FC2ブログ

第127話 不気味な散歩

2012年10月29日 12:29

昨日は霧が濃かった。ここのような深い森の中で濃霧に視界を奪われると、遭難など下手をすると命に関わる。また、森には熊など危険な野生動物が居る。霧が音を吸収するのか、シーンと静まり返った薄暗い森の中で、時々恐ろしい悲鳴が響く。鹿の鳴き声だ。これが不安を倍増させてくれる。幽霊でも出てきそうなぐらい不気味な雰囲気の中、一人では、到底散歩する気にはならないだろう、それぐらいこういう時の森は恐ろしい。でもワンコには運動が必要だ。こんな時でも、頑張って散歩に行くしかない。それが犬を飼う者の責任というものだ。チュー太郎は、いつもの時間が来ると「散歩散歩♪」と、ソワソワしだした。


チュー太郎は、霧を見るのが初めてだったのだろうか。それともやはりいつもと違うこの不気味な雰囲気に、何かを感じたのか。あるいは本当に何か得体の知れないものが、近くに居たのだろうか。この日は、明らかにいつもと違う様子だった。前に出ようとせず、トボトボとした足取りで落ち着きがなかった。この子は、図体は、もうかなりデカイが、まだまだ子犬だなあと、つくづく思う。今日アップした動画は、そのときの様子だが、もう家に到着寸前で、霧も薄くなって、だいぶ明るくなってきているのに、それでもまだ妙に私にベッタリしている。何かを言いたげな表情で。



先日雨の中、散歩中に大きな鹿に出会い、その時も相当ビビっていたが、これはどうよ? この表情は、ようするに「パパ、ボク怖いでちゅ」と言っているのである。思わず笑ってしまうほどの可愛らしさだが、しかしドーベルマンとは、正にこういう状況のとき、何者かから主人を守る為に開発された犬種のはず。頼りになる先代チューちゃんなら、こういう不気味な雰囲気の中、奥深く入って行っても、全然怖くなかった。あの子は、森の王者のような風格があり、何が来ても絶対に守ってくれると思わせてくれた。チュー太郎は全く逆。パパが守ってくれると思っているようだ。まだ子犬だからか? 調教で私がリーダーシップを取り過ぎたのだろうか。服従し過ぎな感じがする。


これじゃあ熊とかが来たら、パパ一巻の終わりだね。ドーベルを連れているのに安心感ゼロ。本当に怖い散歩だった。 うーん、ガード犬としては失格か。でもまあ、可愛いから、いいかあ~。

IMGP7972_convert_20121029120655.jpg
役立たず ・・・ うん?呼んだ?という顔

IMGP8459_convert_20121029120129.jpg
暗い濃霧の森は本当に恐ろしい

IMGP8246_convert_20121029120043.jpg
暖炉の季節。寒い。そろそろ下山どきか


 


コメント

  1. そらぽん | URL | -

    年中、自然の中にいられたらどんなにか良いでしょうね。
    でも、日本の山の冬ははやり、厳しいのですね。
    暖炉の火がなんとも言えず温かな気分になります。

    私は、年中暑い国に居るので、ちょっと涼しいだけで「寒~い」って
    言ってます(笑)
    この間秋のNZに遊びに行ったら、骨からガタガタと震えて、心臓まひで
    死んでしまいそうでした。
    日本に帰ったら、冬が越せるでしょうか?

    娘は、ヴァイオリンも始めたことだし、いつかチューちゃんのパパに
    お会いして、色々と教えていただきたいです。

  2. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: タイトルなし

    そらぽんさん、こんにちは。
    そちらは暖かいですか?
    こちらは山ほどではないですが
    だいぶ寒くなってきました。
    寒さは免疫力を落としたりとか
    何かと危険ですね。
    帰国したら、どうぞお気をつけて。
    ヴァイオリン弾いてますか?
    大好きになってくれるといいですね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/140-e955e319
この記事へのトラックバック