FC2ブログ

第137話 棒で犬を突く嫌犬者

2013年03月15日 17:29

前話に紹介したドッグフードに代えておよそ一ヶ月、結果は良好だ。交換以来下痢はほとんど起きていない。ドックフード以外には何も代えておらず、それでここ長く続いた下痢が、がっつりウンピに変わったのだから、偶然のタイミングで下痢が収まった可能性が無いわけではないが、代えた直後から変わったのでその可能性は低く、この選択に効果があったと判断して良いだろう。ただ、下痢が止まったからといって、思ったほど体格は良くなっていない。ヨーロピアンらしいドベに成長することを期待していた私には、少々期待外れだった。運動のさせ過ぎだろうか? いや、まだ一歳半だから痩せているのは当然か? (そういえばデブの私も、20代前半までは、とても痩せていた)


前にも書いたがこの子は、ブリーダーから商品価値ゼロと判定された子だ。タマ無しの先天性異常と、一緒に生まれたとは思えないほどの兄弟との体格の差。だから立派な体格になるようこの子には、私の食事よりも手間暇金をつぎ込んできた。 ふとチュー太郎を見た時、少しでも太って見えると、とても喜んだものだ。しかし、体格が良くならない・・・。でもまあこれは、私の精神的な問題かもしれない。子供がいない私には子供同然だった先代先々代を悲しい病でなくし、この子はこの子でハンディキャップを持って生まれ、すでに何度か死にかけているから、過剰に心配し、においが服に付く事も顧みずフンを細かくチェックしたり、少しでも具合が悪そうになるとうろたえたりと、普通の人から見れば私とチュー太郎は、かなりべったりで気持ち悪いコンビなのかもしれない。


そんな大切な大切なチュー太郎を、道路のフェンス側金網越しに、棒で我が家に深く侵入し、思いっきり突いているKUSOBABAAAA!(失礼)を発見した。チュー太郎は調教のおかげで通行人に無駄吠えすることはほとんどない。いや、なかった。ところが最近あるパターンで吠えるようになり、それがほかにも悪影響を及ぼすようになった。そのパターンとは、その婆さんの散歩時間だ。全てが理解できた。偶然にも現場を目撃してしまったのだ。犬に対して敵意むき出しのこの人は、何かの拍子で吠えられたのだろう。人の身長ほど高い我が家のフェンス下にはヨモギが生える。今美味しい新芽が生えている。それを取っているのを目撃したことがあるが、そんなところだろうか。とにかく吠えられた。そして頭にきた。そして「この野郎!」と言いながら棒で思いっきり突いた。まともに突き刺さり相当痛かったと思うが、飼い主を守るためなら命も張るドーベルマンだ。チュー太郎は負けずに激怒した。そこで「やめ」とコマンドを出した。チュー太郎は収まり、婆さんはバツが悪そうに棒を引込め去って行った。


自分が吠えられたら腹が立つのでその犬を殺す、自分たちにはそういう権利がある、黙れば殺さない、それが「嫌犬権」なのだそうだ。こんなもの、ネットにはびこる犯罪者と同レベルのたわごとなのは言うまでもない。正当な理由なく犬を傷つけるのは違法で犯罪だ。それ以前に彼らは命の尊厳をどう考えているのか。猫を切り刻んで興奮するサイコ野郎とどこが違うのだ。一万年も前から犬がどれほど人間に貢献してきたか、そんなことを説明しても連中には無駄だろう。とにかく提案したい。犬を殴っている暇があるのなら、さっさと向こうへ行ってください。そうすれば吠えられなくなりますから。それにしても ・・・ やれやれ(溜息)


dfh+(1)_convert_20130315142454.jpg
まだまだ子犬っぽいチュー太郎

dfh+(4)_convert_20130315142727.jpg
型は良い

dfh+(5)_convert_20130315142805.jpg
艶も良い

dfh+(6)_convert_20130315142850.jpg
ブラシをイタズラ

dfh+(7)_convert_20130315142944.jpg
メ!と言われた時の表情

dfh+(8)_convert_20130315143137.jpg
勝手に生えてきた木。きれいな花が咲く。何だろこれ

dfh+(9)_convert_20130315143316.jpg
何やらご機嫌な顔

dfh+(10)_convert_20130315143358.jpg
子供っぽい表情

dfh+(11)_convert_20130315143442.jpg
私とべったりなチュー太郎


一眼レフカメラでチュー太郎の動画を取ってみた。凄くきれいに撮れるが・・・

 
 


コメント

  1. ジルママ | URL | .RI7C4QA

    お初です(^-^)

    始めてコメントさせて頂きます☆

    うちにも1才半の雌のドーベルマンが居ます。
    もう、ずーっと軟便でネットで調べまくっていろんなドッグフードを試してきました。
    高いフードよりも、アイムスやユーカヌバが状態がよくなるのですが、口コミや評判が良くないのでずっと悩んでました。
    ダイヤモンドと言うアメリカのフードは激安なんですが、とても評判が良かったのでこの前までそれを与えていましたが、また軟便になってしまいました。

    そこで、私もちゅーちゃんと同じフードを頼んでみました。

    今日で、1週間くらいですけど今朝の散歩では、思わず(わぁー、ジーちゃんいいうんち出たね♪)
    と、言ってしまいました(^^;

    このまま調子いいと良いのですが。

    いくら、安くてあまり評判の良くないフードでも、ワンのうんちの状態が良いのならそれでいいんですかね?

    短い寿命なので、この子にあったものを見つけてやれるか自信がありません。

    亡くなったら、ずっと後悔ばかりしてそうです。

    いつもコメントはしていなかったですが、毎回楽しみにしています。

    また、楽しいお話し聞かせて下さいね♪

    ちゅーちゃんにも宜しくお伝え下さい(^-^)/

  2. wonwon | URL | tYvW6C8E

    教えてください

    いつもブログを読んで楽しませてもらい感謝しています。
    また犬との関係を築く上でとても示唆に富む内容である
    ので私にとってとても勉強になります。

    今回は犬の食事についての内容ですが、実は私は昨年の
    暮れから生食(BARF=Bone and Raw Food)を始めて
    います。

    ドッグフードは総合栄養食であると信じてそれを与えて
    きたのですが、信頼できる友人から生食を勧められて、
    それを実施してきました。

    その結果、体重は減りましたが毛並みや行動面での精悍
    さなどは、以前にも増して良くなってきたように思えま
    す。

    この際フードについて経験豊かなチューちゃんのパパに
    是非、お聞きしたいと思います。私の周りの獣医もさか
    んにドッグフードを勧めるのですが、どう考えても自然
    の食材の方が、防腐剤などの添加物が入っていないので
    健康的だと思うのですがどうでしょうか。

    うがった見方をすれば、獣医さんたちはドッグフードの
    会社の戦略に飲み込まれてしまっているように思えてな
    りません。

    ご意見をお聞かせ頂けると嬉しいです。

  3. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: お初です(^-^)

    ジルママさん、こんにちは! はじめまして。
    お読みいただき、ありがとうございます。
    うれしいお言葉、更新のモチベーションが上がるちゅーもんですよ。
    そうですね、ご飯の問題は、とても奥が深くて、重要ですね。
    でもジルママさんのそういう温かい気持ちが一番大切なものです。
    うちと同じ一歳半ですか。幸せなワンちゃんですね。
    ウンピの調子が良いということは何よりです。
    また今度、餌について書いてみますね。是非遊びに来てください。

  4. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: 教えてください

    wonwonさん、こんにちは。
    いつもお読みいただきありがとうございます。
    そうですね、今度これをテーマに
    自分の経験と考えを、いろいろ書いてみますね。
    実は私も、意見が真っ向から対立する専門家の間を
    右往左往試行錯誤、勉強の連続なのです。
    ところで、ピアノは買われましたか?
    電子を買ったばかりですが何だか私も生Gが欲しくなりました

  5. yuki | URL | -

    嫌犬権!

    こんばんは。
    そんな言葉があるんですかっ。
    どういう理由があるにせよ、命あるものを傷付けようとする行為には腹が立ちます。
    動物は言いたい事が伝えられないのに。
    棒で突く!? 思いっきりムカつきます(怒)
    ホント、動物が嫌いなら近づかないで欲しいですね。
    こんなBBAいつかきっと罰が当たりますよ。

    チュー君、顔だけ見ると子犬みたいですが、全体で見ると立派に育ってるんですね~☆
    やっぱり可愛いです。。。
    体調管理・餌の内容等、とても参考になります。
    私もドーベルマンを飼えるその日のために勉強させて頂いてます♪
    以降もよろしくお願い致します。

  6. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: 嫌犬権!

    yukiさん、こんにちは!
    そうなんですよ今思い出してもムラムラします。
    たまたま窓から見ていたら突然グサっと。
    ほんの少し挨拶代わりにワンワン言っただけなのに!
    でもまあ、怪我の功名なのかもしれません。
    人間は皆いい人と思っていたのか誰にでも人懐っこい性格
    だったのが、これでかなり警戒心が出たようです。
    知り合いのワンコで、人懐っこい子が盗まれた事があるので
    多少性格がすれても誘拐されるよりはマシかなと。番犬にもなるし。
    あの「かわいこチューちゃん」状態では、番犬になりませんからね。
    yukiさんも早くドーベルマンを飼えるといいですね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/150-03641f7c
この記事へのトラックバック