FC2ブログ

第145話 引っ張り助長首輪?歓迎

2013年07月29日 19:54

お蔵入りにした「引っ張り防止首輪」だが、考えるところあって再び使っている。というのも、ある方からコメント欄に、もし私に何かあったとき、他の人でもコントロールできますか?と聞かれたからだ。これは私のような一人暮らしの中高年で大型犬を飼っている者には、とても切実な問題だ。私は少し思い違いをしていたようだ。例え私の前でどんなにお利口さんであっても、それはあの子の安全にはあまり寄与しない。問題なのは他人の操作でもお利口でいられるかどうかだ。


独り者で他人との接触を嫌う引きこもりがちな人間に飼われた犬は、飼い主との絆がとても深まるという。だがもしその飼い主に万が一のことがあったらどうなるか。テレビである女性が、「私が死んだらきっと飼い猫の餌になるんだわ」と笑っていたが、タフな猫と違いワンコはそううまくはいくまい。猫のように野良になって生き延びることもないだろうし、おそらく、最も悲惨な末路になるだろう。だが家でポックリとばかりは限らないし、異変に気付いた隣人の通報によって幸運にも救出されるケースも十分考えられる。そんなこんなを考え、「飼い主の腕と犬の頭を悪くする」などと先月酷評した首輪だが、あえて使い続ける事にした。その結果は


やはり書いたとおりの結果になった。動物に高度な技を覚えさせる競技「馬術」では、グランプリで賞を取るような名馬でも、例えばオーナーになった初心者などが乗ってデタラメな操作をすれば、馬は混乱し指示が利かなくなる。緻密な調教で築き上げてきたものが瞬時にダメになるのだ。チュー太郎に難しい芸など教えていないが、それでも長年動物の調教に携わってきた私が、全力を挙げて仕込んできた。詳しくは省略するが、その成果はこの首輪でかなり台無しになったようだ。簡単にいうと、前のダイレクトな道具で作り上げた緻密な指示が利かなくなり、ばかになってしまっている。指示をしっかり聞き自分の横にぴったり寄り添って歩いてくれるようなお利口なワンコをお持ちの方は、この首輪の使用は考えたほうがいいと思う。


しかしまあ、ワンコがビュンビュン前に行ってしまうのも、考えてみれば悪くはない。なぜか。今使っている伸縮リードはおよそ10m。ビューンとチュー太郎が前に行く、そうすれば私が向きを変える。するとまたチュー太郎が前に行く。これで一瞬にして往復40mの運動ができる。しかも道路で削れて爪が丸くなる。これは一石二鳥だ。飼い主と違い犬は、適度な運動と自宅付近のテリトリー偵察が望みなので、特に遠くへ行く必要はない。歩数計は持っていないが時間は分かるので自分の運動量は分かる。そして、ここがこの首輪の最良のところだが、どんなにチュー太郎がお馬鹿になっても、必要な時は強力に体を拘束できるので、暴走される心配がない。だったら、これでいいのではないか。自由な空気を味わえチュー太郎は楽しそうだし、これからどんどん歳をくう、つまり今よりどんどんおとなしくなるので、犬を制御する技を持っていない人でも、これでチュー太郎を制御できるだろう。メデタシメデタシ


IMAG1486_convert_20130729192025.jpg
それでも往復運動に疲れすぐに横に付くチュー太郎

IMGP0327_convert_20130729191801.jpg
他人との接触に慣らしているところ

IMGP0324_convert_20130729191704.jpg
甘えん坊。すぐに寄り添ってくる。今の季節暑苦しい。もうすぐ涼しい山へ行く予定




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/158-bbe0f9a0
    この記事へのトラックバック