FC2ブログ

第94話 ドーベルマンつがいで捨て犬!

2012年02月17日 18:49

今日生後4ヶ月のワクチンのために動物病院へ行ったら、酷い話を聞いた。先日三重県桑名市の臨海地区で、ドーベルマンがオスメスのつがいで捨てられていたらしい。ボロボロになって捨てられたのか、捨てられたからボロボロになったのかは不明だが、保護した桑名保健所の話によれば、かなり可哀想な状態だったという。担当者がよほど頭にきたのか、付近の動物病院に片っ端から電話し、ドーベルマンのつがいを飼っていた人の情報を集めているのだそうな。「うちにも問い合わせがあったんですよ」と獣医さんが話していた。それよりも、動物虐待(遺棄)で警察が動いてくれるといいのだが。これは捕まれば50万円以下の罰金刑が科せられるれっきとした犯罪。このケースなどは本気で捜査すればすぐにでも犯人を検挙できるはずだ。こういう連中を増やさない為にも、ぜひ検挙すべきだと私は思う。だいたい罰則も軽すぎる。


それにしても哀れな・・・。保健所の情報サイトを見ると、公示期間は2月21日までとなっている・・・。
桑名保健所の迷子犬」 
幸せいっぱいな顔をしているうちのチビ助を見ながら、先生と私と看護婦さんの3人は、思わず溜息をついてしまった。最近は軽自動車ばかり売れて昔のように大きな車は売れなくなった、というのと同じように、最近はドーベルマンのような大きな犬を飼う人はめっきり減ってしまったのだそうな・・・。もし助けてあげられる人がいたらぜひ・・と切に思う。そういえばうちのチビ助も、半分捨て犬だったようなものだ。障害のある子だったし、もし私が引き取らなかったら、どうなっていたことやら。


その障害といえば、停留睾丸の件だが、片方はすくすく育っている。大きな立派なチ○ポとこの金の玉。これでこの玉が2つあればよかったのだが、片方は今日の触診でも未だ見つからない。つまり摘出手術するにしても、手術中にあっちこっち探すという極めてまずい状況になる。雌の卵巣摘出のように有る場所がはっきり分かっている手術とはリスクが全然違うのだそうだ。そんなに早く癌化するわけではないので、もうしばらく様子を見ましょうという話だった。また、心配された、体が兄弟よりも極端に小さいという件は、注意深い餌の与え方と適度な運動のおかげか、順調に体重が増加している。


チビ助の動物病院は、知り合いから評判を聞いて新しく選んだ所だが、今日先生からチビ助のことを、「ドーベルマンのイメージが変わるほど、おとなしくてオリコウですね」と褒められた。うーん、そう言われて悪い気はしないが、実は複雑な心境だった。というのは、アップした今朝の写真のように、動物病院へ行くまでは、もうそれはそれは今日も元気いっぱいにサッカーボールを追って庭中を駆け回り、ロープに食らい付いてはガオガオ吼えまくっていたのだが、それからほんの一時間後、病院へ到着したとたん、腰を抜かしてへたり込んでしまったのだ。「うん?どうしたのチューちゃん」と聞くと、「嫌でチュー!」と中に入ることを硬く拒み、ふんばって抵抗、仕方がないのでこのクソ重いワンコを抱っこして中に入った。いったい何故?・・・たぶんこのとき病院内で、猫の大合唱が起きていたせいだろう。なさけないやつ。それでもドーベルマンかチュー太郎~。喝!

dhf_convert_20120217175347.jpg
今朝もうれしそうなチュー太郎。(結局3代目チューちゃんの本名はこれに決定)

dhf+(1)_convert_20120217175549.jpg
元気良く飛びつくチュー太郎

dhf+(2)_convert_20120217175732.jpg
笑える顔

dhf+(3)_convert_20120217175917.jpg
笑える顔②。ガオガオ言っている。

dhf+(4)_convert_20120217180051.jpg
パパからゲットしうれしそうな顔のチュー太郎

dhf+(5)_convert_20120217180235.jpg
リビングを覗くチュー太郎

dhf+(6)_convert_20120217180320.jpg
何を思ってか舌なめずり

dhf+(7)_convert_20120217180548.jpg
甘えた顔

dhf+(8)_convert_20120217180704.jpg
かわいいポーズ

dhf+(9)_convert_20120217180841.jpg
最近購入したカメラ用リモコンで記念撮影。新物に興味津々な様子


 


コメント

  1. MARIA-mama | URL | -

    ドベ

    密かに携帯にブックマークしてブログをこっそり覗き見ていました。
    ♂♀ペアで捨て犬なんて!
    しかもパピっ仔とは…
    改めまして、MARIA-mamaと申します。
    今、私のとこには3歳8ヶ月のB&T♂ドベに8ヶ月のチョコタン♀ドベと1歳7ヶ月の虎柄♂グレートデンがおりまして…

    BTは一昨年、飼育放棄で庭に放ッたらかし飼いされていたのを引き取り…

    チョコタンは製薬会社が実験用に『仕入れたが』手に余り殺処分なるとこを保護され生後3ヶ月半で7kgしかなかったガリ仔を引き取りました。

    昨年4月までは双子のチョコタン♀同士ドベがいたのですが、満10歳で相次いで☆に…
    その双子ドベも彼女達が2歳の時に飼育放棄でナント繁殖させたオーナー自らが保健所に連れて行ったのを引き取ったんです…

    見かけや、CMやバイ○ハザード?とかに出てるからか…

    ドベは『ガラスの心』…繊細なのにね。外見で損してますよ、イメージ先行し過ぎです。

    仔達、どうか良い里親さんが見つかりますように…

    貴殿と坊ちゃまの活躍を楽しみにまた訪問させて下さいませ。

  2. チューちゃんのパパ | URL | -

    Re: ドベ

    MARIA-mamaさん こんにちは はじめまして!コメントありがとうございます。
    いやーご立派ですね!素晴らしい。私も見習いたいものです。
    私は50過ぎ男の独身ひとりぐらしのため一頭面倒見るのがせいぜい、
    その一頭だけでも結構たいへんなのに、そんなにたくさん救ってあげるなんて、
    本当に頭が下がります。これからもぜひ頑張ってやってください。
    ドベは『ガラスの心』・・・か、なるほど。
    とても賢いだけに、確かにそういう面がありますね。
    だから余計に、捨てられ処分を待つ子達に、哀れを感じます・・・。
    ええぜひまた遊びに来てください。頑張ってアップしますね。お楽しみに~。

  3. MARIA-mama | URL | -

    ドベドベ

    …いえ、本当は1頭を丁寧に育てていく方が良いと思うのですが、自分、ひとりッ子ゆえ…&自慢じゃないがバツも2個目が最近ついたばかりですが(汗)
    信頼できるドベ輩(ドベ飼い歴の長い先輩の略)がいますので少し手伝ってもらえてるので何とか…

    短命なドベ、悔いなく犬生を全うさせたいですよね。

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doberman05.blog100.fc2.com/tb.php/107-a476af72
この記事へのトラックバック