FC2ブログ

第204話 ドーベルマンだがセラピー犬に

2015年11月23日 13:51

数日前、母が癌になっていることが分かった。80歳を過ぎているから年頃といえば年頃だが、普通に愛され育った息子にとって母親は特別な存在、やはり私も、精神的に大きなショックを受けた。私は男ばかり4人兄弟の3男坊。おそらく長男と末っ子に愛情が行きがちだったろうが、犬などペットの多頭飼いから想像するに、そう大した違いは無かっただろう。むしろ過度に干渉されること無く、自由に伸び伸びと愛情を受けて育つという、今や絶滅危惧種といえる長子と末っ子の間の子という利点を大いに受けたという印象で、私には母に対してマイナスな思い出は皆無、やさしい愛情を受けた思い出しかない。


元気な男の子4人の私たちが小さい頃、家はどんな感じだったのだろう。子供がいない私には想像がつかないが、さぞ大変だったろう。父親は朝出勤し夜帰宅、昔は当たり前だったが休日の数はわずか。だから母は一人で本当に大変だったろうが、「子犬が4匹キャンキャンはしゃいでいるみたいで本当に可愛かった」と後年笑って話していた。息子が成長し稼ぐようになるまでは4人の学費やらなんやらで裕福とは程遠い生活だったろうが、4人もの息子がたくましく真っすぐ成長するのを見ていて、母はそれなりに幸せだったろうと思う。


人間いくつになろうが命を失いこの世とお別れとなるのは精神的に大変なことだろう。こういうとき、心の安らぎが何より大切だと、2匹の最愛のパートナー(初代ドーベルと先代のドーベル)を抱いて看取った私は思う。だから癌の知らせと本人の希望で手術をしないと兄から聞いたとき、私はあえて10日ほど見舞いはおろか電話することすら控えた。母の心の安寧と私の心の落ち着きを待ったのだ。何よりまずいのは、泣いたりわめいたりして心理的負担を本人にかけることだろう。心を落ち着かせ10日目に会いに行った私を母は穏やかな微笑で迎えてくれた。


このとき私は愛犬チュー太郎を連れて行った。まだ4才で元気な男の子(玉無し)の3代目のドーベルマン。母は犬好きなので、愛嬌たっぷりになるようよく調教されているチュー太郎が役に立つと思った。実は最近の話だが、山で出会った初対面の障害者の方が、さわっていいですか?と聞いてきたので、思いっきりセラピー犬の役をやらせたことがある。その時あの人は、チュー太郎をたっぷりなでながら「うわ凄い!本当に気持ちいい!」と感激していた。そのことを思い出したのだ。母もやはり同じような反応を示し、満面の笑みでとても喜んでくれた。連れて来て本当に良かった。ただ、調子に乗って奴が母に熱烈キスをしてしまった。それを見た兄が「バイ菌がうつる!」と大慌て。母はアハハと喜んでいたが、内科的にはまずかったかもしれない。


人間はいつか死ぬ。当たり前だ。そして子供が親より先に死ぬのは大の親不孝なので、子供が親の死に直面するのは子供の義務だ。そう理屈ではわかっているが、フロイトが言うような「あらゆる生あるものの目指すところは死である」などとは単純に割り切れない。現実逃避をしたくなる。「死と太陽は直視することは不可能である(ロシュフーコー)」というところか。でも案外自分の感情に任せて泣いたりわめいたりするより、その方が逆に良い面があるかも。今回のお見舞いはチュー太郎のおかげで大成功だった。奴のお手柄だ。母の貴重な時間を少し奪ったかもしれないが、喜んでいたからきっとそれ以上に精神的貢献ができただろう。偉いぞチュー太郎

DSC_0253.jpg
もはや名セラピー犬?

DSC_0220.jpg
ドーベルマンが危険な獣だって?バカバカしい


 

第203話 月初の携帯乗換は2万円の損?

2015年11月02日 13:58

普段ドコモのスマホ代(7GBプラン)は月々4千円台だったが、この8月にYモバイルに乗り換え、9月末に引き落とされた8月分の携帯代をみたところ、Yモバイルの問い合わせ電話151が有料なせいもあって、なんと両社合わせて2万円!!!だった。なんで?オペレーターに問い合わせたところ、そういうルールになっているらしい。常識だそうな。「店頭でそういう説明はありませんでしたか?」と店と店員個人の問題にすり替えと責任転嫁をし、店へ行くように促された。そう巧みにマニュアル化されているのだろう。オペレーターも店員もマニュアルで動かされるだけの、低賃金の契約社員。交渉など無理。ロボットとしゃべるのと同じである。店へ行って責任者を呼べと暴れたところでクレームモンスター扱いされるのがオチであろう。


いろいろ調べたところ、私の場合、ドコモ契約時に抱き合わせで無理やり買わされた月々数百円のキッズ携帯があったので、ドコモで7月中に8月分だけ一旦一番安いプランに変更し、月末に携帯乗換(MNP)していれば、ほとんど費用はかからず、無意味に2万円も盗られることはなかったのだった。おそらく両社ともその事は百も承知だったろう。消費者に不利な「入会時は日割り。解約時はたった一日でも月割」ルール。そういえば無意識のうちに客が月初めに乗り換えるよう誘導されているような気がする。なぜか私も焦って月初めに乗り換えた。消費者にバレないよう巧妙な心理戦をしかけているのだろう。ところでYモバイルで一か月だけ強制的に付けられたオプションが、断ったにもかかわらず次の月にもかかっていた。問い合わせると、そのサービスは別会社なのでYモバイルに断っても解約できませんとのこと。これまた応対したオペレーター個人の話にすり替えられてしまった。


結局のところその会社のサイトに行き、細かい文字を読破し、ようやく解約手続きまでたどり着いた。何とか解約できた模様だが、なぜかその会社から何度もしつこく電話がかかり、非常に面倒なやり取りまでさせられた。ナンタラ書店という真面目そうな名のサービスだが、ネット会社らしい常識をわきまえない異様な会社だった。私は素朴な疑問をぶつけてみた。もしネットにうといお年寄りなどが私と同じようにこのYモバイル契約をしていたら、使いもしないこのサービスの料金を知らぬ間に死ぬまで永久に取られ続けていたのか?と。詐欺と変わらない邪悪さを感じるのは私だけだろうか。経済至上主義を声高に叫ばれる昨今の日本だが、これは言い換えれば、金儲けのためなら「やっちゃえやっちゃえ」と言っているも同然である。日本を代表する大企業から、ちんけな小会社まで、一体これは何?いやはや、呆れるばかりである。


2015chuuuta9.jpg
満面の笑みでチュー太郎を抱っこ。先日の「ほんまでっか」によれば、ペットとの抱擁は、恋人との「営み」と同じぐらいの心理的快感が得られるのだとか。なら飼い主思いで抱き心地満点の大型ドーベルマンなんて、最高かもね。