FC2ブログ

第139話 ドベは特定危険動物?

2013年04月18日 20:41

本当かどうか知らないが噂によればある県では、ドーベルマンは特定危険動物に指定されているのだという。「ライオンじゃあるまいし、んなアホな」とドーベルマン愛好家の私には思えるのだが、そういえばドーベルマンを飼っているということで、世間の目が冷たいような気がする。意外と、大型犬を飼っているというだけで短絡的に地域に危険を及ぼしていると考える人が多いようで、ましてドーベルなんてとんでもない、ということか。「この辺は小さな子供がいますからねぇ、非常識では?」などという声は、一見正当なように聞こえて実はそうではない。それが非科学的で非論理的な、個人の思想信条の自由と、生命の尊厳を軽視した、全体主義的な独善であることは、ドーベルマンを一度でも家族に迎えた人なら、体験的にそれが分かるだろう。もし何だかの理由で殺処分を言い渡されれば、家族の悲しみは計り知れない。


小型犬でも肉食獣だ。子供の指を噛み切るぐらいの力はある。ではそういう肉食獣を飼うのは非常識ではないのか。そもそも「子供の安全の為」なら100%の安全が保障された肉食獣しか存在は許されないのか?それなら存在を許せる根拠となる種類年齢性別育ち方等々ごとの科学的な実証データ、安全指数があるのか。そうではなくこれは(科学的データなどゼロだがイメージで)取り敢えず面倒くさいからドーベルマンは危険動物ということにして、取り扱い方に違反すれば処分するという事にすれば、愛犬家にも犬嫌いの人にも互いに一長一短で双方に顔が立つやろという、いかにも官僚的発想だろう。だがこんなのがまかり通れば、とんでもない社会ルールが出来上がるようになろう。これは実際にあった話だが、私が小さい頃、「猫が赤ちゃんを咬み殺した」という流言飛語が飛び交い、付近では猫たちがひどい目にあわされていた。私は、飼っていた自分の猫が殺されないか、心配で仕方がなかった。


うちのドーベルマンことチュー太郎は、親馬鹿だが、本当に可愛い。一緒に居るときは、だいたい何時も私の半径1メートル以内に居る。犬にしては珍しく、昼はあまり寝ない。その代り夜はテレビを見る私の横で、もうべったり寝ている。今も横に居るが、その寝顔が何とも愛しい。せっかく寝ているのに、どうしても見ているだけでは我慢できず、頬ずりしたり、体を撫で回したりしてしまう。チュー太郎は、そんな私のわがままに、よく応えてくれる。孤独な私には、本当に心の支えになっている。大家族の家庭が減少の一途をたどっている現在、少子高齢化と合わせ私のような人間は増える一方だろう。小型犬に比べ得てして温厚で、がっしり抱き合える大型犬には、他では得られない癒しと喜びがある。この生き物には、今も昔も人類に大きく貢献してきた長い歴史がある事を再度強調したい。けっして、気安く「処分」などと口にする存在ではない。


うちのドーベルマンの散歩の様子。レンズの関係で小さく見えるが最近のもの。飼い主に愛情を注がれ、人間を信頼し、べったり甘えん坊になっていることが分かる。30kgを超える大型犬だが、ライオンのような危険性などアリマセン

IMGP9977_convert_20130418202226.jpg
綺麗なチューリップが咲いた

IMGP0005_convert_20130418201522.jpg
チューリップの前で記念撮影

IMGP0032_convert_20130418201645.jpg
中に入れて、という顔

IMGP0038_convert_20130418201958.jpg
ヨシ!の合図で突入

IMGP0051_convert_20130418202056.jpg
小さい頃はでかい椅子だったのに今では・・・

IMGP0052_convert_20130418202137.jpg
私が後ろから抱き付いてもヘッチャラなチュー太郎。抱き心地満点

 


コメント

  1. wonwon | URL | tYvW6C8E

    私が住んでいる県では人に危害を加えるおそれのあるもの
    として定める8犬種があげられています。

    ①秋田犬 ②紀州犬 ③土佐犬 ④ジャーマン・シェパード 
    ⑤ドーベルマン ⑥グレートデン ⑦セントバーナード 
    ⑧アメリカン・スタッフォードシャー・テリア
    (アメリカン・ピット・ブル・テリア)

    そして飼い方は、特定犬は「おり」の中で飼うことが義務付け
    られています。

    さらにそのおりについても、細かく決められています。
    ①上下四方が囲まれていること。
    ②十分な強度を持っていること。
    ③人に危害を加えられない構造になっていること。

    これを知って、何たる時代錯誤かとため息が出ました。
    そしてすぐに県庁に電話して抗議した記憶があります。

    特定犬の認定方法の根拠が明確でないばかりか、おりを
    作ってその中で犬を飼うという行為自体が動物虐待につ
    ながるということを主張しましたが、当然受け入れられ
    ませんでした。

    官僚的発想に基づけば、私の主張など一考する必要もな
    いという判断だったのでしょう。

  2. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: タイトルなし

    こんにちは!
    そうなんですか、やっぱり噂は本当だったんですね。
    危険な状態の闘犬ならともかく、ひどい話ですね。
    一部の問題事例や事件事故で大型犬全体を一緒くたにし
    動物虐待としか言いようがない処置を強要するなんて、
    いきどおりをおぼえます。
    行政も市民レベルでも、もっと犬への認識が高まるといいのですが・・・

  3. そらぽん | URL | -

    小さい時に何らかの訓練で攻撃することを刷り込まれた犬と
    そうでないのとでは、全く違うのに。
    わが家のアンも、もう、甘えん坊で、毎晩、よしよしして
    ベッドベッドメイキングして、その上でしばらくなでなでして、
    ぎゅっとしないと駄目なくらいですよ。

    5歳になった娘のところに突進していくかと思いきや、ちゃんとそばまで
    いったら、急ブレーキをかけて、守っているようなしぐさをします。

    どんなに嫌なことされても、どんなに叱っても、
    餌を横取りしても、絶対絶対かみつくしぐさもみせません。

    今では、娘のクッションがわりで二人でお昼寝してます。
    悪いことしたら、ごめんなさいって、土下座してあやまってくれます。
    お客さんが来たら、もう大歓迎したくって、
    ジダンダふんでますよ。

    なのに、誤解が偏見を生み、悲しい事態になることだけは、
    あってはなりません。

    シェパードも同様です。
    本当に本当に降り高さんで、愛情深くて、忠誠心に富んだ犬。
    お仕事をしっかりしている、ただ、それだけなのに。

  4. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: タイトルなし

    そらぽんさん、こんにちは、お久しぶり!
    アンちゃんは、本当にいい子みたいですね!
    娘さんのクッション代わりというところが微笑ましいです。
    実はうちのチュー太郎も、時々酔った私の枕代わり!になっています。
    (チューちゃんごめんね!^^)
    >本当にお利口さんで、愛情深くて、忠誠心に富んだ犬
    まさにそのとおりですね!世間にもっとこのことを知ってほしいと
    心から願っています。

  5. ベリーママ | URL | -

    はじめまして!!

    はじめまして!!茨城県在住、9ヶ月(♀)のドーベルマンを飼っています。こちらのブログを涙、涙…で拝見しました。実はしつけの事で悩んでいます。飛びつき、じゃれ噛みがなかなか治らず、本を読みあさったり、ネットを見たり、ドックスクールにも少し通いました。只今、アカラスの治療中、汎骨炎もあり訓練所に行く事も出来ません。忙しい主人にかわって世話していますが、正直疲れてしまい、自己嫌悪に陥っています。でもこちらのブログを拝見して、ドーベルマンの素晴らしさ、かわいさを感じる事が出来、頑張ってみようと思いました!!ちゅー太郎君のお利口さにうらやましく思うのですが、飛びつき、じゃれ噛みの矯正法がありましたら教えて下さい。

  6. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: はじめまして!!

    ベリーママさん こんにちは はじめまして
    読んでいただき、ありがとうございます。
    9か月ですか。さぞ元気いっぱいでしょうね。
    少々お疲れのご様子、大変ですね。お疲れ様です。
    この頃のドーベルは皆やんちゃです。でも、
    ドーベルの寿命は短く、すぐに老けてしまいます。
    数年後、きっと今のやんちゃな頃を懐かしく思うでしょう。
    矯正法、そうですね、またいつかそのネタで記事を書いてみますね。
    最近なかなか多忙で記事の更新が遅れがちですが。
    私のような大きな男は、じゃれ噛みも飛びつきもwelcomeなのですが
    力の弱い女性が大きなドーベルにそれをされたら大変でしょうね。
    実は最近、「チューちゃんカモーン!」と言ってもそれをやってくれず
    逆に私は寂しい思いをしているところなのです。(笑)
    基本はやはりお座りさせることでしょうか。威厳をもって。
    ちなみに、乗馬用の短鞭を持って【静かに】佇めば、
    小さな女性でもワンコに対し圧倒的な威厳が発生します。
    鞭で少々ぺんぺんしてもいいですよ。(笑)
    うちの子は首にぺんぺんすると、とても喜びます。
    子犬のじゃれ噛みは、幼児の手探りのようなもの。手の代わりです。
    この頃の飛びつきは、まさにお母さんやお姉さんへの甘えです。
    背を向け、無視すれば収まるのでしょうが、何だか可哀想な気もします。
    うちの場合、この頃は、何をされても構わない服をいつも私が着ていました。

  7. ベリーママ | URL | -

    お返事ありがとうございます!!ちゅー太郎君パパさんの様に優しく受け身の姿勢が良いのですね!?女は感情的になりやすい様で、駄目ですね(T-T)やはり、大変だ!無理だ!と言われ、理解者が少ないのでお利口にしなければ!!というプレッシャーと焦りに押し潰されそうです。ブログを通じて相談にのってもらったり、しつけ本を借りたりとできる事をしながら試行錯誤していますが、なかなかうまくいきません。ペンペンする時もありますが、気が強いのか、じゃれ噛みが本気噛みになったりして…。お忙しいとは思いますが、機会がありましたら、矯正法や何かアドバイスをブログに書いて下さい!それでは、またブログを楽しみにしています♪

  8. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: タイトルなし

    ベリーママさん こんにちは
    了解です。次の記事をお楽しみに~。
    繰り返しになりますが
    9か月ごろの健康なドベは皆超やんちゃです。
    あせらず、わんことの生活を、楽しんでくださいね。^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/152-d697b2f7
この記事へのトラックバック