FC2ブログ

第216話 母の介護をすることに

2016年05月26日 12:53

母の介護をすることになった。不安でいっぱいだ。実の子供+最愛の妻のような存在だったドーベルマン2頭を、10数年前と数年前に介護のうえ看取り、悲しみに暮れた。その時の強烈なトラウマが頭をよぎる。また、色々な面で、難しさはおそらく数倍、数十倍だろう。何といっても人だ。動物の介護とはわけが違う。人間の尊厳を保たなければならない。男の私が、母のシモの世話などどうすればいいのだろう。今はまだ大丈夫だが途方に暮れてしまう。季節外れのこの異常な猛暑で母はダウン。食事も取れなくなり体重が激減。余命幾ばくも無いステージ4の肺がん患者が、空気が良くて涼しいとはいえ、こんな状態で標高1500mの山荘に来ていいのだろうか。しかし元妻がいた頃この別荘で私達と一緒に過ごした思い出が、母にとって最良の思い出の一つなようだ。山荘は今の母にとって危険がいっぱいだし元妻もいないが、もう一度あの別荘で過ごしたいという思いを、かなえてあげたい。


といっても無計画に無謀な行動に突っ走っても悲劇を招くだけだ。基本的に公的支援は事前承認が大前提。後から泣こうがわめこうが一切相手にしてくれない。前にも書いた、申請が遅れ父が高額医療費で全財産を失った件、もある。おそらく経験豊富な介助のプロを公的支援で派遣してもらうのと、素人の自分だけであるいは個人で求人して家政婦さんなどを雇うとかでは、介護の質や家族の負担に大きな違いが出るだろう。なんとかしなければ。事前申請の出来不出来で天地の差か。保険料は差し押さえをしてまでも厳しく徴収するのに、支払いはできるだけスルーしたい、行政も基本的に民間営利会社と同じである。敵が(失礼、相手が)言い逃れできないほど事前にルールに則って厳格に申請してこそ初めて彼らと交渉ができるのだ。しかし、母は一日も早く山に行きたがっている。交渉の末めでたく認可を得たとしても、長野県の別荘だから母が住む愛知県名古屋市との話し合いがさらに必要になる。うーん時間が無い。とりあえず全て自己負担で始めるべきか。もう、貧乏でお金が無いのに。正に敵の思う壺だね。


昨日母と会い、そのやせ細った姿を見て、悲しかった。人は生まれ育ち、やがて死ぬ。それは分かってはいるが、残酷だなと思わずにはいられなかった。くっきり天然二重で、はつらつとした美人だった母。キレイ好きで年をくってもオシャレだった。そんな母の「QOL」と尊厳。それを保つ為に私とドーベルマン・チュー太郎と母の3人で山行きを決意した。一歩外へ出れば、もう耳はほとんど聞こえないので危険がいっぱいだ。家の中では、幸い脳はまだ無事なので筆談ができる。ノートを買って筆談しよう。きっと貴重な記録になるはずだ。ああ聞こえないなら私が弾くピアノが、幸か不幸か邪魔にならないね。練習やり放題だ。でも、どんな名演奏をしても聞いてもらえないから悲しいか。チュー太郎はハグを求めて物凄い勢いで抱きついてくる。これもなんとかしなければ。等々不安いっぱいの今日この頃。

DSC_0397.jpg
チューちゃん、おりこうしてね。「任せとき!という顔」

DSC_0413.jpg
でも結局ゲージ行きかな

 






第215話 嬉しいサプライズ

2016年05月15日 02:14

まさかこんな機会があるなんて、という事が最近あった。とても響きのいい素晴らしいホールで、一時間ほどピアノを弾くことになったのだ。ピアノは田舎なら家が一軒買えそうなほどの超高級品。しかも一流の調律師がバッチリ調律だとか。私にとっては、これって夢?と思わず頬をつねりたくなるほどの大きな出来事だった。その時の動画が下のこれ。これを見ると、照明がまぶしくてサングラスを付けているので表情は分かりにくいが、もうこれ完全緊張状態。指が動きません。視線が痛かった。ああもうダメ。しかし!後半は何とか盛り返し、ノリノリに。めでたく「素晴らしかったです」とお褒めの言葉をいただいた。


動画は最初の静かな短調とその変奏の10分だけだが、後半はガツンと、スマホでは音が割れて拾えないような大音量で。でもさすがコンサートピアノ。鍵盤をぶっ叩いてもスンバラシクいい音がした。演奏のとき譜面台を外したので、演奏者の私にも、この豪華な音を堪能できた。ああ、あの鐘のような響きが、いまだに頭を離れない。なんて素晴らしいんだ。最高ですあのピアノ。・・・曲はいつものようにその場限りの即興。ピアノの音があまりに良かったので、響きを楽しんでいたら、あっという間に一時間が経ってしまった。・・・色々心残りがいっぱいだ。あの調なら、いやあの調ならどんなふうに鳴っただろうか。ああ、全ての調性を試したかった。


話変わって、それにしてもデブだな、と動画を見ながら思った。まるで椅子に座ったデブ熊くんみたいだ。後半リズムをとって椅子の上で踊るように弾いていたので、よく椅子が壊れなかったなと思う。一応毎日鏡を見ているはずだが、こんなにデブな自分を見たことが無い。脳が勝手に修正して、実際より自分を瘦せて見せるのであろう。何かでそんな話を読んだことがある。そうだ、この前テレビでやっていた「8と16ダイエット」でもやってみるかな。あれなら私でも出来そう。デブは万病のもと。本当になんとかしないとねとチュー太郎を抱きながら思う今日この頃。


生の音は素晴らしかった。さすが超高級ピアノ

a000053512.jpg
おいらって、こんなにデブだったのかw

DSC_0393.jpg
デブの私を枕にするチュー太郎