FC2ブログ

第141話 犬の危険な噛み癖への対処法

2013年05月31日 18:03

肉食獣である犬の牙は凶器。肉を引き裂くための道具。だからもし敵意むき出しで噛みつかれた場合、それが小型犬でも、噛まれた方は大きな深手を負う。小動物ならひとたまりもなく絶命する。実際昔、うちの先代や先々代のドーベルが、散歩中たまたま通りかかった野ネズミをゲットしたことがあるが、いずれも噛まれた瞬間絶命していた。犬の敵意むき出しの噛む力は、それほど恐ろしい。ではやはり犬の危険度は体の大小に比例するのだろうか。私は、体の大小より、その性格が問題だと思う。大人しい性格の子より他人に敵意むき出しの子の方が、例え体が前者より小さくても、危険性ははるかに高いはずだ。


残念な話だが、うちの今の子は、他人に虐待された経験があるせいか、あるいは幼児期にいろいろな事情があって他人と接触する機会が少なかったせいか、他人との接し方に先代ほどの落ち着きがない。だから私は、他人がチュー太郎の至近距離に近づいたとき、非常に警戒する。例えばたまに親しい人と道で会ったりすると、この子は過度に喜び興奮してしまう。そういうとき私がどうするかといえば、首根っこを摑まえ、さらにはリードに自分の全体重100キロを、犬の首の横方向へいつでもかけられる状態にしておく。ちなみに縦方向にかける、すなわち「リードを引っ張る」をしてしまうと、「重力への抵抗原理」のスイッチが入ってしまい、「GO!」と勘違いされる恐れがある。新馬調教のときにこれをやると馬は勘違いし、「行け行けGOGO!」の暴走になってしまう。


チュー太郎は私のコマンドを非常によくきく名犬だ。「やめ」と言えば即座に静まる。それでもこれぐらい私は警戒する。自分のドーベルマンのそばに他人が近寄るという事は、それぐらいのことなのだ。最近ニュースになったドーベルマンの事件を聞いて、ああ、またかと思った。調教に自信が無いのなら、外へ出る時は口輪をすることをお勧めする。ついでに爪も丸めておく。リードに全体重を横方向にかければ500kgもある馬と違い人間より軽い犬など軽く制御できるはず。この3点で、外で他人にケガをさせる心配はまず無いはずだ。口輪は、私は付けた事が無いので知らないが、ネットで調べると3千円ぐらいから数万円まで、様々なものが売られている。日本の夏は暑いので、舌をハアハア出せるものが良いだろう。


さて、話は変わって、次は家庭内でのワンコの牙だ。ウ~と唸っただけで主人に殴られるのは不憫なものだ。私なら喜んでその挑戦を「カモン!」と受け入れる。飼い主が決してやってはならないことは、噛まれることを怖がることだ。怖くないようにするためには慣れるのが一番。しょっちゅう犬の口の中に手を入れよう。入れたい時は犬が嫌がっても無理やり入れる。コツは、あごを撫でるように下から下から手を入れること。片手が入ったら素早く両手を入れる。外側両面が手のひらなら、強く噛まれても痛くないし両手の腕力の方が勝るので犬は口を裂かれる恐怖を嫌がり抵抗しない。また、指だけ入れる時でも、犬の唇のたるみを中に入れれば、噛むと自分が痛いので噛まない。一方それだけでは加減を理解できないので、思いっきり噛む経験をコングなどを使って積むことも大切だ。ストレス解消にもなろう。(いうまでもなくこういう方法は犬との一定の信頼関係が必要。敵対関係では危険。実践はあくまで自己責任で)


とにかく、犬も人間も、経験を積むことが大切だと思う。「絶対に噛ませない」方式では、万一何かの拍子、条件反射か何かで噛んでしまった場合、犬も人間もパニックになることは目に見えている。パニックがパニックを呼び、恐ろしいエスカレーションを起こすだろう。 ・・・ ピアノを弾く私は、手のコリを取るために、チュー太郎によく噛んでもらっている。手を全く傷つけず適度な強さで実に上手に噛んでくれる。牙がつぼに入るのかコリが取れて本当に気持ちいいのだ。肩を噛んでもらうのも結構気持ちいい。でも最近は、噛ませ過ぎなのか、あまり噛んでくれなくなった。なので、わざと上から叩いたりして挑発して噛ませている。


犬の口に手を入れ噛ませている様子。慣れているため全く落ち着いている。


最近ますます可愛らしくなったうちのドーベルマン。バックに流れているピアノ曲はこの子を見ていて浮かんだ旋律を即興で作ったもの。

IMGP0254_convert_20130531203457.jpg
夜、隣でまどろむチュー太郎



 


コメント

  1. ベリーママ | URL | -

    やってみます♪

    こんばんは!!わざと噛ませる方法、試してみます。逆療法もいいかもしれないですね。「もう、やめたー」と諦めてくれたら、いいのですが…(^_^;私との根気比べかな!?頑張らねば!!ありがとうございます。
    即興のピアノ…素敵ですね♪すごいです(*^^*小五の娘がピアノを習っているので、ベリーの耳にもピアノの音は時々届いているかな!?ちゅー太郎君、落ち着いていて素晴らしいな♪

  2. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: やってみます♪

    こんにちは ベリーママさん

    どうぞお気を付けて。^^;

    チュー太郎、そんなにお利口さんじゃないですよ。
    ピアノを弾いていると、イタズラをしてくるので
    ピアノの傍にはいつも鞭を用意しています!
    曲をほめてもらえてうれしいです。

  3. ベリーママ | URL | vU5kZiyQ

    買いました!!

    こんにちは♪実は、短鞭をネットで買ってしまいました(^_^;飛び付かれたり、じゃれ噛みされた時に鞭を手に持っている事が少なく、うまく使えていませんが…(涙)少しづつ頑張ります!

  4. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: 買いました!!

    そう、少しずつ、気楽に調教を楽しんで。
    鞭を食べられないようご注意を!

  5. wonwon | URL | tYvW6C8E

    教えてください

    ピアノの調べ堪能しました。
    これはバロックと呼ばれる旋律なのでしょうか。
    私は音楽について全く素人なので分かりませんが
    とても心地よい音の流れと感じました。

    私の友であるJOYですが、いつも遊ぶ時にどうしても
    噛む行為が入ってしまいます。ドッグランで遊んでいる
    時も、私が不意に姿を隠すと必死になって見つけ出し、
    その後、しきりに私の足や手を噛みます。

    JOYの場合、興奮するとどうしても噛む行為に結びついて
    しまうようなのですが、私としてはそれも自然な流れとし
    て受け止めています。

    犬が自らの意思を表現する際、相手を噛むという行為は、
    むしろ抑える必要はないかと思うのですが、専門家である
    チューちゃんパパのご意見を伺いたいと思います。

  6. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: 教えてください

    こんにちは wonwonさん
    曲を褒めてもらえ、うれしいかぎりです。
    そう最初はフーガになりそうだったのですが
    後半はジャズのスウィングを意識しました。
    まあ分類不能のオリジナルですね。(笑)
    JOY君の噛む行為は、
    コミュニケーションを取ろうとしいているのか
    本能から来る狩りのトレーニングなのか不明ですが、
    前者ならべたべた十分なコミュニケーションを
    とっていれば、自然と減っていくと思います。
    後者なら丈夫な古着などを使って狩りの練習を
    たっぷりしてあげれば、ワンコはとても喜びます。
    チュー太郎はいつも自分で布きれを持ってきて
    「パパやって」と、おねだりしてきます。
    私は専門家ではないですが、一研究者として意見を言えば
    犬の行為は無理に抑えると逆効果になることが多いと思います。
    凶暴な噛む犬は、案外人が作っているのかもしれませんね。

  7. セイン | URL | -

    もしも

    もしも、パパさんが散歩中に気を失ったり、重篤な症状になったときには、パパさんを助ける人を、間違えて攻撃したりしませんか?

    うちのワンコは、小型犬ですが、家族が寝てるところを起こそうとすると、守ろうとして攻撃してきます。小型犬なので大丈夫ですが、ドーベルマンは、ご主人のコマンドが聞かないときにはどうやって制するのか教えていただきたいです。近所にドーベルマンを飼っていらっしゃる方がかなりのご高齢でいつも散歩させていらっしゃるのですが、ちょっと心配なのですが・・・

  8. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: もしも

    こんにちは 
    そうですね心配ですね。
    自分の考えを第142話で詳しく書きましたのでご覧ください。
    独り者の僕には、身につまされる思いです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/154-cbedae99
この記事へのトラックバック