FC2ブログ

第154話 古い技術が新しい技術に大勝利?

2013年10月30日 19:10

技術は日進月歩という。実際私の持ち物でいえば、今最も進化が激しいスマホなどは、2年前の物など最新機種に比べればガラクタ同然。比べ物にならない。一般家電製品でも、例えばこのブログで紹介して褒めたテレビやデジタル一眼カメラも、最新機種と比べると相当落ちる。最近テレビを購入したが、2年前の物よりはるかに高画質で正直驚いた。購入したのはソニーや東芝に比べ評判の悪いパナ製の安物だったにもかかわらずだ。これでは今各社が開発にしのぎを削っている4K等新規格テレビや次世代有機ELテレビなどは、2年後にはいったいどうなっている事やら。ワクワクする半面、我々消費者にはキリがないなという複雑な気持ちになる。でもまあ、もしあなたがお金持ちで買い替え自由なお立場なら、毎年は面倒にしても、2年ごとぐらいに、どんどん新製品に買いかえる事をお勧めする。国の経済成長にもプラスになるしね。


メーカーの宣伝部長じみた話になったので今度は逆の話。激しい進歩というが、それはあくまでデジタル部門の話であって、当然職人が手作りするような分野には当てはまらない。昔の職人さんの方がずっといい仕事している場合があるように、今どきの家電製品でも、職人の手が入るような物は違う。ここでいう職人とは、必ずしも工場従業員など生産現場だけの話ではない。構想や設計の方も含まれる。実は今でも製品にはアナログ的な部分が、けっこう混在する。例えば私が昨年購入したデジタル一眼レフカメラ。同時発売の専用ズームレンズで撮ると、高価なレンズにもかかわらず美しさがどうもよろしくない。これでは安物カメラと大差ないなと思った。ところが20年前の古い単焦点レンズに付け代えて撮ってみると、操作性は最悪だが、美しさでは圧倒する。結果最新レンズはお蔵入り。ほとんどこの旧式レンズを使うようになった。デジタルとは直接関係の無いレンズその物の技術は、昔と大差ないようだ。


優れた古い技術の例をもうひとつ。高級オーディオの世界。電気と磁石の力で音を出すスピーカーはモロにアナログ製品だからこの際除外して、最近私が最も感心したのは、登場して半世紀も経つLPハイファイステレオレコードの音の良さだ。特に素晴らしいのは、ダイレクトカッティング物や職人の腕が音を左右した時代の録音。CDなどデジタルモノとは比べ物にならないほど生々しい音を出してくれる。音波を生のまま閉じ込める技術なのだから当然なのだが、それにしてもレベルが全く違う。レコードの音の美しさは、久しぶりに聴くと本当に素晴らしい。しかしそれを味わうためには、相当高価な機械と深いセッティング知識が必要だ。またLPレコードは消耗品。高音質な物になるほど寿命は短く、数回聴いただけで音がつぶれてくる物もある。針を新品に代えても、パックするなどして仮に汚れを完全に取ったとしても、溝が減っていれば元には戻れない。



そこで今話題のデジタル新技術を使ってみた。LPレコードのハイレゾ化だ。やってみてびっくり。たった10分で1GBも必要だった。波形を見るとそれでもデータがびっしり詰まっている。70分で0.6GB程度の情報量しかない音楽CDとはえらい違いだ。ハイレゾ化は、例えば何百分も必要なオペラだとデータ量は膨大になってしまうが、幸い今は3TB(3000GB)の大容量HDDでも1万円そこそこで買える時代になった。だからコスト的には問題ない。容量も、3TBもあれば、どれだけLPレコードを詰め込んでも、余裕で受け入れてくれる。そして詰め込んでしまえば、ジュークボックスのように、端末の簡単な操作でいつでも自由に選んで聴ける。レコードをかける時のワクワク感は無くなるが、その便利さは圧倒的だ。もちろん万が一に備えコピーも取っておく。消耗品のレコードが、これで永遠の宝になるわけだ。


素晴らしい新技術。しかし肝心の音はどうか。勿論CDとは比べ物にならない。はるかに良い。では元の生LPとの比較は。これは一長一短だと思う。ダビング時当然無音、電気的ノイズ等ゼロの最良の環境でやるのでその点は圧倒的に有利。そのおかげか100%聞き分けられる。低音の歯切れの良さなどが素晴らしい。しかしやはり弦楽器の生々しさなどはLPの方がずっと上回ると感じる。最新デジタルも、その点はまだまだこの旧式の技術にかなわないようだ。



ちなみに、主だったCDコレクションも一緒にこのHDDに入れておいた。光学レンズで物理的に粗末な円盤を回転させてデジタルデータを取り、その場でアナログデータに変換して音楽を聞かせるという、かなり荒っぽいやり方の音楽CDというシステムが、これで相当改善されるようだ。おかげで数十万円の高価なCDプレイヤーで聴くより、数百円のUSBメモリーにデータを入れて聴いた方が良い音がするという珍現象が発生した。当然かもしれない。データを慌てて変換する必要が無く、予めパーフェクトな形に整えておけるのだから。それはHDDにでも同じ。それらを再生するプレイヤーはいろいろあるが、私が購入したのはパイオニアのN-50という機種。3万円台で購入した。2年前の機種で少々古く、USBメモリーで再生すると同じデータでもHDDに入れた物より何故か音がかなり悪い。対応できない規格も多い。自宅にはソニーの新しいAVアンプがあるが、さすがに新製品、こちらではそういう事は無かった。CDをBDレコーダ等で再生するより、データをUSBメモリーに入れてこのAVアンプで直接再生する方がはるかにいい音がする。あらゆる面でダイレクトになるからだろう。


今年の山荘は、この新しいシステムのおかげで、音楽をとても楽しめた。デジタル再生機をこのN-50ではなく、最新の高級機にすればよかったと少々後悔したが、その場合コストが一ケタ高くなるのだからまあ仕方がない。  昔は音楽を聴くのにずいぶん苦労したが今は天国だ。適度なスピーカーさえあれば、昔では想像もできなかった素晴らしい音楽ライフを安価に楽しめる。日本製オーディオ製品が世界に認められ始めた70年80年代に大活躍したオーディオ評論家の先生たちが今も生きていたら、どんな顔をしたことだろうか。当時では想像もできなかった世界が今広がっている。


20131010_153502_convert_20131030184737.jpg
リビングに鳴り響く音楽。チュー太郎は、オーディオの音、例えばバイオリンの曲を、どれほど大音量で鳴らしても全く平気で無反応だ。なのに、私が生バイオリンを弾くと激しく反応する。狼の遠吠えのように一緒に歌いだすのだ。耳がいい犬にとって、生の音と機械の音は全く別物のようだ。 ・・・ いや、案外、「へたくそ!」と私に怒っているのかなこのワンコ

20130810_164134_convert_20131030185011.jpg
数十万円のプレイヤーたちをお蔵入りにした安物デジタル再生機N-50

20131022_220347_convert_20131030185105.jpg
膨大なコレクションのデータ化は大変な作業だった

20131027_145930_convert_20131030184525.jpg
いよいよ下山。スキーとかはしなくなったので、来年の夏まで山とお別れ


 


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/167-5a99d333
    この記事へのトラックバック