FC2ブログ

第110話 これって臨死体験?

2012年06月23日 13:10

先日病院でひどい目にあった。その日は、とても蒸し暑い日だった。その前夜は、ある韓ドラに深夜まで夢中になり、そのドラマの影響で主人公と一緒についつい焼酎をぐいぐい飲み過ぎ、ベットに入ってからも、悪役達の悪行に憤り、主人公に代わって腹が立ってなかなか眠れなかった。つまり、二日酔いと、睡眠不足の状態で、朝フラフラと糖尿病の定期健診に向かったわけだ。健診のときは、まず血液検査をする。それまでは食事は出来ない。朝食抜きであの蒸し暑い中歩くだけでも、人によっては危険性があるだろう。


そのとき外見上私は普通だった。看護婦さんもいつもどおりに血を抜いていた。だが血を抜かれているとき、今までには無かった事だが、少し気分が悪くなった ・・・ そのあとの記憶は、現実なのか妄想なのか、正直よく分からない。とにかく、数人に抱えられ、ベットに寝かされた。血を抜き終わったころ、私の容態が急変し、びっしょり冷や汗をかき、その場に居たナースや医師たちは、危険な状態と判断したようなのだ。彼らの言葉でかすかに覚えているのは、何とかが「80です!」と言っていたこと。「酸素を」「無呼吸」、そんな単語も覚えている。


だが私は、変な話だが、なんとも無かった。痛くも痒くもなく、ピンピンしていた。自分ではいつもと全然変わらない状態だったのだ。だから皆さんに私は、何度も何度も、「?大丈夫ですよ。何ともないですよ」と繰り返し言った。しかし、婦長さんらしきベテラン看護婦さんは、私の言葉を無視し、「××さん、しっかりしてください!呼吸をしてください!」と大きな声で私に迫った。私の目をこじ開け、ライトを当てていた。ズボンを脱がされ、シャツもめくりあげられた。私の顔面に迫る医師とその看護婦さんの顔を覚えている。ずぶぬれだった汗をふき取り、腕や体をさすってくれた。ああ、病院で息を引き取る時は、こんな感じなのだろうか、と思った。不謹慎だが、さすってくれてるのが、婦長さんでなく、すぐ側に居るあの若い可愛い看護婦さん達ならなあ~、と思った。もしそうだったら、心置きなく天国へ行っちゃったかもしれない。


ずいぶん経ってから、「大丈夫ですよ?全然」という私の台詞が、やっと通じた。周囲が一瞬にしてホッとした表情に変わったことを覚えている。つまりそれまでは、私が身振り手振り一生懸命話かけていたことが、彼らにはまったく伝わっていなかったのだ。怖い話だが、愛想を振り撒いていたその私は私ではなく、肉体から離れた私の幽霊だったのだ、てこと? まあ、合理的科学的に考えるのなら、いつもと同じようにしゃべっていたつもりでも、脳の思考をつかさどる部分が正常に台詞を作っていても、しゃべる器官をコントロールする部分が正常に働いていなかった、ということなのだろう。実際の私は、死んだようにそこに横たわっていたわけだ。


そして「××さん、深呼吸をしてください、ゆっくりと、さあ頑張って」と言われ、深呼吸をした。すると危険な数字が改善したようで「××まで回復しました。深呼吸すると回復します!」と言っていた。やれやれである。連絡を受けた内科の私の担当医も飛んできて診てくれたが、いつも混んでいて一時間待たされるのが普通だ。私が最優先にされてしまったが、私の前に大勢並んでいた人達に申し訳ない気持ちでいっぱいだった。「大丈夫ですよ」と言って、歩いて内科まで行こうとしたら、先生から「とんでもない!」と言われ、内科までその先生に車椅子を押してもらった。ああ何と言う事だ。貴重な時間を浪費させてしまった。で、とりあえず入院しましょうとおっしゃるが、入院となると、チュー太郎が大変だ。何とか入院だけは避けたかった。


結局2時間点滴を受け、それで状態が良ければ帰宅OKということになった。そして無事帰ることが出来た。何も知らないチュー太郎からは、「パパお帰り~」と、いつものように熱烈歓迎を受けた。良かった良かった。とにかく、こいつが天寿を全うするまでは私は倒れるわけには行かない。健康管理にはいっそう気をつけねば。BS放送の多チャンネル化以来、面白い韓ドラが目白押し。今回の教訓を生かして、見過ぎに注意!主人公にあまり感情移入しない!つられて焼酎をあおらない!等々、本当に気をつけねば。そうだ、悪役が活躍する部分は全部早送りにしよう。2倍速だ!いや10倍速だ!うんにゃ30倍速だ!・・・

IMGP7036_convert_20120623124051.jpg
原因は特に無い。数字は全て正常。血を抜いているとき時々そうなる人がいるらしい

IMGP7074_convert_20120623124407.jpg
おやつを食べるチュー太郎

IMGP7073_convert_20120623124234.jpg
もっとちょうだいと可愛いおねだり

IMGP7010_convert_20120623124611.jpg
私の2つの宝物、バイオリンとチュー太郎

IMGP7026_convert_20120623123943.jpg
大切にしなくては ・・・



 


コメント

  1. びっくり!

    チューちゃんパパさん大変でしたね。

    と言うか、私驚いて涙が出てしまいましたよ。
    しばらくアップが無かったのでまさかと心配していました。
    大事なチューちゃんがいるのだから韓国ドラマはほどほどにね。
    そんなパパさんの体をさすって貰うのは婦長さんで上等です!

    なんてお説教はこれくらいで、久しぶりにチューちゃんの姿が見られて嬉しいです!
    成長しているのにまだあどけなさが残っていて、それでいて凛々しくていいお顔ですね。

    チューちゃんともう一つの宝物があんなに近くにあってもいたずらしないのですか?
    お利口さんですね。

    どうかお体を大切にチューちゃんとの生活を楽しんでくださいね。

  2. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: びっくり!

    こんにちは-ハッピーママさん。
    ご心配をおかけし申し訳ありません。
    なにちょっとした暑気あたりのようなもので
    あんな大騒ぎになってしまい恐縮しています。
    でもまあ、
    まだ体が蒸し暑さに慣れていない時季だから、
    熱中症とか、かなり危険といえば危険ですね。
    助かって凄くラッキーだったのかもしれません。
    バイオリン、そういえばそうですね、
    チュー太郎、絶対に近づきません。
    だから怒った事は一度も無いはずですが、
    何か恐怖のオーラでも感じているのでしょうか。
    「これに悪戯したらボク死刑かも!」てな感じの。
    まあ確かに、万一そんなことをしたら、焼肉にされるかもしれません!(ジョーク)
    そういえば、
    前に、南極で遭難した英国の探検隊の映画を見たのですが、
    可哀想にワンちゃんたち焼肉にされてました。
    「あいつ本当に美味いな~」とか「こんな美味い肉は初めてだ!」
    とか言ってました。有名な実話だそうです。

  3. そらぽん | URL | -

    チューちゃんのぱぱさん!なんということでしょう。
    夏場は、ペットボトルを持ってお出かけしてください。
    ここ南国フィジーでは、娘には必ず水筒を肩から掛けさせて、
    私のバックにも忍ばせています。
    ちょっと塩っぽいものを食べて、お水を飲んで出かけてくださいね!!!
    本当、チューちゃんが路頭に迷うようなことがあってはなりません。
    お互い、健康には注意して、くれぐれも無理のなさらないようにしてください。
    それにしても、男性って看護婦さんのくだりは皆同じようなおちで笑っちゃいます。
    私、この夏日本に一時帰国するのですが、胃カメラを飲みます。
    で、鼻からか口からかどちらが良いか尋ねたところ、男性は、
    自分の経験を語る時、必ず看護婦さんにさすってもらって気持ち良かったとか、
    そういう話ししかしないので、参考にならなかったです(笑)
    まあ、それはさておき、お互い大事な子供を置いて倒れられないですね。
    お大事に。

  4. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: タイトルなし

    こんにちは、そらぽんさん。
    ほんとお騒がせし申し訳ないです。
    そう、塩と水ですね。
    素人考えですが、おそらく
    朝食抜きでふらふらの熱中症のところへ
    血をたくさん抜かれ、とどめを刺された
    というところでしょうか。
    >男性は一緒・・・
    悪乗りついでに一つ言わせてもらえば、
    どうもあの若い美しい看護婦は、
    実際には存在しないようなのです。
    助平な私の幻覚か、あるいは天使か死神か。
    だって汗拭きや体さすりの重労働を
    側に若い子が居るのに年長者がやりますかね?
    もう一年も通ってますが、あんな子見た事が無いし。
    凄い美人だった。・・・~~ひゅ~~。こわ。
    長旅ですね。そらぽんさんもどうぞお気をつけて。

  5. ren | URL | H3.T54zY

    あらま!
    ダメじゃないですか、パパさん。
    ただでさえ気を付けていらっしゃらないといけないハズなのに。
    パパさんに何かあったらチューちゃんが生きていけませんよ!

    でも、大事に至らずに済んで何よりです。
    良かった。

  6. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: タイトルなし

    こんにちはrenさん
    そうなんですよ、ヤバかったんです。
    ひとりだから、ホントうっかりできませんね。
    何か対策を考えねば・・・
    対策案その1 嫁さんをもらう
    対策案その2 兄弟甥姪に頼んでおく
    対策案その3 ご近所に頼んでおく
    etc
    チュー太郎の安全を考えると、
    犬好きの嫁さんをもらう事が一番だろうけど
    さえないおっさんだからちと難しいですね。
    とにかくまず、誰にでも好かれる可愛い可愛いドベにしなくては

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/123-f5761f34
この記事へのトラックバック