FC2ブログ

第116話 愛犬用新車

2012年07月31日 14:56

チュー太郎もすっかり山に慣れ、今や山大好きワンコになっている。牛のようなドでかい凶暴なオス鹿にバッタリ会った時はさすがにびびっていたが、それ以外の動物にはもう怖がる様子も無く、最近は夜家に近づいてきた動物を追い払ったりしている。森に放すと、ビューンと走りまくり、「駆け足!」と号令を掛けると、自宅の時と同じように私の周囲を走る。路肩には興味を引くものがたくさんあるようで、散歩中頻繁に道草されるのは困ったものだが、散歩や駆け足はご飯前の空腹時にやるので、家の前で「チューちゃんご飯!」と声を掛けると、いかなる時もこちらへ吹っ飛んでくる。


人通りが多い湖畔などへ遊びに行くと、通行人から「あ、かっこいい~」などとよく言われる。しかしまだ月齢9ヶ月のチャキチャキワンコだ。前のチューちゃんのような落ち着きは皆無なので、噛むような事はもちろん無いが、飛び掛って服を汚したりしたら大変だから(犬に近づく以上服が汚れる事は覚悟して欲しいものだ)、リードを私の腰に巻き、首輪を掴んで迷惑をかけないよう気を使っている。昨日は山の中で、山にはおよそ場違いなヒラヒラのキレイな格好をした、ホテルの夏季バイトにやって来たばかりの2人組の女の子に、「かっこいい~」と声を掛けられた。大学生だろうか。とても可愛かった。この周辺を紹介したり案内をしたりして仲良くなるイイ機会だったが、遠出した後の夕食前のせいか、なんとこの時に限って低血糖症の急な発作が! おじさん目をひん剥いて突然震えだし、お二人さん、さぞ怖かっただろうなあ。逃げる様に行ってしまった。あ~あ。(苦笑)


糖尿病の定期健診の為に今日、山を降りなくてはならない。誰かチュー太郎を預かってくれないかと思ったが、何せでかくてヤンチャ盛り。小型犬しかもっていないご近所さん達には無理だ。まあ連れて帰るしかあるまい。ところでもうだいぶ前だが、私は車を変えた。今までは燃費の悪い車ばかりだったが、もう一人身だし、車で女性をナンパする気もないから豪華な車は不要。  私は、ある意味車の専門家だった(おまけに鈴鹿サーキットを走るほどのマニア)。そんな私が選んだ車がこれ。新車でおよそ70万円と激安。貨物の為用かエアコンは強力。真昼でもチュー太郎は涼しい顔をしている。ビニールとプラスチックの内装はタフ。万一粗相をされても平気。頑丈なシート表皮もグッド。掃除もとても楽なはず。犬用には最適な内装だ。


車の性能自体も良い。小型軽量で今時珍しい重心が低いタイプ。峠のダウンヒルでは、スポーツカーを追い掛け回せるほどスポーティな走りが出来る。2ドアだから窓が大きく運転手は広々快適。トヨタ系だからダイハツの品質は高いと予想。まあ予想通りだった。そして燃費が良い。燃料費は前の車レガシィターボの3分の一以下か。高速で登りになるとさすがに速度を維持できないが、下りなら大きな声では言えないようなスピードが出る。ノンターボ車だが、ターボなど不要だと思った。ターボの欠点を無くし燃費を良くするという最新鋭のハイテク高圧ターボシステム対この激安シンプルシステム。この勝負、少なくとも軽量のアドバンテージ(+自然吸気のレスポンスの良さ)で、下りの峠はこちらの圧勝だね。おすすめの一品。

IMAG1247.jpg
タイヤを含めノーマルのまま。これで充分。バイザーが峠で視界をさえぎり酷く邪魔

IMAG1311.jpg
和室の寝室で寝るようになったチュー太郎

IMAG1312.jpg
許可した覚え無し!とチュー太郎に言ってるところ

IMAG1317.jpg
「な~に?」と出て行くどころかベットに上がりこむチュー太郎!

IMAG1308.jpg
けっきょくパパのそばがいいんだね。ま、いいか。


出来るだけ小さな合図で呼び寄せてみる
 
 


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/129-220f4e24
    この記事へのトラックバック