ムフフフフ、ガオー!これこれ」とか、ただ単に「これこれムチュー!チュチュチュ!」とか、「チューちゃんチューちゃんこれこれ」とか。 ・・・ これ、他人が見たら、相当変かもしれない。


IMGP0679_convert_20140719181046.jpg
ミッキーマウスのような可愛い耳

IMGP0708_convert_20140719181149.jpg
大きな体を吹っ飛ばす筋肉

IMGP0677_convert_20140719180908.jpg
ワンカップ減らしただけでだいぶスリムになった。うらやましい

IMGP0711_convert_20140719181300.jpg
相変わらず猫背

IMGP0730_convert_20140719181542.jpg
大きな木を一本切った。庭がかなり明るくなった

IMGP0771_convert_20140719181655.jpg
リビングでくつろぐチュー太郎。外は激しい雷雨中

 
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/186-032b355f
    この記事へのトラックバック