FC2ブログ

第230話 涙に暮れる日々

2017年01月15日 12:50

最近よく母を思い出す。米国在住のメル友のお姉さんから、「娘は可愛い妹のようなもの。息子は赤ちゃんの時から恋人」というお話を聞いて以来、母の愛を強く感じるようになった。私たち男4人兄弟が、どれほど母から愛されていたか、数え上げたらきりがないエピソードが思い出されてくる。その都度涙に暮れてしまう。 第222話 母永眠 で書いた、残された母手作りの食材。冷凍されているので日持ちはするだろうが、そうほってはおけない。少しづつ食べていて、もうだいぶ残り少なくなってきた。無くなったらもう追加されることはない。それが悲しい。昨夜は謎の食材があった。ヨモギで作ったゼリー?「母ちゃんこれ何?」「あ、うまい」「料理にどう使うの?」などと独り言を言いながら食べた。そして突然号泣してしまった。

最後の最後に私は母を泣かせてしまった。第221話 であるように私はあろうことか見舞いをやめ、山に帰ってしまったのだ。その時の母の悲しみは如何程だったろう。母は泣き、驚いた看護婦さんが「どうされたのですか?」と聞くと、「この子が山に帰るというの」と言った。母や看護婦さんは、もう「近い」ことを知っていただろう。兄や弟は忙しい仕事を抱え、私は見舞いの中心になっていた。その私が山へ帰るというのだ。なんという親不孝をしてしまったのだ。あの時の母の悲しそうな涙を思い出すと、胸が潰れそうになる。

母がもうすぐに死ぬだなんて、私はそんなこと思いもよらなかった。冗談を言って皆を笑わせたりと普通に元気そうに見えたからだ。また何よりそんなこと考えたくもなかったのだろう。脳はあまりに悲しい現実は見ようとせず都合よく考える。完全に判断を誤った。ゴージャスな病院で若くて可愛い看護婦さんがたくさん居て、おしゃべりが楽しかった。昔と違いスマホがあるから犬の動画や写真を見せたり、ピアノの演奏を聴いてもらったりと、毎日の見舞いを楽しんでいた。山に薬を忘れてきたのが痛恨の極みだった。それが無ければわざわざ高い費用をかけて往復8時間も車を運転して山に戻ることはなかっただろう。何というドジだ。

思えばドジな私が一番世話をやかせた息子だろう。母の頭を抱えた私の腕の中で母は息をひき取った。「母ちゃん俺だよ○○だよ」「母ちゃんありがとう」と言った。主治医の話によれば、最後まで耳は聞こえるのだという。聞こえているようだった。かすかに涙と笑顔を浮かべ、そして旅たった。旅たつときの荘厳さ、人の命の尊さを、私は両手で感じた。あの感触がいまだに残っている。広い一軒家に一人住まいの私。一人しかいないので照明は最小限、夜は当然暗い。「母ちゃんこれ何?」と独り言をつぶやきながら謎の食材をつまみ、深々と雪が降り積もる庭を見ながら、美味しいバーボンを飲んだ。酒はこういうとき役に立つ。そして、モーツアルトのピアノソナタ第11番の第一楽章を静かに弾いた。傍で母が聴いているような気がした。
1473557803386a.jpg 

翌朝庭の大雪にチュー太郎もびっくり
DSC_0932.jpg DSC_0945.jpg DSC_0944.jpg DSC_0939.jpg DSC_0934.jpg 豪快な食べっぷりがいいね!



スポンサーサイト

第229話 最強ライオンに挑む番犬ドーベルマン

2017年01月05日 13:42

大きいものでは体重が100kgを超える体なのに非常に敏捷な「アメリカのライオン」ことクーガー。マウンテンライオン(山ライオン)とかピューマなどと言われるアメリカ大陸に生息する大型の猛獣だ。群れで狩りをするアフリカのライオンと違い、単独で狩りをする為に、その戦闘能力は研ぎ澄まされている。しかも桁外れの敏捷さ。こんなのに狙われたら丸腰の人間などひとたまりもないだろう。先日YouTubeで恐ろしい動画を見てしまった。一般家庭の庭だろうか、その猛獣が夜中に侵入してきたのだ。その家には立派なドーベルマンが番犬として飼われていた。普通のワンコなら恐怖で犬小屋の片隅に縮こまっていただろう。

某番組で土佐犬歴代最強横綱と謳われた猛犬を動物園のライオンと檻越しに対面させるという企画があったが、熊の前では平気だったのに、ライオンの前では飼い主もあきれるほど怯えた子犬のようになり、飼い主を置き去りにしてあっという間に逃げ出してしまった。犬にとってライオンはそれほど恐ろしい。しかしドーベルマンは違う!飼い主を命がけで守るよう開発された犬種だ。感動的にも、この猛獣から家族を守る為に、自分の命をなげうって果敢に戦いに出た。このドーベルちゃんの作戦はこうだ。息を殺して敵が近づくのを待ち、隙をみて急所を咬み一撃で倒す。そのとおりになった。作戦は見事に成功したかに見えた。

立派な体格のドーベルマンと比べてもはるかに大きいこのアメリカライオンが、ひっくり返され腹を見せた。しかしその瞬間、軟らかく動く両前足がドーベルマンの体に絡み付く。そして大きな口がドーベルマンの首をかぶりつく。勝負は一瞬で決まった。わずか一秒で逆転され、首を咬まれたドベは身動きできなくなった。気が遠くなるような長い時間が過ぎていく。このまま絶命するのか。数分が過ぎた。私は息が出来なくなった。映像はこのまま終わってしまうのか!この勇敢なドーベルマンを涙で称え冥福を祈ろうとしていたその時、猛獣は何かの気配を感じた。そしてあろうことか動かなくなったドーベルマンをくわえて巣へお持ち帰りしようという動きを見せた。

しかし塀などがあって獲物が大き過ぎるので無理と判断し、去って行った。猛獣はなぜ逃げたのか。実は愛犬を救うために飼い主がやってきたのだ。撮影していた人の手が震えていたので、庭に出たこの人もさぞ怖かっただろう。暗い夜での出来事だ。その勇気は想像を絶する。おそらく幸いにもこの猛獣の脳には「人間は危険」とインプットされていたのだろう。すっと去って行った。そして嬉しい事にドーベルマンは無事だった。私は至近距離で虎が餌の肉の塊を食べるのを見たことがあるから、その凄まじい破壊力を知っている。だからあんな長時間首を咬まれていたので絶命していると思っていたのだが、信じられない事に生きていた。なぜ?

画像が悪くてよく見えないが、なにか金属片が首にぶら下がっているように見える。そういえば昔ドーベルマンというと金属のトゲが付いた、ごつい首輪がイメージの定番だったが、あれか!あれを付けていたから無事だったのか。しかし、あまりの恐怖体験からだろうか、フラフラと足元がおぼつかない。映像はここで切れるし音声が無いので分からないが、おそらくこの後、飼い主と感動的な涙の対面となっただろう。やはりドーベルマンは特別な犬だと私は強く思った。てっきり絶命したと思い絶望的な気持ちになっていたが最後は素晴らしいハッピーエンド。良かった良かった。教訓。ライオンが出そうな地域に住む人は、室内飼いにしましょう。ドーベルマンといえども、彼らの前では餌でしかありません。

DSC_0335.jpg うちもああいう首輪にしようかな。・・・ライオン出ないからいいか