FC2ブログ

第158話 楽天銀行未だ連絡なし。金戻らず

2013年12月21日 13:15

あれから二十日経つが楽天銀行から未だ連絡一切なし。当然金はまだ一円も戻っていない。ああ、楽天銀行は連絡する気などなかったか。これは「あくまで自己責任」で、ネット上に怪しい「使われ先」が現れるまで被害者(預金者)自身が、いつまでかかるかわからないが探し続け、現れれば保険請求手続きと警察への手続きを自分で始める。始めなければ数年で時効がきて預金はパア。で、あくまで楽天銀行様はノータッチ、しらんぷりを決め込むと。そういうことでしたね? これ、つまり自分で行動をしなければ、楽天銀行の私の預金を盗んだ犯人は丸儲け。罪に問われないどころか捜査されることすらないということか。「保険金を請求したいのなら(預金を取り戻したいのなら)警察へ行っていろいろ書類を作ってもらわないといけません」と行員はいう。楽天銀行と保険会社と、そして警察へ出向いてのやり取り。これじゃあ少額の被害の場合、膨大な手間暇を考えて、泣き寝入りする人が、無数にいるのではないだろうか。その無責任ぶり。まさに恐るべし楽天銀行だ。便利だからここをメーンバンクにしていたが、これからは預け先を分散するなどしなければなるまい。


まあ、文無し生活も、やってみると楽しいものである。幸い米と小麦粉は十分ある。庭周辺にはヨモギなどの食用野生植物が今は季節柄少ないが、そこそこある。これで近くの川で魚が取れれば食糧問題は無事解決だ。単身者のいいところは、こういうところだろう。妻子がいれば責任の重さで百万倍プレッシャーが掛かるはずだ。は!そういえば私は魚を釣った経験が無い。釣りをした事はあるが釣れたためしがない。やはりスーパーへ行って、何か安物を買った方がよさそうだ。チュー太郎にはいつもペットフードと高価な生肉をあたえていたが、そういうわけで当分の間生肉は私のもの、じゃなくておあずけだ。許せチュー太郎。うらむなら楽天銀行をうらんでね。それにしても、今年はとんだクリスマスになりそうだ。

お金が無くて暇だからほこりをかぶっていた一眼レフを引っ張り出しチュー太郎の撮影会

IMGP0500_convert_20131221130335.jpg
こういうカメラでないと出来ない表現

IMGP0523_convert_20131221130105.jpg
穏やかな表情

IMGP0522_convert_20131221125916.jpg
やさしい性格のチュー太郎

IMGP0411_convert_20131221125746.jpg
可愛くて利発な子

IMGP0494_convert_20131221125840.jpg
やはりこのレンズはいい。

IMGP0559_convert_20131221125622.jpg
きれいなボケ味。


お昼寝の邪魔をするパパ。動物虐待?いや喜んでる?


 

第157話 楽天銀行の口座!全額引き出される

2013年12月03日 12:25

ある日突然自分の銀行口座に入れておいた預金が無くなるなんて事が、自分の身に降りかかるまでは信じられなかったが、今回本当に現実となってしまった。その攻撃は、まるで真珠湾奇襲のように日曜日の朝7時に行われた。細かく3990円ずつ連続で引き出され、それは残高が3990円以下になるまで続けられた。コンピュータープログラムで実行されたのだろう、攻撃開始から終了までわずか数分の間だった。


私は早速楽天銀行に電話した。日曜日なので繋がる電話番号を探すのに苦労した。やっと見つけたのは振込詐欺等通報番号。「等」が付いていたので該当すると思った。つながったがこういう番号は例のごとくずいぶん待たされる。やっと人間が電話口に出てくれたと思ったら、預金をほぼ全て奪われた私にとっては一大事なのに、彼は面倒くさそうに、今は受け付けられない、1ヶ月後ぐらいにまた電話してくれというようなことを言う。また、お金が戻るかどうかは分からないという。もし戻るとしても半年後ぐらいでしょうと彼はこともなげに言った。


「私に何か過失でもあったのか?」と尋ねたが、それは保険会社が調査することで自分にはわからないという。つまり保険会社が調査の上、いついくら私に支払うのか決めるので、楽天銀行では分からないという事だ。要するにこの社員は私に、うちの銀行なんかにお金を預ける方が悪い、あなたの最大の過失はそれだ、と言っているのだろうか?


私は納得がいかなかったので電話を切ろうとする彼を押しとどめ、もう少し話を聞いた。私が自作自演の犯人ではない、あるいは自分以外の人間にカードを渡すような事は絶対にしていない、という前提で説明してくれたが、楽天銀行のキャッシュカードには、特に拒否しなければ瞬時に買物代金を口座から引き落とせる便利なデビット決済機能がついてくる。このカードの16桁の数字が分かれば、クレジットカードの無断使用と同じ犯罪が行える。この番号がどこかで流失したかもしれないが、おそらく、高性能コンピューターでその数字をランダムに出し、その数字だけでOKのチェックの甘い加盟店で、利益還元できる何だかの方法で金を使いまくるという事なのだろう。匿名のネットの世界で。


どの店で使われたか今すでに分かっているがそれが正式に上がってくるのは半月か一か月後ぐらい。だから一か月後ぐらいにまた電話してねとなるわけだ。しかも保険会社の調査が始まるのはそれから先。何という事だ。私のお金はいったいいつ戻ってくることやら。当然カードは無効にした。ところがここからが大変。キャッシュカード機能も使えなくなるので入金もできない。このままでは引き落としができず不渡りになってしまう。早速再発行をお願いしたが、10日ほどかかるという。だがそれだけではなかった。なんといつの間にか楽天銀行のシステムが変わっていて、取引に必要なセキュリティーキーを、今までと違い、登録済みの携帯電話にしか送信できないことになっていた。携帯はこの夏、auからドコモに変えている。マンマミーア!


登録済みのヤフーメールなどはもちろん今やスマホで主流のMメール(Gmail)もダメ。「ほとんどの取り引きにセキュリティーキーが必要になるので必ず複数のメールアドレスを登録しておいてください」というが、冗談よしてよ。携帯電話のメールしかダメじゃないか。何台もプライベート携帯を持つ人などそうはいないだろう。結局登録住所へ郵送してもらうしかなく、さらに一週間ほどかかるという。もう、いったいどこまで面倒なのだ楽天銀行。それなのにこんなに簡単に預金者の金を奪われるなど、被害者への対応を含め、何もかもお粗末すぎると私は思う。(楽天銀行社員の反論:これはクレジットカードの不正利用と同じ犯罪で楽天銀行のセキュリティーがやぶられたわけではない)


IMGP0391_convert_20131203121911.jpg
文無しになってしまったパパ。はたしてチュー太郎のご飯を買えるのだろうか。