FC2ブログ

第105話 犬との散歩の良い所?

2012年05月13日 18:49

チュー太郎が退院して今日で一週間。順調に回復してきている。特に今日当たりはかなり回復したように見える。一時期また傷口が少し腫れてきて、(間違って)そこを少し触れただけでも大袈裟に痛がっていたが、今日は触れてはいないがそういう素振りが無い。「バーン」と言ってひっくり返して、なでなでしながら、気味悪いぐらい真っ白な腹を、そして傷口を、日光浴させてみたが、とても気持ち良さそうだった。今日はその腫れもほぼ見えなかった。液を出すために突き刺さっていたストローのあとだけは、まだ傷口が残っているが、これももう時間の問題のように見える。ただ、痛がるので詳しくは触っていないが、内部の縫い目は、よほど頑丈に縫ったのか、まだはっきりとそれが分かるほど残っている。まだまだ元通りとはいかないようだ。手術前のような激しい運動は、来年とか、かなり先の話だろう。


調教の方は、ほとんど崩れていなかった。最初だけ、落ち着いて横につけず、まるでよその子のような違和感、というか、引っ張り感があったが、すぐに思い出してくれたようで、きちんと私の指示を待つようになってくれた。例の自宅直前の最終コーナーでも、淵が私で車道側がチュー太郎だが、近回りしようとせず、私にピッタリついて直角に回ってくれた。相変わらず散歩中いろいろなものに好奇心旺盛だが、これはゼロ歳児だから当然で、悪い事ではない。こういうとき私は、「待て」をかけ、なんだかのコマンドを出した上で時間を与え、充分学習させる事にしている。そうすると次からは、それにあまり興味を示さなくなる。ここ数日慎重に少しずつ散歩の距離を伸ばし、新しい場所を体験させているが、この方式で順調に進歩してきた。


しかし今日は少し失敗があった。ご近所で初めて見る子だが、ハタチぐらいの、極めて大胆な服装のお嬢さんと道で出会い、その太ももに「チュー太郎」が、「ウヒョー♪」と大興奮してしまい、この厳格な調教方法が完全におろそかになってしまったのだ。彼女が、「わ~可愛いワンちゃんですね!」とヨシヨシしてくれたので、チュー太郎は、おそらく次回会った時もおおいに興味を示すはず。横にピッタリ付いて歩く事などすっかり忘れ、私の命令など無視して、お姉さんに向かって一直線に突進することだろう。実にケシカランことです。(祝)

seg_convert_20120513174724.jpg
腫れは、ほとんど見えない。ペニスもまっすぐ立っている

seg+(1)_convert_20120513174843.jpg
ストレス解消のため一定時間ごとに鎖から離す

seg+(2)_convert_20120513175029.jpg
走りたくて仕方がないようだ。すぐにダッシュしてしまう。

seg+(3)_convert_20120513175111.jpg
走るのをやめさすために別の方法でストレスを解消させる

seg+(4)_convert_20120513175156.jpg
サメのような牙。やっぱ肉食獣だね

seg+(5)_convert_20120513175253.jpg
でもおりこうだから肉は噛まずズボンを噛む

seg+(6)_convert_20120513175859.jpg
興奮させるように足を動かす

seg+(7)_convert_20120513175946.jpg
おかげでズボンはボロボロ。もちろんあまり良い事ではないが、これでストレス解消になれば

seg+(8)_convert_20120513180037.jpg
りりしい顔

seg+(9)_convert_20120513180153.jpg
かわいい顔。 チビッ子チューちゃん本当にかわいいね!


 


コメント

  1. 元気なチューちゃん!

    チューちゃんのお顔いきいきしてますね。

    パパさんも我慢された甲斐がありましたね。

    チューちゃんもお礼の気持ちをこめて、お姉さんにウヒョー!
    してパパさんのために一役買ったのね。(あら失礼!)

    パパさんのかわいいスリッパは、もうすでにチューちゃんのおもちゃかな?

  2. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: 元気なチューちゃん!

    ハッピーママさん、こんにちは!
    はは、思いっきり引かれそうなエロいジョークに
    心やさしく反応して頂きありがとうございます。
    はい、チュー太郎の写真に、生き生き感を表現する為に、
    楽しく色々試行錯誤しています。
    実物はもっともっと表現豊かで生き生きしています。
    写真て、面白いですね。
    あの高価なスリッパは、モップ替わりになって、歩くだけで
    床がピッカピカ~と言う謳い文句でしたが、私の場合、
    重量オーバーで!残念ながらあまり効果がありませんでした。
    はい、今は普通の別のスリッパに夢中なせいか、幸い無事です!

  3. yuki | URL | -

    良かった。。。

    はじめまして。
    先日ドーベルマンのブログを色々見ていて、こちらに辿りつきました。
    チューくん、順調に回復のようで良かったです。
    え!?まさか…!?…て感じで、はらはらしてました。
    本当に元気になって良かった~♪
    これからも読ませて頂きますね。
    何年か先ですが、ドーベルマンを飼う予定です。
    しつけ等、参考にさせて頂こうと思っています。
    チューくん、可愛い過ぎです(^^

  4. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: 良かった。。。

    yukiさん、こんにちは、はじめまして!
    コメントありがとうございます。
    このブログも早百話を超え、話のネタも尽きがちで、
    更新も少々負担になりつつありますが、
    このような暖かいコメントを頂くと、とても励みになります。
    ドーベル、いいですよ。大型犬が飼える環境なら、
    数ある犬種の中でも、最良の選択のひとつだと思います。
    ある番組で見たのですが、ドーベルはもっとも進化した犬種
    のグループに入るそうですよ。

  5. yuki | URL | -

    知れば知るほど

    こんにちは。
    そうなんですね(^^
    知れば知るほど、ますます興味深いです。
    チューくん家のように広い庭があるところに住む事が出来れば
    いいんですが、室内飼いだと犬側が辛いでしょうか。
    と、言ってもまだまだ先の2年後以降になるのですが(^^;
    早く未来の息子?娘?に会いたいです。
    チューくんの写真これからもたくさん載せて下さいね☆

  6. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: 知れば知るほど

    こんにちは。
    そうですね、広い庭があったほうがいいです。
    でも私の場合も、一年の半分ぐらいを過ごす別荘では、
    敷地は広いですが、仕切りが無いので、
    散歩の山歩きの時以外は、基本的に室内飼いです。
    その経験から言うと、飼い主の努力しだいで、充分可能だと思いますよ!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/118-8fd892c5
この記事へのトラックバック