FC2ブログ

第190話 反知性主義

2015年04月20日 13:44

犬の調教で理想的なのは、犬の知性を上げる事だと思う。その逆が反知性主義。でも知性が上がった犬は飼い主をよく困らせる。困らせ方を覚えるのも知性が上がった証拠のひとつだから。先日私は愛犬チュー太郎に玄関の鍵をかけられ、家から閉め出された。ドアを勝手に開けるので目の前で鍵を閉める事が多いが、その様子を見ていて閉め方を覚えたのだろうか。ある日外へ出たがったのを、足がまた汚れるのを嫌って私だけ用事で出たら、怒ったのか「バシ」と音がして鍵をかけられた。おかげで窓から家に入る羽目になった。その他、ちょっとした隙に、うれしそうに特等席を占領するとか、困った事を幾つかしてくれるのだが、逆に、知性が上がったおかげで良くなった事も山ほどある。知性あふれる愛犬と見つめ合えば、短所の百万倍ぐらい長所が増えた事が分かるだろう。上げる方法は今まで色々書いてきたとおり。


そういう方法で10年以上べったり調教してきたのが今はなき愛馬「ロン吉」。少なくとも私に対しては、よその馬とは比較にならないほど知性的だった。私達は見つめ合うだけで心がとろけそうになった。乗馬クラブの職員の話に寄れば、私が来る時間帯と去った後ロン吉はいつも出入り口をずっと見つめていたという。試合用の馬は別に用意し、私はこの馬で10年以上激しいトレーニングを積んだ。貸与馬では自分の体の一部にならず、かといって試合用の馬では練習量が限られる。また、これが一番重要だが、一発勝負の試合では、騎手が少々ミスしても、危険を顧みず突っ込んでくれる反知性的な馬が飼い主に利益をもたらしてくれる。ロン吉は試合用の馬たちとは逆。私が少しでもミスすれば、私の安全のため、絶対に危険に向かわなかった。間歩が数cm違うだけで私の方を振り返り、「無理。やめときな」と、目で語りかけてきた。


おかげで馬術障害飛越という危険なスポーツで10年以上あれほど激しくトレーニングしてきたのに、一度もケガする事が無かった(他のアホ馬では当然あった)。反知性的な馬が競技会で飼い主に利益をもたらしてくれるのは事実だろう。乗り手がパーフェクトでなければ飛ぼうとしないロン吉のような馬は、競技会では役に立たず、おまけに「飼い主に逆らうワガママな駄馬」と言われよう。反知性主義の調教師からは間違いなくムチ打ちなどの虐待にさらされ、それでも知性的な態度をとれば屠殺されかねない。実際出会った頃のロン吉はそんな状況だった。競技会不用、平和な日々の乗馬用、と割り切り知性的な馬を求めていた私との出会いは互いに幸運だった。おかげで私は長年に渡る非常に濃密な練習と安全を得る事が出来た。そして何よりも、馬との深い愛情を交わす事が出来た。ロン吉と見つめ合う幸せ、喜びに比べれば、競技会の成績など大した事ではなかった。 (どろどろとした人間の反知性主義については、またいつか書きたい)


20150420_110040.jpg
見つめ合うチュー太郎と私 オスワリもフセもいらない。これだけで幸せ

RON14_convert_20110128023405.jpg
愛馬ロン吉 悲しい別れ

運動はこれ。近所の人に吼えず庭を走り回るチュー太郎



 

第189話 名犬トクテはマラミュート

2015年04月09日 18:51

BS朝日で先日最終回を向えた「オーロラ姫」(全80話、本国版全150話)では、「トクテ」という名のマラミュート犬が、ある意味ドラマの中心になっていて、毎回、見ていてその可愛らしさにとても心が和んだ。実際のマラミュートが皆「トクテ」のような名犬かどうかは知らないが、ドーベルマンには無いフサフサの毛の中に顔をうずめご満悦の主人公「ロラ」ちゃんの様子が、いいなあと、うらやましかった。ロラ以外の出演者たちは、一生懸命演技をしてはいたが、頭をなでる時など、やはりこの大きな犬に少々腰が引けていた。しかしロラちゃんだけはもう完全に自分の愛犬状態。あるとき画面の隅に、勝手におやつを食べたトクテの額を、小さな手で「こら!バシ!」と思わず叩くシーンが映っていたのには笑えた。


終盤トクテは死んでしまうのだが、駆けつけたロラが泣き崩れるあのシーンの撮影は、おそらく一発OKだったのでは。遺体を覆っていたシーツを上げトクテを見たときのロラの悲鳴があまりに生々しく、現場で誰もが涙したのではないだろうか。勝手な想像だが、撮影が終わり、麻酔が覚めて生き返ったトクテを見て、さぞロラは号泣したことだろう。涙といえば、物語の前半に、借金取りにトクテを奪われそうになるシーンで、ロラがひざまずいて泣きすがり、同情した借金取りに犬だけは許してもらうシーンがある。「お嬢さん、売らずに私が大切に育ててあげるから渡しなさい」と言ってもロラは「この子は大切な家族なんです!私の命なんです!引き剥がさないで」とすがる。飼い犬への深い愛情に、愛犬家?の借金取りたちは引き離しを断念。「その子はもういいよ」という言葉に「ありがとうございます!」を繰り返すロラ。にっこり微笑むトクテだった。


犬への愛情あふれるこのドラマだが、このドラマを見ていた頃たまたま友人の若い女性から、くだらないジョークを聞かされた。いま日本中で大流行?の韓国人等を誹謗中傷する人種差別ジョークの一種で、その中の犬に関するジョークだ。この手の話が大の苦手な私は相手にせず冷たくあしらったのだが、どういうわけかムキになって話をエスカレートさせてきたので、「日本でも食用ゴキブリとか変なものがあるでしょ?牛豚等の肉食が無く昆虫食が盛んな国だった名残が今でも日本各地にあるけど、それが何?虫どころか馬まで食べる(しかも刺身で!)長野県民!(そう私も半分長野県民)が、日本全体を嘲笑うネタになるわけ?と言おうと思ったが、面倒なのでやめた。なぜレイシズムに走るのか。彼女らは言う。「日本は何も悪いことしていないのに、韓国や中国は日本の悪口を言っている」と。私は子供の頃、課外学習の一環で元兵士等の皆さんから、とんでもない話をたくさん聞いてきたので、安部ら極右の歴史修正主義とは無縁。当然被害妄想とそれに伴うこういう野蛮行為とも無縁だ。彼女には、ウマ鹿ウヨの彼氏とは、別れたほうが良いのでは?と言いたい。


話は戻って、オーロラ姫、なかなか面白かった。故パクヨンハの「オンエアー」を地で行くような脚本のドタバタだが、この作品は、ロラがどっちの男を選ぶか、で視聴者の意見が正反対になるだろう。王子様(マーマ)を選んだ際は、私は吐き気がした。でも待てよ、まだ30話もある。あの小姑らとうまくいくはずがない。これは絶対マネージャーに行く!と読んだ私は我慢し続けた。そして見事あやつがくたばった時は、おいおい何も殺さなくともと、笑えてきた。これ、イケメン王子様の幸せを願っていた視聴者には、ありえない展開で、史上最悪の結末だったろう。せめてものお詫びに最後の写真に登場させていたが。 ・・・このドラマには詩が多用され、最後には主人公に、憎しみの心を捨てさせ、許しの心を持たせようとする。ドタバタドラマだが、ノーカットでまた見たいと思わせる味のあるドラマだった。


最近ロクに見もせず自動的に録画される韓ドラをどんどん消していたが、主人公のロラ役の子が、前に見たチャンナラのドラマの端役に出ていた子だったので見た。消さなくて本当に良かった。消さなくて良かったといえば、「ゆれながら咲く花」も良かった。ジャリタレを使ったアイドル系学園ドラマ?アホらしと思って消そうとしたが、大好きなチャンナラが主役。だからちょっと見てみたら、これが予想に反して骨太で本格的な教育問題ドラマ。10歳若く見え女子高生と変わらない容姿のチャンナラだが、見事に思いやりがあって威厳のある先生役を演じていた。良いドラマだった。素晴らしいのひと言。「ナイン」も、 9回の時間旅行?アホかと思って消そうとしたが、ヒロインがなんか可愛いかったので少しだけ見た。見だしたら止まらない怒涛のスリルとサスペンスで、これも本当に消さなくて良かった。その他書き出したらきりが無いが、ロクに見もせずバンバン消していったモノの中には、こういった良作がいっぱいあったのかな・・・でも時間が無いし・・・と思うこのごろ


グーグル検索で拾ってきたロラとトクテの写真
tokute (3)

tokute (2)

tokute (4)

tokute (2)

tokute (1)

tokute (1)