FC2ブログ

第102話 手術成功~半月のお別れ

2012年04月24日 14:59

土曜日に予定通りの診察をしてもらい、そのまま緊急入院。翌日手術となった。日曜の朝に電話があり、今から麻酔をかけて昼から手術するという。この日は酷い雨だった。外を見ていると、風も相当強かった。 ・・・ なかなか電話が来なかった。ああかなり苦戦しているのか、と思った。そわそわしながら私はひたすら電話を待ち続けた。そしてやっと電話が鳴った。手術は成功した!そして全身麻酔から生還し、現在意識混濁状態だが、順調に覚醒しているという。  私が行けば、喜び、大興奮状態となり、里心も付いてしまう。前回をもはるかに上回る大変な手術が行われ、チュー太郎には当分の間絶対安静が必要だ。会いたいのなら、まだボ~~としている今しかチャンスは無い。私は院長の許可をもらって、大雨の中、車に飛び乗り、病院へ向かった。


到着すると、やれやれと虚脱状態の3人のナースが居た。いつも「チューちゃん」と、チュー太郎を可愛がってくれる若い女の子たちだ。日曜日の朝から緊張を強いられる大手術をやり遂げ、予断は許さないがとりあえずほっとした、という表情にみえた。「チューちゃん、お父さんが来たよ~」とナースから言われても、チュー太郎はまだボ~としている。私は、いつものように、チュー太郎を撫で回した。すると徐々に意識を取り戻してきた。よほど泣いたのか、目の周りが、べったりしていた。「偉いぞチューちゃん、よくがんばったね」と私が声をかけると、「きゅい~ん」と、か細い声も出した。


先生に寄れば、内部でほどけた糸が引っ張られ、鋭利な刃物のような状態になり、お腹の中を切り裂いていたという。手術でその切れたところを丁寧に縫い、出血で汚れた内部をキレイに洗い、そして閉じたという。何故こういう状態になったのかは分からない。なんだかの不運が重なったのだろう。だがはっきりしている事がひとつある。あのまま放置すれば、チュー太郎は非常に苦しんだ挙句、早死にしただろう。院長に、チュー太郎の腹を開いた状態の写真を見せられ説明を受けたが、正直完全に内容を把握できたわけではない。ただ、大変な手術を成し遂げてくださった事は間違いない。日曜の朝から頑張った先生と可愛いナースたちに、心から感謝申し上げたい。


縫い目には、湧いてくる液を抜く為のチューブが刺さっていた。今度は絶対入院が必要とのこと。一ヶ月か、最低2週間は必要だという。そしてその間やはり面会もよろしくないという。寂しく悲しい話だ。チューちゃんと会えなくなって今日でもう何日たったろう。ん?日曜に会ってるから、まだ月曜に会ってないだけか。それなのにこの強烈な孤独感は一体何だ? 月曜の朝に電話を入れてチュー太郎の様子を伺ったが、無事順調とのこと。先生も看護婦さんも忙しそうだった。私が電話する事で業務に支障があってはならない。電話も遠慮しよう。もう病院からの電話を待つしかあるまい。そういえば、一ヶ月入院するとして、手術代とあわせて会計はいったいいくらになるのだろう。戦々恐々である。だがまあ、それにしても良かった。あのまま死なせてしまっていたら・・・ほんと大変だったろう。 元気になってね。長生きしてね!チューちゃん


srd+(3)_convert_20120424143545.jpg
少し前の写真。朝の光の中で。

srd+(1)_convert_20120424143200_20120424144230.jpg
夜、寛ぎのともしびの中で。振り返ればそこにチュー太郎

srd_convert_20120424142537.jpg
パパを見つめる目

srd+(2)_convert_20120424144350.jpg
愛くるしい表情。
私にとって既に如何に大きな存在になっているかが分かる写真
・・・もしまた機会があって停留睾丸摘出の手術をするかしないか。
これは正直分からない。ただリスクが高い事はよく分かった


 


コメント

  1. | URL | -

    チューちゃんよかった。神様チューちゃんを救ってくれてありがとう☆☆まだ入院必要だけど もう少しで帰れるね!!もう辛抱頑張ろう。

  2. そらぽん | URL | -

    痛々しい。。

    チューちゃんの容態はやはり重篤なものだったのですね。
    素早い再手術が受けられて、そして成功して良かった。
    これから順調に回復してくれることを祈るばかりですね。

    チューちゃんのパパの寂しさよくわかります。羽がもぎ取られたような、
    一人でいてもなんかフワフワしたような、支えがないような感じですよね。
    今のうちに、家の直すか所ややらずに置いておいたことなどをかたずけておく
    のに時間を使うというのはいかがでしょうか?
    チューちゃんが帰ってきたら、ますます快適な暮らしができるように。

    それにしても、猫とドベの相性は良くないのですね。
    今日も、猫が命がけでわが家のデッキにやってきました。
    餌をやっている間、アンは、苦手な階段を上ってきて、いつもは禁止しているデッキに
    なんとかして侵入を試みました。
    でも、猫の方は私を盾に、美味しそうに餌を食べミルクもしっかり飲んで、肝が据わって
    いるんです。アンは、もう右往左往してワンワンと叫びまくり大変でした。
    今は、もう夜10時前なのですが、まだ猫がそこにいると思って、そわそわときゅんきゅんと泣いています。

    言葉でも「猫もファミリーなんだから、アンも仲良くしてね。」と言い聞かせていますが、
    上目使いで反抗のまなざしです。
    目の前で猫がアンにかまれてしまうなんてことが起こらないように祈るばかりです。

    またまた、チューちゃんのパパの大変な時にアドバイスいただき、本当にありがとうございました。
    また、引き続きよろしくおねがいします。

  3. ren | URL | H3.T54zY

    とりあえず、一安心ですね。
    小さい時にこんな大きな手術をしたんだから、
    これから先は病気や怪我はしませんよ、きっと。

    帰ってくるのが待ち遠しいですね。
    でも今はじっと我慢。
    会えない分、帰ってきた時はより一層絆が深まってますよ!

  4. 無事に手術が終わって本当に良かったです。
    チューちゃんはパパさんのことを思い、パパさんもチューちゃんのことを思い、
    一心同体で頑張っているんだなぁって感じます。
    チューちゃんは愛情たっぷりで、優しいパパさんの子供になってほんとに良かったね。
    おうちに帰って来た元気なチューちゃんの笑顔が楽しみです。
    パパさんみんなが応援してますよ。

  5. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: タイトルなし

    > チューちゃんよかった。神様チューちゃんを救ってくれてありがとう☆☆まだ入院必要だけど もう少しで帰れるね!!もう辛抱頑張ろう。

    こんにちは!ありがとうございます。
    一生の間の、ほんの数週間ですからね。ここは心を鬼にして
    入院がたとえ閉じ込めの刑であろうと、我慢させないといけませんね!

  6. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: 痛々しい。。

    そらぽんさん、こんにちは!
    お言葉に従い、現在色々と忙しくしています。
    今日などは、家の中を大掃除して、素晴らしく快適になりました。
    チュー太郎は庭と家の中を比較的自由に行き来しているので
    今までは家が犬小屋状態でしたが、靴を履いたまま入らない日本式の家では
    これはやはり無理がありますね。う~ん。
    ふふ、その猫ちゃん、なかなか賢い子みたいですね!

  7. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: タイトルなし

    renさん こんにちは!
    チュー太郎、どうしているか、こっそりと
    ちょくちょく覗きに行っているのですが、
    順調に回復しているようです。
    可愛いナース達に囲まれ、ちやほやされているようです!

  8. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: タイトルなし

    ハッピーママさん、こんにちは
    温かいお言葉、本当にありがとうございます。
    帰ってきたら、たっぷり可愛がってやるつもりです。
    その時は、しっかりアップしますね。
    ・・・かなり重篤だったので予断を許しませんが、
    きっときっと健康になると信じています!!!

  9. MARIA-mama | URL | -

    えっ?!(*_*;

    しばらくぶりに伺ってみたら、大変な事になっていたのですね。

    他の方も書いてらっしゃるように、幼い時に生死の境までたいけんした仔はその後の人生(犬生)を丈夫で大往生する傾向が高いようですね。

    きっとチューちゃんもそうなっていくでしょうね(^_^)v

    暫くはさびしいでしょうが、パパさんもチューちゃんが帰って来るまでにご自身の体調を整えて、ご自愛下さいませ(*^^*)

  10. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: えっ?!(*_*;

    MARIA-mamaさん、こんにちは!お久しぶり
    ワンちゃんたち元気にしてますか?
    そうなんです、うちはたいへんなことになってました。(涙)
    そういう子は逆に長寿に~と、本当にそうなるといいですね! ^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/115-a8c689f0
この記事へのトラックバック