FC2ブログ

第182話 愛犬の入浴

2014年12月23日 13:08

この冬は暖冬だといわれていたのに、そうでもないようだ。自宅は温暖な地区にあるが、先日はこちらでも大雪が降った。風も非常に強く、極寒だった。まるで冬の山荘だ。雪山に行った事が無いチュー太郎は、あれほどの寒さと雪は初体験。「何これ?」という感じでとても戸惑っていた。家でぬくぬく温室育ちのチュー太郎。まだ3才の若犬だが、ワンコのくせに寒いのは苦手。その日一緒に庭に出ても、私を置き去りにして早々にリビングに逃げ帰ってしまった。無理やり引っ張り出して雪合戦をする。雪玉を(もちろん柔らかい雪玉だが)、ホリャホリャとぶつけると、けっこう喜んでいた。翌日は雪が半分ぐらい溶け冷たいシャーベット泥状態に。庭には所々チュー太郎の急回転による窪みがある。そこに浅くない水溜まりが出来ている。チュー太郎は前の日のうっぷんを晴らすように庭を走り回った。かくしてやっこさん、見るも無残な泥んこワンコに。しかもただの泥ではない。凍りそうな冷たさだ。案の定、寒さでブルブル震えだした。


そこで入浴させることにした。シャワーではない。湯船に入れる文字通りの入浴だ。人間同様入浴は良い面がたくさんある。なんといってもこういう状態なら、冷え切った体が、ばっちり温まるし、こびりついた汚れが溶け、シャワーだけより、より簡単で、はるかに綺麗になる。もちろん後の湯船の掃除が大変だが、ちょうど掃除しようと思っていたタイミングだったので実は手間要らず。あらかじめ浴室等を暖めておくなど注意点は人間同様。今回は自分の入浴が終わって服を着た後にチュー太郎を入れた。そうすれば一番風呂のきつい塩素をあらかじめ私が吸着しているなど、チュー太郎をまろやかなお湯に入れることが出来る。犬の皮膚は人間よりずっとデリケートなので、私は基本的にシャンプーなどは使わない。手でやさしく洗うのみだ。獣医からもらったシャンプーを使うよりもそちらの方が良かった。考えてみれば短毛犬なので当然か?


ところで前に私が何かミスったせいか、チュー太郎はシャワーが大嫌いだ。今からシャワーという雰囲気を奴は素早く察知し、ゲージに逃げ込み、テコでも動かなくなる。「チューちゃん誤解だよ~シャワーなんて絶対しないよ~神様に誓ってもいいよ~w」と言っても騙されない。おやつで釣っても駄目。一体どうしてバレるのだろう?まこと不思議な超能力だ。で、この日の作戦は、奴が家に入る前にゲージの扉を閉めておき、リビングも閉鎖。逃げ場は廊下しかないという状態にしておき奴を玄関からおびき寄せる。入った瞬間事態を理解したようで、もう「きゅ~きゅ~」泣き出す。「こりゃこりゃ観念せよ」とチュー太郎を抱き上げ、必死に抵抗するもお風呂場へ一直線。この日は試しにシャワーを一切使わないようにしようと決めていた。で、そのままそっと湯船に入れる。するとあら不思議。あれほど大騒ぎしていたのに、「パパ気持ちいいよこれ」という顔になってご機嫌になる。湯船の中でたっぷり洗い、洗面器でじゃんじゃんお湯をかけた。量が多かったせいか湯もそれほど黒くはならなかったので、最後もシャワー無しで、お風呂からあがってそのまま体を拭いた。どうやら作戦は成功したようだ。翌日「チューちゃんお風呂だよ」というと、「お風呂お風呂」となんだか喜んでいるようになった。今までとは真逆だ。でもシャワーを使うとまた元の木阿弥になってしまうのだろうか・・・足だけ洗いたいときはシャワーを使いたいのだが、悩むところである。

IMGP0772.jpg
雪に埋まった庭。生垣が雪の重みで折れそうな感じ

IMGP0796.jpg
「ヒェ~寒いよう」と逃げるチュー太郎

IMGP0791.jpg
もう家から一歩も出ませんという顔

散歩調教。大雪の前



散歩調教。大雪の後




 
スポンサーサイト

第181話 誤解ですよ~

2014年12月10日 07:26

私の友人に、最近知り合った30才ぐらいの、とても美しい清楚感溢れる音大出の才女がいる。最近といってももう2~3年か。メールの交換もするし、某所で実際によく会う関係だが、彼女には彼氏がいるので友人以上の関係ではない。知り合ったきっかけはピアノ。初めて会ったとき、ボロ着を着た人相の悪いおっさんの私の第一印象は相当悪かったようで、怖かったそうだが(笑)、自称作曲家の私が即興で、目の前で自作の曲をピアノで弾くと、とても良い印象に変わったようだ。「すてき」、「シューマンみたい」と満面の笑みで喜んでくれた。手が小さい彼女は、片手10度の和音をやすやす奏でる私の大きな手を盛んにうらやましがっていた(だからシューマン?)。音大出の彼女から学ぶことは多く、彼女も私と会うことをいつも楽しんでくれた。そんな良い友人関係だったのだが、それを終わらせかねないある事件が先日発生した。原因はエロス。私が何かしたわけではない。悪いのはチュー太郎。奴の一枚の写真だ。


彼女も動物好きで、いつか大きな犬を飼いたいと言っていた。だから、よく私のスマホでチュー太郎の写真を見せていた。見せると「チューちゃん可愛い」と喜んでいた。そんなある日、いつものように私のスマホでチュー太郎の写真を見ていた彼女が、「ひ」という小さな悲鳴をあげ絶句した。そして彼女は、うつむきながら、絞り出すような小さな声で私を諭した。「動物にこういういやらしいことをさせてはいけないと思います」と。そして話題をさっと変え、そそくさとよそよそしくさよならされた。ああその写真は、もちろん存在を私も知っていたが、「これ、まるでアレしてるみたいじゃん」、と私は能天気に笑っていた。そう、誰かに見られたら誤解されかねないな、と分かっていた。でもその続きを見れば誤解だとすぐ分かるからと甘く考え、その写真の存在をすぐに忘れていた。ああまさか若い女性をショック状態にさせる事態になるとは夢にも思っていなかった。・・・誤解なんですけどね。クスン(涙)


「誤解ですよ」 そのセリフで思い出すのが、笑いながら「誤解ですよ」と公務員から言われた経験だ。昔、よりによって事業資金が逼迫していた時に、思いもよらない過酷な課税をされ抗議したことがある。しかし彼らの態度は非常に強硬だった。まるで恐喝、いやもうほとんど強盗だ。彼らが民間人やヤクザなら警察を呼べばすむ話だが、徴税官には強大な権力がある。彼らはその権力を笠に傲慢に独善を振りかざし、抵抗する私を道徳心や愛国心が無いといった感じの蔑む態度にまで出た。後にやはりその徴税はおかしかったことを彼らは認める。しかしそれは異議申し立て期間が過ぎてからだ。期間が過ぎてからは手のひらを返したような態度とトーク。あの強盗たちはどこへ行ったのか。おかげで全てを失い茫然自失の私に彼らは笑いながら言った。「わざとだって?誤解ですよ」と。・・・似たような事に父も遭っている。高額医療費の払い戻しの受け方が分からず役所に相談するもマトモに相手にされず窓口をたらい回しにされる。ところが申請期限を過ぎたとたん、ああ期限が過ぎて残念でしたねと手のひらを返したように親切に教えてくれたのだそうだ。50年かけて貯めた貯金の大半を失った父が抗議するも「誤解ですよ」と相手にされなかったことだろう。


私は「誤解ですよ」という言葉が大嫌いだ。最近、権力者からよくそのセリフを聞く。私が購入する物品は大半が輸入品だ。国産品でも原材料の多くに輸入品が使われている。今時純粋な国産品など農産物の一部に限られよう。円安で、少し前までは79円で買えたドルが、今では120円も出さないと買えない。逆に日本の貴重な資産は、外国に3割引4割引で叩き売りされ、どんどん失うことになる。企業はとっくにグローバル化され工場は地産地消の方向。したがって昔のように為替操作で輸出は増えない。だが円安だと実際には稼いだドルの数が全く増えていなくても、円に換算すると79円から120円に稼ぎが増えたように見える。つまり円安は、粉飾しやすいのだ。日本の株価も国際通貨で見れば円安で価値が下がったわけで、政府は盛んに外国から買いが入っていると宣伝するが、それは損失を防ぐ為の自動的なナンピン買いに過ぎない。そこへ政府が国民年金のお金を注ぎ込んで相場を吊り上げてくれるのだから、外国の投資家は途方も無いボロ儲けだ。さぞかし喜んでいるだろう。


この円安で日本は本当に成長しているのか。粉飾して都合の良い数字を並べ立てているだけではないのか?事実予想最悪のマイナス成長数字が出てきている。こういう指摘に彼らは「誤解ですよ」と言う。先月、日経新聞にジム・ロジャーズ氏の「安倍首相の施策は日本を破壊」とこの円安策を懸念する記事が出た。今ならこんな記事は到底出ないだろう。各報道機関に出された前代未聞の通達。ここでも「誤解ですよ」だ。「公平に」と事細かにあれほど露骨に報道機関に圧力をかけておきながら、さらに言えば、公共放送のNHKや政権を監視する役目の法制局の中枢に手下を送り込んでおきながらだ。昨日、日経新聞が日本にとって一長一短と報じたアップルの数十人程度の横浜センター開設を、NHKは大袈裟に「アベノミクスのおかげであのアップルが開発拠点を日本へ移しました」と言う安部のアップとともに大々的に報道。もはやNHKは安部の宣伝機関なのか。ゲッペルスという単語が浮かぶ。ついでにいえば私達の血と汗と涙が詰まった血税700億円を使って行われるこの解散総選挙は、本当に増税一年半延長の民意を問う為なのか?別の目的があるのではという疑いは、これまた誤解ですかねと皮肉のひとつも言いたくなる。(敬称略)


話は戻って、ある意味私の人生が掛かっているこの重大事件、「スケベオヤジがチュー太郎にヘンナコトサセテル」疑惑を、なんとか晴らさねばならない。ああどうかお願いビールちゃん、説明させて。これは完全に誤解なのだから。 いや、 でも、 「ヘンナコト」は誤解でも、スケベオヤジという部分は、そう誤解でもないからなあ・・・ハハ ^^;


gfd+(3)_convert_20141210054307.jpg
誤解された写真

gfd+(2)_convert_20141210054400.jpg
写真の続きを見れば誤解と分かるはず

sdfghj (1)
気持ちいいどころか時々踏まれて超痛い

gfd (4)
へんな誤解をされたことも知らずスヤスヤ眠るチュー太郎