FC2ブログ

第97話 奴は偽ドーベルだった!?

2012年03月22日 14:51

と、思わず思わせる事態が起こった。なんとうちのチビ助の毛が、モコモコふさふさしてきたのだ! 前から手触りが妙というか、やたら良かったのだが、うーーん、イシュやチューちゃんにはこんな感じは無かった。全然違う。前の二頭はアメリカンで今度はヨーロピアン。その違いだろうかと思って色々調べてみたが、どうもそんな違いはないらしい。ネットで知り合った人に聞いてみたら、「ああそういうのを偽ドーベル、すなわち雑種というのですよ」と笑われてしまった。チュー太郎、お前ニセモノだったのか! ・・・ んなわけないわな。どこからどうみてもチュー太郎はドーベルマン。ごめんね疑って。というか、ニセモノだろうが何だろうが、チュー太郎はチュー太郎だからどうでもいいのだが。それにしても変わった奴。ふ、毛ふさふさは、ある意味うらやましい。


ドーベルマンと馬は、手触りがとても似ている。まあ馬にも毛がモコモコする奴がいるが、乗馬に使う馬はたいていドーベルと似た短毛だ。私はこの感触がとても好きだ。しかも馬は巨体。ドーベルも良いがしょせんワンコは小さい。500kgにもなる馬の大きさはその10倍だ。馬の抱き心地は本当に素晴らしい。犬と違い馬は汗かきなのでよく洗うが、水切りをしっかりやればすぐに乾く。水切りは、例えば、いまチュー太郎に使っているのは、入浴剤か何かのプラスチックの丸いフタ。洗った直後にこれで体の線や筋肉に沿って上手にこすれば水がざぶざぶ落ちる。これでほとんどOKだが、仕上げに乾いたタオルで拭けば、すぐにふんわりふかふかになる。巨大な馬でも私はこれで、短時間で出来た。(水切りがヘタで長時間濡れたままにされている子を見ると、特に冬は、気の毒で仕方がなかった)


先日今公開中のスティーヴン・スピルバーグ監督の新作「戦火の馬」を観た。「馬にあんな知性が有るはずが無い。他愛も無い動物ファンタジーだ」と一般の方や馬で商売をされている方からは思われるかもしれないが、長年ひとつの馬を大切な家族として一緒にすごしてきた私には、あの映画には感情を大きく揺さぶられるところがあった。「いや~馬ならあれぐらいの知性は普通だよ」とむしろ言いたいぐらいだ。ワールドカップサッカーのようなお祭り気分で始まった第一次世界大戦。これが後のその延長戦ともいえる第二次世界大戦等を含め人類史上最悪の悲劇をもたらすわけだが、この映画はその最初のお祭り気分をよく表している。主人公の馬が数奇な運命によって敵味方両側で働く事で、両軍実は同じ人間同士なのに、大した意味も無く何百万人もの人命を奪うほど殺しあうという、このむごい戦争の愚かさを示唆しようとしているのだろうが、いかんせんエピソードが多過ぎ2時間半では無理。韓ドラのように各エピソードをくどいほど丹念に描く手法ならこれは凄い作品になったと思う。もっともそれには20話20時間ぐらいはいるだろうが。


この映画を見て、10年共に過ごした愛馬ロンロンを思い出す。感情表現が豊かで、泣いたり笑ったり、シュンとしたり得意満面になったり・・・あいつは、私が手放してからどんな末路をたどったのだろうか。苦しまなかった事を祈りたい・・・。いずれにしても動物の寿命は短い。愛するパートナー達に次々に先立たれ、最後は独りぼっち。それが動物を愛する人間の運命だ。この映画では、奇蹟が起きて、死んだはずの愛馬との再会を果たすが、私なら、あの場面は、号泣して抱きつくだろうな。いや、私以上にロンロンが大興奮して、あのでかい図体で突進してきて、とても危ないかもしれない・・・


fds+(9)_convert_20120317145809.jpg
「チューちゃん偽物だったの?」とからかわれ、ふてくされるチュー太郎

fds+(8)_convert_20120317145720.jpg
問題の毛。分かりやすいよう腹で。いくら冬毛でもこれはすごい

tjyg+(2)_convert_20120322014321.jpg
でも可愛さはバツグン。親馬鹿かもしれないがうちの子はハンサムだ

fds+(1)_convert_20120317144916.jpg
すぐじゃれ付いてくる。甘えん坊な性格が可愛い

fds+(7)_convert_20120317145508.jpg
パパを見つめるチュー太郎

fds+(4)_convert_20120317145257.jpg
噛み噛み用の古着。これが無いと他に被害が出る

fds+(6)_convert_20120317145400.jpg
噛んでいるのは主に歯ごたえが良いように結んで団子状にした部分

fds+(3)_convert_20120317145141.jpg
ドーベルはほとんどなかない。それがちと寂しいときがある

IMGP5600_convert_20120317145841.jpg
枝を切る。切った枝が庭を占領。でかい木なので少し伐っても後の処理が大変




コメント

  1. ren | URL | H3.T54zY

    私は馬には詳しくありませんが、ドーベルマンと似てると思います。
    ロンロン(ちゃん?くん?)が幸せに暮らしているといいですね。

    チュー太郎は見た目はどう見てもドーベルマンですよ。
    仮に雑種だとしても、チュー太郎はチュー太郎ですから♪
    それにしてもスクスクと大きくなりましたね。

  2. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: タイトルなし

    こんにちは~
    ふふ、あの記事はrenさんの
    ビーデル抱き抱きの記事をヒントに書いたのですよ
    最近快調ですね!いつも楽しく読んでます
    (うんぴーの写真ナシは正解です!)
    はい、すくすく育ってます
    知能もどんどん発達してきています
    イタズラもどんどん高度化してきています!ク~

  3. MARIA-mama | URL | dXqiJ0IU

    ウチの場合…(^w^)

    最近、B&T立ち耳ドベとチョコ&タン垂れ耳ドベを2頭引きで散歩してるのですが、BT立ち耳ドベは『見るからにドーベルマン』と判るようで『コワいけどカッコイい』なんて云われてます…

    …ンが(笑)

    『あの、その隣にいる茶色いのは何て云う犬種ですかぁ?』とよく聞かれますよ~(>_<)

    『ドベですが、何か?』と意地悪に答えてますが(笑)

    いまだにドーベルマンギャングやバイオハザードのイメージが先行してますよねっ。

    これ以上ない位にベタベタの甘ったれで、見た目と正反対なドジかます『天真爛々』なんだけどね~

  4. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: ウチの場合…(^w^)

    MARIA-mamaさん こんにちは~
    そうなんですよ、うちも前の子達で、よくそう言われてましたよ。
    耳切ってないとドーベルとは思われないようですね。
    まして「茶色」では、マニアでない限りそうでしょうね。
    前にNHNBSで英国のドーベル集団を見たのですが、
    「ええ?これがドーベルなの?」と驚いた、
    ブルドッグ?見たいな丸い顔をしたワンコ達でした。
    その英国の番組では、これぞドーベルマンと言ってましたね。
    「へ~」と感心しながら見てました。私のイメージも、
    彼らから見ると日本独特のものかもしれません。

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/110-0095e959
この記事へのトラックバック