FC2ブログ

第234話 犬にしてはいけないこと

2017年03月26日 18:02

他人からされて嫌な事はあるだろうか?当然誰にでもあろう。暴力や暴言、意図的な無視ネグレクトは勿論のこと、過干渉や過度な接触、気安くベタベタされるのも嫌なものだ。人間同士なら言葉にして嫌がることが出来るが人間対犬の場合どうなるだろう。犬は数万年もの人間との付き合いで色々学んできた。勘違いしている飼い主に飼われている犬は、自分の命に係わるので、ただひたすら耐えるしかない。犬とは比較にならないほど巨大な動物、体重500㎏にもなる気難しい馬たちに高度な馬術を覚えさせるためにご機嫌を取りながら宥め賺して調教してきた経験から言えば、犬たちの忍耐力の強さは驚くべきで、特に私が飼っているドーベルマンという犬種の飼い主に対する愛情の深さには、感動すら覚える。

だから私の犬との接し方は徹底している。殴らない、怒鳴らない、無視しない、過干渉をしない、である。過度な接触だけは、飼い主特権で若干やらせてもらっている。先日珍しく我が家に猫を連れた客人が来たが、吠えたてることも無く、「なんてやさしいワンちゃんなの」とお褒めの言葉をいただいた。そんな魔法のような調教が出来るはずないと思われるかもしれないが、事実は今までこのブログで書いてきた通りだ。ヒントとして調鞭の活用がある。勿論相手は犬だから長鞭ではなく短鞭。普段からドーベルマンの長い首を、先端を外した鞭で叩いて首をほぐしてやる。けっこう勢いよく強く叩いてもここは気持ちが良いようだ。うっとりして「もっとやって」という顔をする。しかし!鞭の威力はよくわかるようで、これでお尻をペンペンしようとすると逃げ回る。だから何かに興奮して暴れ馬状態になっても、私が鞭を持って構えた瞬間ビシッとお座りする。

ところで先日見た動画で、多分アメリカでの出来事だと思うが、警察犬のジャーマンシェパードが担当官の目の前でテレビのレポーターの顔を咬むという恐ろしいシーンがあった。当然大騒ぎになり、ワンちゃんは困惑した顔で担当官の方を見ていた。私はワンちゃんに同情を禁じえなかった。一番悪いのはこの担当官だろう。レポーターは、絶対にやってはならない事をいくつも仕出かしていた。それをあろうことか放置したのだ。警察犬に必要な技術を教える達人かも知れないが、愛玩犬アニマルセラピー犬用の調教はその真逆なので、そちら方面の知識は全く乏しかったようだ。

あなたがもし親しくもない他人から自分の体の触られたくない部分をしつこく触られたらどんな気持ちがするだろう(頭は犬にとって他人に触られたくない部分)。また、その男に自分の顔を特に目をずっと見られたらどうだ。そして不気味に上からどんどん近づいてくる。これは馴れ馴れしいとか無礼とかいうレベルをはるかに超えている。女性はもちろん男性でも強い恐怖を感じるだろう。ましてこの子はセラピー犬ではなくその真逆の訓練を受けている犬だ。私からセラピー犬用訓練を受けているうちのドーベルマンなら、こんな事をされても耐えられるかもしれない(もっとも傍にいる私がレポーターにそんな真似はさせないが)。あのワンちゃんからすれば、正当防衛的当然の行為をしたまでなのに、「やはりケダモノ」的な汚名を着せられ気の毒な話だな、と私は思った。レポーターのケガが回復して良かった。ひと咬みで人に大けがを負わせる可能性のある大型犬。扱うには細心の注意と知識と経験が必要だ。飼い主の責任は極めて重い。

DSC_0842.jpg 散歩中私にベタベタしてくる可愛いチュー太郎
 

第233話 名フィル定期演奏会に

2017年03月21日 19:34

先日おこなわれた名古屋フィルハーモニー交響楽団の第444回定期演奏会に行ってきた。曲目は、ブルックナーの交響曲第8番(ハース版)。場所は、程よく狭く音響が素晴らしい愛知県芸術劇場コンサートホール。指揮者はあまり知らない方だが、名フィルの音楽監督で、輝かしい経歴をお持ちのベテランだ。これだけ揃えば、ブルックナー好きには、楽しみで前日は眠れない程の、大袈裟にいえば10年に一度ぐらいの一大イベントといえるかもしれない。

この素晴らしいコンサートホールは、ブルックナーの交響曲を鳴らすには正に最高で、恐らく世界でもトップクラスではないだろうか。前々から、ああこのホールでブルックナーを聴けたら、どれほど素晴らしいだろうかと思っていたが、ついにその夢が実現したのだ。いろいろな場所でブルックナーを聴いてきたが、音がカスカスになる大ホールは論外として、ブルックナーの響きに浸るには、相当優れた設計のホールでなければ、あの音楽をいかせない。やはり今までは間違ったホールで聴かされていた。あの素晴らしい体験をした今では、そんな思いにかられるほどだ。

とにかく最初の数十秒で、あまりの素晴らしさに私は気絶しそうになった。だが気絶したらもったいない。気を取り直して演奏に聞き入った。選んだ席は一階七列目中央やや右側。左側の金管楽器の響きが懸念されたが、まあ仕方がない。このホールはこんな前寄りでも見上げるようなことにはならず、砂かぶりならぬ汗かぶりみたいな至近距離を楽しめる。目の前に汗だくのコンサートマスターがいる。ブルックナーの超ピアニシモを味わうには最適だ。そしてシンバルやティンパニやチューバが炸裂するウルトラ大音量も、このホールの響きの良さで、見事最高にしびれる高音質に。

演奏も良かった。楽団にとってホームグランドでの定期演奏会は、準備万端に最も力を入れる演奏会だという。それを証明するかのような出来だった。もちろんライヴだから少々のミス?はあったが、そんなもの全く気にならないぐらい感動した。演奏終了後しばらく私は恍惚として口がきけなかった。場内からブラボーの声が上がっていたが、よく声を出せたなと思う。あの曲は5番などのような劇的な終わりかたではないし。私はただ拍手を続け余韻に浸っていた。それにしてもブルックナーの交響曲第8番ハ短調は名曲だ。名曲中の名曲。しばらくあの暗~いハ短調の響きが頭から消えなかった。何日も何日も。テレビを見ていてもピアノを弾いていても響いてくる。困ったので、自分で作曲した癒しのハ長調を聴いた。ハ短調の後のハ長調は特別な効果でもあるのだろうか。何だかとても心が癒された


DSC_1008y.jpg 青(短調?)から赤(長調?)い首輪に付け替えてみた。ガラっと雰囲気が変わった。見た目が可愛くなった?気のせいか前より怖がられなくなったような気が…