FC2ブログ

第111話 走れチュー太郎!

2012年06月28日 12:42

たいていの犬種はそうだと思うが、1歳頃の若犬には相当な運動量が必要だ。特にドーベルマンのような犬種はそうだろう。充分な運動をする事により、ぐっすり眠るようになるし、悪戯も減る。楽しくやればストレス解消にもなるだろうから、性格も良くなると思う。飼い主との絆も深まるだろう。私の考えでは、一緒に散歩する程度では、気分転換にはなるだろうが、ほとんど運動にはなっていないと思う。厳しい話だが、ワンコの飼い主は、そこを自覚すべきだろう。一見私が魔法でも使ってチュー太郎をコントロールしているように見えて、実はそのタネは、ただ単に運動量が多いだけなのかもしれない。チュー太郎は10月生まれだから現在月齢8ヶ月。日に日に体が大きくなる正に成長期だ。大手術をしたため、最も運動が必要な時期に安静を強いてきたが、先生のお許しも出たことだし、いよいよ開放し、たっぷり運動させてあげる事にした。


うちは広大な庭のように見えるが、実際は広角レンズの影響で倍ぐらいに広く見えるだけで、そう大して広くはない。田舎のごくありふれた建売一軒家だ。だから、激しい運動をさせるには、どうしても円運動を覚えさせる必要がある。覚えてくれれば、好きなだけ、どれだけでも走れるという快感を味わえるので、それが愛犬自身の大きな喜びになる。私はそう考え、少々乱暴な手口かもしれないが、それを実行する為の調教をしている。 新馬の調教では、可哀想だが、狭い所に閉じ込め、お尻をペンペン、ムチ等を使って追い詰め、円状に走らせる。それを自動的にやる回転マシーンさえある。だが草食動物の馬と違って肉食獣のワンコには、そういう手口は使えない。逃げる習性より、逆襲する習性の方が強いからだ。だから回転させるには、馬とは正反対に、追いかけさせなくてはならない。掛け声は同じ「GOGO!」「駆け足!駆け足!」でも、意味が全く違うわけだ。


ここまで書けば後はご想像通り。肉食獣が獲物を襲う状況を演出するとか、鬼ごっこをするなどして相手を発奮させ、それを円運動に誘導すればいいわけだ。チュー太郎のような元気なオス犬の場合、自分と対決するという手もある。低く構えて「おらおらクサレワンコ、掛かってこんかい!」と私が挑発すると、ガオー!と飛び掛ってくる。それをひらりとかわし、ムチ代わりの小枝で、奴のお尻をペンペンする。そうすると向こうまで走りぬける。そしてまたこちらが構えると向かってくると、そんな繰り返しで円運動に誘導している。可愛い女の子だったイシュと利口な二代目チュー子ちゃんには、こんな手口は使えなかったが、オス犬のチュー太郎は、単純と言うかアンポンタンと言うか、すぐこの誘いに乗ってくるから面白い。だからとっても楽。 いずれにせよ、楽しく充分な運動をした後のワンコは、とてもいい顔をする。私は、いつもそんな顔をさせられる飼い主でありたいと思う。

uy8j+(1)_convert_20120628115325.jpg
回転運動中のチュー太郎

uy8j+(2)_convert_20120628115602.jpg
そこへ獲物を

uy8j+(3)_convert_20120628115756.jpg
獲物に大興奮

uy8j+(4)_convert_20120628120022.jpg
煽って回転に拍車を掛ける

uy8j+(7)_convert_20120628120206.jpg
大人用のボールも咥えられるように

uy8j+(8)_convert_20120628120644.jpg
逃げた獲物を追う宙を浮く大ジャンプ

uy8j+(9)_convert_20120628120834.jpg
仕留める悪魔のような表情

uy8j+(10)_convert_20120628121034.jpg
激しい走り

uy8j+(11)_convert_20120628121350.jpg
「駆け足!」の号令に脱兎のごとく

uy8j+(12)_convert_20120628122159.jpg
充分運動して満足げな顔


 
スポンサーサイト

第110話 これって臨死体験?

2012年06月23日 13:10

先日病院でひどい目にあった。その日は、とても蒸し暑い日だった。その前夜は、ある韓ドラに深夜まで夢中になり、そのドラマの影響で主人公と一緒についつい焼酎をぐいぐい飲み過ぎ、ベットに入ってからも、悪役達の悪行に憤り、主人公に代わって腹が立ってなかなか眠れなかった。つまり、二日酔いと、睡眠不足の状態で、朝フラフラと糖尿病の定期健診に向かったわけだ。健診のときは、まず血液検査をする。それまでは食事は出来ない。朝食抜きであの蒸し暑い中歩くだけでも、人によっては危険性があるだろう。


そのとき外見上私は普通だった。看護婦さんもいつもどおりに血を抜いていた。だが血を抜かれているとき、今までには無かった事だが、少し気分が悪くなった ・・・ そのあとの記憶は、現実なのか妄想なのか、正直よく分からない。とにかく、数人に抱えられ、ベットに寝かされた。血を抜き終わったころ、私の容態が急変し、びっしょり冷や汗をかき、その場に居たナースや医師たちは、危険な状態と判断したようなのだ。彼らの言葉でかすかに覚えているのは、何とかが「80です!」と言っていたこと。「酸素を」「無呼吸」、そんな単語も覚えている。


だが私は、変な話だが、なんとも無かった。痛くも痒くもなく、ピンピンしていた。自分ではいつもと全然変わらない状態だったのだ。だから皆さんに私は、何度も何度も、「?大丈夫ですよ。何ともないですよ」と繰り返し言った。しかし、婦長さんらしきベテラン看護婦さんは、私の言葉を無視し、「××さん、しっかりしてください!呼吸をしてください!」と大きな声で私に迫った。私の目をこじ開け、ライトを当てていた。ズボンを脱がされ、シャツもめくりあげられた。私の顔面に迫る医師とその看護婦さんの顔を覚えている。ずぶぬれだった汗をふき取り、腕や体をさすってくれた。ああ、病院で息を引き取る時は、こんな感じなのだろうか、と思った。不謹慎だが、さすってくれてるのが、婦長さんでなく、すぐ側に居るあの若い可愛い看護婦さん達ならなあ~、と思った。もしそうだったら、心置きなく天国へ行っちゃったかもしれない。


ずいぶん経ってから、「大丈夫ですよ?全然」という私の台詞が、やっと通じた。周囲が一瞬にしてホッとした表情に変わったことを覚えている。つまりそれまでは、私が身振り手振り一生懸命話かけていたことが、彼らにはまったく伝わっていなかったのだ。怖い話だが、愛想を振り撒いていたその私は私ではなく、肉体から離れた私の幽霊だったのだ、てこと? まあ、合理的科学的に考えるのなら、いつもと同じようにしゃべっていたつもりでも、脳の思考をつかさどる部分が正常に台詞を作っていても、しゃべる器官をコントロールする部分が正常に働いていなかった、ということなのだろう。実際の私は、死んだようにそこに横たわっていたわけだ。


そして「××さん、深呼吸をしてください、ゆっくりと、さあ頑張って」と言われ、深呼吸をした。すると危険な数字が改善したようで「××まで回復しました。深呼吸すると回復します!」と言っていた。やれやれである。連絡を受けた内科の私の担当医も飛んできて診てくれたが、いつも混んでいて一時間待たされるのが普通だ。私が最優先にされてしまったが、私の前に大勢並んでいた人達に申し訳ない気持ちでいっぱいだった。「大丈夫ですよ」と言って、歩いて内科まで行こうとしたら、先生から「とんでもない!」と言われ、内科までその先生に車椅子を押してもらった。ああ何と言う事だ。貴重な時間を浪費させてしまった。で、とりあえず入院しましょうとおっしゃるが、入院となると、チュー太郎が大変だ。何とか入院だけは避けたかった。


結局2時間点滴を受け、それで状態が良ければ帰宅OKということになった。そして無事帰ることが出来た。何も知らないチュー太郎からは、「パパお帰り~」と、いつものように熱烈歓迎を受けた。良かった良かった。とにかく、こいつが天寿を全うするまでは私は倒れるわけには行かない。健康管理にはいっそう気をつけねば。BS放送の多チャンネル化以来、面白い韓ドラが目白押し。今回の教訓を生かして、見過ぎに注意!主人公にあまり感情移入しない!つられて焼酎をあおらない!等々、本当に気をつけねば。そうだ、悪役が活躍する部分は全部早送りにしよう。2倍速だ!いや10倍速だ!うんにゃ30倍速だ!・・・

IMGP7036_convert_20120623124051.jpg
原因は特に無い。数字は全て正常。血を抜いているとき時々そうなる人がいるらしい

IMGP7074_convert_20120623124407.jpg
おやつを食べるチュー太郎

IMGP7073_convert_20120623124234.jpg
もっとちょうだいと可愛いおねだり

IMGP7010_convert_20120623124611.jpg
私の2つの宝物、バイオリンとチュー太郎

IMGP7026_convert_20120623123943.jpg
大切にしなくては ・・・



 

第109話 楽しいドーベルの馬乗り

2012年06月16日 18:43

前話で紹介した、大きなドーベルマンにまたがり馬乗りになる遊びは、おおいに好評だったようだ。ある方はワンちゃんとの距離がグッと縮まったそうで、またあるご家庭では、4歳の娘さんと大きなドベちゃんが、すっかり仲良しになれたそうな。メデタシメデタシ。こうやってドーベルマンの良さ、素晴らしさが、どんどん世の中に浸透していけば、ドベの愛好家にとってこれほどうれしいことはない。


私も毎日チュー太郎にまたがっている。まあ相手はまだチビ助なので、本当にただまたがっているだけなのだが、「チューちゃんGOGO!」といいながら玄関から廊下を渡ってリビングへ一緒に入ることが多い。赤の他人が見たら、ベタベタ過ぎてさぞ不気味な光景だろう。最近困るのは、このせいでやたらとチュー太郎が私の両足の間に入りたがり、とても邪魔くさいことだ。まるで「チューちゃんGOGO」を催促しているみたいだ。足を絡ませ転んで骨折でもしたら大変なので、この頃、わざとのしかかって多めに体重をかけて、「むぎゅ~パパひどい!」と奴にいわせている。ふ、やり過ぎてつぶれないように気をつけねば。


馬乗りか・・・そう、私は馬乗りだった。前にも書いたが、もうこれで会社をつぶしちゃいました~というぐらいやってしまった。おかげで乗馬関係者やその従業員達は、さぞ潤った事だろう(ジョーク)。まあ客を夢中にさせてとことん収益を上げる。それが通常の営業であり、自制心をなくした客のほうが、どアホなだけの話なのだが、なにせ動物を家族と思う私には、馬を単なる道具、マシンとして割り切る事が出来なかったという弱さがあった。また、競技会で、言ってみれば我々客の金で、タダで乗り放題、競技出放題の従業員たちに、偉そうにされるのも我慢がならなかった。競技会では、持ち馬が一頭の私にはチャンスは一回。しかし彼らは客の馬で何回でも出場してくる。難易度が高いコースも、何回も回れば簡単になる。大勢補佐を雇い、10頭以上用意すれば彼らと同じ条件で勝負が出来るが、しかしそれには年間数億円の予算が必要だろう。業者ではないから経費では落ちないので、税の関係で負担はさらに倍増する。・・・ てなハンディがあったのに、たくさん賞を取れたオイラって天才かな。(笑) まあ冗談はともかく、乗馬には、そういう苦い思い出がある。


馬はドーベルとよく似ている。その賢さ、主人に対する愛きょうと忠誠心。本当に人生のパートナーというか、両方ともとにかく可愛い。西部劇によれば、昔は馬を盗むと死刑だったそうな。何だか分かるような気がする。家族を誘拐されたのと同罪だったのだろう。お金持ちだった頃、愛馬たちの一生の面倒を見たくて、広い農地などを買おうとした。絶対にあいつらと最後まで一緒にいたかった。しかし当時はバカげた、がんじがらめの規制とバブルの後遺症で、あと一歩及ばず残念ながら買えなかった。あああそこの、高台のあの広大な土地が、あのとき運良く買えていればなあ~~、今では高級住宅地になっているから、ムフフの大儲けだったのになあ~・・・と話がそれたが、馬は庭で飼えないが、ドーベルなら庭どころか室内でも飼える。そこがドーベルの圧倒的なアドバンテージか。「維持費」も馬に比べれば知れてるしね。

shr.jpg
帽子をかぶるととても若いわたくし。実際10数年前の写真

kifd.jpg
ワンコと違いこうやって一体になれるのが大きい

de (3)
大きな賞を頂いた瞬間。一体となって何かを成し遂げられるのが馬

srd+(3)_convert_20120424143545.jpg
乗馬大会で獲得したリボンの一部。愛馬の思い出と共に今でも大切に保管している

馬の調教の要領でチュー太郎にも調馬索をかけてみた

高度なテクニックと信頼が必要だが、ドーベルには多めの運動が必要なので、私のような者には助かる



第108話 愛犬との格闘を楽しむ

2012年06月09日 13:25

ブログを始めて色々な方と会話できた事は、孤独な私にとってはとても有益でハッピーな事だ。気楽にやり取りが出来る今流行の「つぶやき」等もいいのだろうが、内容の濃さではブログに勝るものはない。怪しげな出会いモノや商売がらみのモノ等は即座に排除しなければならないが、普通の人が一生懸命作った物には、楽しくて勉強になる物が多い。そんな中に、猫+ドーベルの、あるブログがあって、いつもウィットがきいていて毎回楽しませてくれる。その最近の記事の中で、大きなドベちゃんに抱きつかれ困っている様子があった。私は、自分のブログもなかなか更新できないほどなので、他人のブログにコメントする事は滅多に無いが、その日は次のようなコメントを入れた。

お困りのようですね。
ひとつこんなのはどうでしょう。
首輪を付けた状態で、
首輪を持ってまたがる。
名付けて「お馬さんGOGO!」作戦。
うちの場合、
家でやっこさんがかかってきたとき、
「待ってました!」と私が喜んでまたがり
そうやって楽しく遊んでいます。
まあ私の体重が重すぎて、すぐに
向こうがギブアップしてしまいますが。
ついでに両肩をガシっとわしづかみして、
「グヒヒ可愛いじゃん♪」とか言いながら
耳元でガオーガロガロとするといいですよ。
人間の女性にそれをやると怒られますが
ワンコは結構喜びます。調教にもグー。


これには少し説明が必要だ。ドーベルマンの特性として、飼い主への忠誠心がある。普通のワンコでは、またがった瞬間「ゴラァ~何すんねんワレ!」と怒られる可能性があるが、ドーベルはこれが普通に出来る。まあ私が馬乗りだったから簡単に出来るのかもしれないが、近所の小学一年生もチュー太郎の背中に乗ってお馬さんごっこが出来たほどだから、馴れさせれば、ドーベルならすぐに出来るようになると思う。やり方は、左手で首輪をつかみ、ひらりと素早くまたがり、前へ進ませる。へたりこまれたり、後ずさりされないよう工夫する。私の場合、体重が重いので、少しだけチュー太郎に体重をかけ、「チューちゃんGOGO!」とか言いながら一緒に前へ進む。ある程度進んだら、そのまま覆いかぶさるようにしっかり抱きしめ、やさしく褒める(時々イタズラで、ライオンの顔になって耳元でガロガロ言ったりする)。


ちなみに前記コメントの、後半の部分について、「え~女性にそんな事をしてるんですか~(笑)」と聞かれたが、もちろんジョークである。んにゃ、正直に言えば、20年前新婚のときにそれをやって、嫁さんに殴られた覚えがある。でも、結婚前まではそういうプレイ結構喜んでいたのになあ~~女心はまこと謎である

g6df+(1)_convert_20120609125723.jpg
飛び掛ってくるチビ助。この子は正面から見ると本当に可愛い

g6df+(2)_convert_20120609125817.jpg
ケダモノのような顔

g6df+(3)_convert_20120609125904.jpg
ズボンを喰いちぎるケダモノ

g6df+(4)_convert_20120609130003.jpg
ごつい手。人間のように器用に使う

g6df+(5)_convert_20120609130106.jpg
別の日。薄いステテコだから牙が超怖い

g6df+(6)_convert_20120609130200.jpg
でもそれは分かっているよう。ステテコは咬まない

g6df+(7)_convert_20120609130301.jpg
澄んだ目。名犬らしい

g6df+(8)_convert_20120609130404.jpg
ボディーガードのつもり?パパにべったり

g6df+(9)_convert_20120609130455.jpg
あれ?座布団に穴が! ふん、細かい事は気にしないぞ

g6df+(10)_convert_20120609130614.jpg
パパの添い寝が大好きな甘えん坊


自由で理想的な歩き。練習の成果?「一歩前へ」の指示にも反応

  

第107話 手を咬んだ賠償金2千万円!

2012年06月02日 13:43

報道によれば、近所の柴犬の頭をなで、手を噛まれた男性(69)が、飼主に損害賠償を求めていた裁判で、6月1日神戸地裁で、飼主に1940万円の賠償を命じる判決があった。理由は、「口輪を付けるなどの注意を払っていなかった」からだという。

・・・ 口輪? では今後日本では、犬は全て何時も口輪を付けていなくてはならないのか。日本は法が国を支配する法治国家。お偉い裁判官様が出した判決は、法と同じ効力を持つ。まあ上級審で「こんなアホな判決は無効」といわれるかも知れないが、とりあえず少なくとも神戸の皆さんは、早速口輪を買いに行きましょう。


以下私の意見。犬の頭は急所。人間でいえば性器のようなもの。触る事が出来るのは特別な人に限られる。こんな事は常識なはず。撫でる事を飼主から強要されたのならともかく、自分から触っておきながら多額の賠償を求めるなど、69歳にもなって、分別がないと言えまいか?ほぼ要求どおり賠償を認めた裁判官も、あまりにアイタタといわざるをえない。私など、よほどの確信を得られない限り、他人の犬の頭など、絶対に触らない。やさしく声をかけながら、地面に付くほどの低い位置から手の甲をそっと差し出し、なめるなど友好的な態度を示してくれたら、慎重に首筋をなで、それもOKなら、そのままスムーズに耳の後ろ、そして両頬等々、頭は最後の最後だ。しかしそれでも、普通、自分の性器を他人に触って欲しくないのと同じで、変態ワンコでもないかぎり本心では触られたくないはずだ。(逆にいうと恋人からは、とっても触られたい)


ところで、このブログで前に私が柴犬に噛まれ重傷を負った事件を書いた。いつだったかNHKBS放送で、英国BBCの番組だと思うが、犬の進化についての連載番組があった。その番組によれば、日本は島国で大陸から離れているために、日本固有の犬種は、とても原始的なのだという。ちなみに最も進化した犬種はドーベルマンなどらしい。人間と密接に生活しているうちに、言ってみればどんどん人間化の方向に進化しているというわけだ。柴犬に襲われ、この69歳の男性同様、重傷を負った経験のある私には、原始的な、あるいは体の大小に関わらず獰猛な犬種たちの恐ろしさを、身を持ってよく知っている。「うちの可愛い柴ちゃんは頭ナデナデ絶対大丈夫ですよ~」なんて油断しない方がよい。何千万円も賠償する羽目になりますよ。


そういえばうちのチュー太郎、最近私の手や肩を咬むよう調教している。50過ぎのバイオリン弾きの私は、この頃バイオリンを弾くと手や肩がやたらこる。ところがチュー太郎の牙が当たると、これはジョークでも何でもなく本当の話なのだが、嘘のようにこりがとれるのだ。あんなに辛かったのに、きれいさっぱりこりがとれてしまう。つぼを押さえ、針治療のような効果でもあるのだろうか? だから最近は何時も、「ああチューちゃん、そこそこ、そこをもっと咬んで~」などとやっている。んで、先日散歩から帰ってバタバタしている時に、きちんと閉まっていなかった玄関からチョロっと出て、チュー太郎が仲良しの近所の小一の女の子達にじゃれついて、何と私にやったように咬むでないの!青くなる私。でも「あはは」という女の子達の笑い声。「チューちゃんに咬まれちゃった~でも全然痛くないよ」だって。 ・・・はあ~心臓が止まるかと思った。チュー太郎、おまえは世間から猛獣ワンコと思われてるドーベルなんだからさ、外であれをやっちゃあダメだよ・・・と説明しても分からんわなこいつには


IMGP6812_convert_20120528024217.jpg
元気いっぱいのチュー太郎。検診の結果も良好

IMGP6820_convert_20120528024454.jpg
内部の縫い目の固いしこりはまだ残っているが、適度な運動はOK

IMGP6839_convert_20120528024625.jpg
体がねじれる急回転はまだ危険なので、サッカーはまだ。

IMGP6884_convert_20120528024730.jpg
大きいが体型はまだまだ子犬とわかるショット

IMGP6917_convert_20120528024930.jpg
可愛い寝顔。隣は座布団で作った私の添い寝用ベット


IMAG1224.jpg
初めての遠出。そこへ暴走族が。一瞬興奮。でも ・・・  → その動画

IMAG1220.jpg
ついに(思い出の)堤防デビュー。そこへ雷が!   → その動画