第158話 楽天銀行未だ連絡なし。金戻らず

2013年12月21日 13:15

あれから二十日経つが楽天銀行から未だ連絡一切なし。当然金はまだ一円も戻っていない。ああ、楽天銀行は連絡する気などなかったか。これは「あくまで自己責任」で、ネット上に怪しい「使われ先」が現れるまで被害者(預金者)自身が、いつまでかかるかわからないが探し続け、現れれば保険請求手続きと警察への手続きを自分で始める。始めなければ数年で時効がきて預金はパア。で、あくまで楽天銀行様はノータッチ、しらんぷりを決め込むと。そういうことでしたね? これ、つまり自分で行動をしなければ、楽天銀行の私の預金を盗んだ犯人は丸儲け。罪に問われないどころか捜査されることすらないということか。「保険金を請求したいのなら(預金を取り戻したいのなら)警察へ行っていろいろ書類を作ってもらわないといけません」と行員はいう。楽天銀行と保険会社と、そして警察へ出向いてのやり取り。これじゃあ少額の被害の場合、膨大な手間暇を考えて、泣き寝入りする人が、無数にいるのではないだろうか。その無責任ぶり。まさに恐るべし楽天銀行だ。便利だからここをメーンバンクにしていたが、これからは預け先を分散するなどしなければなるまい。


まあ、文無し生活も、やってみると楽しいものである。幸い米と小麦粉は十分ある。庭周辺にはヨモギなどの食用野生植物が今は季節柄少ないが、そこそこある。これで近くの川で魚が取れれば食糧問題は無事解決だ。単身者のいいところは、こういうところだろう。妻子がいれば責任の重さで百万倍プレッシャーが掛かるはずだ。は!そういえば私は魚を釣った経験が無い。釣りをした事はあるが釣れたためしがない。やはりスーパーへ行って、何か安物を買った方がよさそうだ。チュー太郎にはいつもペットフードと高価な生肉をあたえていたが、そういうわけで当分の間生肉は私のもの、じゃなくておあずけだ。許せチュー太郎。うらむなら楽天銀行をうらんでね。それにしても、今年はとんだクリスマスになりそうだ。

お金が無くて暇だからほこりをかぶっていた一眼レフを引っ張り出しチュー太郎の撮影会

IMGP0500_convert_20131221130335.jpg
こういうカメラでないと出来ない表現

IMGP0523_convert_20131221130105.jpg
穏やかな表情

IMGP0522_convert_20131221125916.jpg
やさしい性格のチュー太郎

IMGP0411_convert_20131221125746.jpg
可愛くて利発な子

IMGP0494_convert_20131221125840.jpg
やはりこのレンズはいい。

IMGP0559_convert_20131221125622.jpg
きれいなボケ味。


お昼寝の邪魔をするパパ。動物虐待?いや喜んでる?


 
スポンサーサイト


コメント

  1. セイン | URL | -

    セキュリティ

    サイバー犯罪は、どこに潜んでいるかわからないので怖いですね。たまに25ドル程度の寄付をカード払いでするのですがその度にOMC(JCB)カードは「いつものパターンではないこのような支払いがあるのですが、支払ってよろしいでしょうか」と事前に電話をかけてきて下さいます。海外に不正に送金されるケースが多いという事なのですね。その様な極端な支払いパターンは、カード会社のセキュリティに引っかかるはずです。セキュリティが甘すぎですね。信用問題なので、保険会社が支払いを拒むなんてありえないと思いますがどうなんでしょうか・・・(楽天カードのセキュリティが甘すぎで保険会社ともめているのでしょうか?)

    お金関係も分散しておかなければ、いざというとき不便なんですね。少ないながら分散しすぎで面倒くさいと思っていましたが、このようなことがあるなんて・・・

    どんな状況でも、その境遇を楽しむことの出来るのは、きっと可愛い可愛いチュー太郎君がそばにいるからですね!!チュー太郎君の表情がとっても素敵に撮れています。カメラもお上手!!

  2. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: セキュリティ

    こんにちはセインさん
    コメントありがとうございます。
    そうなんですよ、セキュリティー甘すぎですよね!
    思うにデビットは欧米では今や主流だそうですが
    日本では楽天銀行の前身のイーバンクぐらいしか
    やっていないので、引き継いだ楽天も含めまだ
    慣れてないのかもしれませんね。
    クレジットと違い瞬時に口座から決済されるので
    不渡りを出す可能性が無く客も店も万々歳。でも
    泥棒まで万々歳だったのですね!笑えない話です。
    チュー太郎の写真、褒めてもらえて嬉しいです。
    ありがとうございます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/171-4bc57caf
この記事へのトラックバック