FC2ブログ

第143話 引っ張り防止首輪を試す

2013年06月28日 16:02

先日ネットで、犬の足に絡ませ首への負担を軽減する「引っ張り防止首輪」というものを発見した。馬の調教に「シャンポン」等を好んで使っていた私は、もともとこういうものが好きだ。うちのワンコにはまあ必要ないだろうが、懐かしさと興味もあってひとつ購入してみた。値段はおよそ4千円。安くはないが、数万円もする馬用の物に比べれば、リーズナブルだろう。ナントカ薬品という犬用品とはかけ離れた名前のお店からネットで注文して待つこと数日、軽い箱に入って届いた。一週間ほど使ってみたが、第一印象はまずまずだ。装着はそう難しくはない。暴れるワンコでも、なんとか付けられるだろう。ただし勿論普通の首輪の数倍手間がかかる。私はそのせいでもう使わなくなってしまった。


効果はどうか。これは二重丸と言っていい。引くから引っ張るの、重力に反発する条件反射が起きにくいと思われる。やはり普通の首輪より、犬を制御する力ははるかにある。しかも首への負担は無いと言っていいぐらい軽い。上質な紐を使っているので、わきや肩への負担も、よほどの衝撃でなければ大した事は無いだろう。ひどい暴れ犬でもなければ、リスクはそう多くないと思う。私は一週間使ってみて危険を感じたことは一度も無かった。写真の説明のような危険性があったが、この場合も上に引けばいいだけだろう。


ではなぜ私はこれをお蔵入りにしてしまったのかといえば、当たり前だが、引っ張らない犬には引っ張り防止首輪など何の意味も無かった。アップした動画でも思わず「意味ないじゃんこれ」とつぶやいているが正にその通り。装着の面倒くささを考えると、せっかく4千円も出して買ったのだがもう使う気にはなれない。また、この道具には一つ気に食わない点がある。この道具は、ある程度犬が人間より前に出ていないとコンタクトが取れない。つまり微妙なコンタクトによるデリケートな操作が出来ず高度な指示は出せないのだ。飼い主の腕と犬の頭を悪くする道具、といったら言い過ぎか。 まあ、フォローするなら、伸縮リードとの組み合わせが前提だが、この首輪を使うと、犬は自由な空気を感じ、何時もの散歩より、ずっと幸せになれるかも知れない。こうして写真を見てみると、黒い色も似合っているしなかなかカッコイイ。うーん、また使ってみようかな。

IMGP0278_convert_20130628130948.jpg
人間も犬も首はデリケート。首に強い衝撃を与えるのは虐待と思う。当然副作用や反発も大きい。

IMGP0299_convert_20130628131702.jpg
そこでお勧めしたいのがこの手のもの。抱きかかえるような制御ができる。

IMGP0279_convert_20130628131431.jpg
いきなり短いリードでガチガチに制御すると副作用の恐れが。慣れるまで伸縮リードを使う方がいい。

IMGP0291_convert_20130628132046.jpg
この手の物で最大のリスクは足に絡まる事だろう。この写真でそのリスクが分かる。

IMGP0263_convert_20130628133753.jpg
強い運動は庭で。指示や追い鞭ナシ。掛け声だけで自由に走らせている。

IMGP0264_convert_20130628133848.jpg
獲物に突進

IMGP0265_convert_20130628133926.jpg
小さく見えるが体重は30kgを軽く超える。それが弾丸のように走り回る。

IMGP0266_convert_20130628134043.jpg
草全滅。砂だらけ。おかげで家は汚れるが、砂浴びを楽しめてワンコにはいいかも。


この首輪を使った散歩の様子。車に全然気づかずヤバかった。撮影に使ったスマホ超不調。早くも寿命か。あと一ヶ月で二年。




コメント

  1. wonwon | URL | tYvW6C8E

    首輪の選択の難しさ

    いつも考えさせられる記事をアップしていただきありがとうございます。
    首輪の選択はとても難しいですね。私も悩んだ時期があります。

    首への負担が少ないジェントルリーダーも使ったことがありますが、
    マズルの部分の毛並みがはげてきたので使用を止めたこともあります。

    >人間も犬も首はデリケート。首に強い衝撃を与えるのは虐待と思う。
    >当然副作用や反発も大きい。

    私も基本的には同じように考えています。とくにドーベルマンは、首への
    強い衝撃は避けたほうがよいと聞きます。しかしその一方、ドーベルマン
    の凄まじいパワーを制御するため、現実にはそのデリケートな首にショッ
    クを与える方法が多くとられているのも事実です。

    私はJOYが1歳を超えた頃、警察犬訓練士の方を自宅に招き1週間に3回
    のペースで基本的なしつけを3ヶ月間お願いしました。チューちゃんパパ
    と違って犬を飼うのは初めてだったこともあり、その訓練士の方から全面
    的に教えを請いました。

    その結果、チョークチェーンを使うことになりました。ブレスレットのよ
    うに輝いて見た目は美しいものですが、チョークという名の通り、首を締
    め付けることで犬を制御するものです。チョークチェーンの弊害を指摘す
    る声も聞いていたのですが、いざというときにJOYをしっかりと制御する
    ためにはやむ終えない方法なのだと納得しました。

    その後、家内がJOYの散歩中に手首を痛めたため、スパイクチェーンの仕様
    を検討したのですが、先ほどとは別の訓練士の方から、使用することに待っ
    たをかけられてしまいました。スパイクを使うと今のJOYの穏やかな性格が
    変わるかもしれないと言われました。

    ドベのブログを通じて知っている女性の何人かの方は、スパイクを使ってい
    るのを知っていたので、この指摘は違和感を持ちましたが、あえて反論する
    だけの知識を持っていなかったので素直に従いました。

    道具そのものが良いとか悪いということもありますが、肝心なのはその道具
    を使いこなす力量を飼い主がもっているかどうかがだと思います。チョーク
    チェーンにしろスパイクチェーンにしろ、正しい使い方をしていれば問題な
    いのではとも思うのですが、正直自信が持てません。

    専門家の忌憚のない意見をお聞かせください。



  2. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: 首輪の選択の難しさ

    wonwonさん こんにちは
    そうですね、また今度いつか
    引っ張り防止のテーマで
    記事を書いてみますね。
    首輪は、今回紹介した物は、
    防止にはお勧めできます。
    記事に書いたとおり制御力は強力ですが
    副作用はほとんど感じられませんでした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/156-2a0489d8
この記事へのトラックバック