第170話 犬・変形性脊椎症、悪化予防

2014年06月12日 17:29

チュー太郎は、引き取る時から思っていたのだが、兄弟より極端に小さかっただけでなく、体型が変だった。酷い猫背に見えた。いわゆる変形性脊椎症というやつか。その他様々な先天性異常がある事を承知の上で引き取ったワンコなので、無論覚悟の上だったが、幸せに長生きさせる為にいったいどうするべきなのか、この病気は根本的な治療法があるわけでもないし、予想通り症状が悪化してきたので、最近悩むことが多い。


変形性脊椎症悪化防止のためには、食事と運動の制限が必要だという。だがまだ若く、食欲が旺盛なので、減らすと、可哀想なぐらいしょんぼりする。また、獲物をゲットするような激しい運動が大好きなので、これを減らすと、これも可哀想なぐらいしょんぼりする。日に日に外見は症状が進行しているように見えるが、今のところ痛みや不具合は一切無いようだ。だから対策は、食事を減らして痩せさせ、時間をかけて、のんびりトコトコと散歩させるぐらいか。おそらくこれが一番だろう。当然ノーリードの方が悪化予防にいいのだろうが、世間的に山奥でもノーリードは難しくなってきたので、もう仕方がない。収縮リードを使う事が多くなろう。ドーベルマンは寿命が短く、チュー太郎のようなケースは、あと数年で急速に悪化するそうだ。 ・・・ 幸運を祈るのみだ。


ところで最近、「動物だって心が壊れる」というウォール・ストリート・ジャーナルの記事を読んだ。だいたい私の考えと同じだった。犬の心については、また別の機会に書きたいと思うが、この記事を読んで、食事と運動の制限についてまた悩むことになった。純朴で美しい、とてもデリケートというこの心を、「可哀想なぐらいしょんぼりする」試練が、壊しはしないだろうか。記事のいうように、うつ病になってしまっては、元も子もないのではないか。そもそもあの症状は、痛みが無ければ外見だけの話で、老化すればどの子にでも起きること。激しい痛みが伴うヘルニアとはわけが違う等々 ・・・ 食事はやや少なめにして、エアゲット(ジャンプして獲物をゲット)などの激しい運動も控えめにして、しかし庭で自由に走らすのはOK。散歩は長めに。こんなところでどうだろう。チューちゃん


20140610_170206.jpg
かなり猫背に見える

20140610_170204.jpg
角度にもよるが

20140610_132709.jpg
寝ると目立つ

20140610_161522.jpg
表情豊かなチュー太郎

20140610_161436.jpg
この可愛らしさを失いたくない


 
スポンサーサイト


コメント

  1. wonwon | URL | tYvW6C8E

    チュー太郎君の先天的な疾患を知っていながら、家族に迎えた見識の高さには頭が下がります。そのような気持ちを持っていたとしても、実際には、なかなかそこまで踏み切れないものです。

    食事制限について触れられていましたが、私のつたない経験から一つだけコメントします。私はドッグフードをやめて、生肉とご飯と野菜を中心とした食事に切り替えてほぼ1年が過ぎました。

    その結果、体重はフードの時よりも3kgほど減り、精悍な体つきになりました。あばら骨が適度に見える理想的な体型です。

    与える肉は一食あたり約500g、ご飯と野菜をあわえて500gとほぼ1kgの分量なります。これを朝晩の二回与えるので、一日あたり肉だけで1kgにもなります。フードと違って食べる分量はかなりあるので、犬はきっと空腹感を感じることなく、理想的な体型が維持できると思います。

    ドッグフードは手間が省けて確かに便利ですが、酸化防止剤などの毒性が強い成分も入っており犬の健康を考えると必ずしもよいとは思っていません。ドッグフードは巨大マーケットになっているので、総合的にバランスの取れた最高の食材というイメージが定着していますが、私自身は疑問を持っています。

    肉の消費量が多いですが、冷凍庫を買って一月分の肉(30kg)冷凍保存し、その都度解凍すればそれほどの手間はないと思いますよ。何より、フードと一つ一つの食材が新鮮加工していない状態で食べることができることが最大のメリットだと思います。

    経験豊かで知識も豊富なチューちゃんパパにこんな分かりきったことを言ってご不快に思うかも知れませんがお許しください。

  2. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: タイトルなし

    こんにちは
    JOY君は愛情をいっぱい受けていますね!
    フードのアドバイスをありがとうございます。
    参考にします。
    確かにドッグフードの中には粗悪品があるようですね。
    うちも生肉は結構あげているのですが
    難しいのはそれ以外の物ですね。
    獣医やフードの専門家の間でも意見が分かれるので
    難しいところです。
    専門書を読んでも難解過ぎてお手上げ気味です。
    今後もますます勉強と研究に励んでいこうと思っています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/183-2b827d6b
この記事へのトラックバック