FC2ブログ

第106話 私のドーベルマン調教法

2012年05月17日 13:27

まあこれは私個人のレッスン方法なので、話半分程度に聞いていただきたい。とにかく相手は、とても賢い生き物なのだから、千差万別。飼い主と犬それぞれの個性と、あらゆる偶然と可能性が存在しているのだから、硬直した方程式に捕らわれては、本物の正解からは遠のくばかりになると思う。さらには、昨日の正解が今日は不正解などというケースも珍しくはない。いうまでもなく子犬は、最初は白紙のキャンパスなのだから、こういう賢い犬種は、つまり飼い主の能力と気持ち(心)が、そのまま反映されて出来上がる。だからドーベルマンは楽しい。やりがい、飼い応えが抜群で、乗馬馬並にあると私は思う。しかもドーベルは、もともと飼い主を強盗などから守る為に作られた犬種だ。飼い主に対する想い(愛情)は、半端ではない。ドーベルマンの飼い主は、それに応えてやらなくてはなるまい。


この動画は、昨日撮ったものだが、何気ない散歩に見えて実は様々な技を使っている。ひと言で言えば、パールマンの自然馬術という理論を参考にし、前進気勢のコントロールをしている。手綱(リード)さばきも、一見コンタクトを取らないブラブラなリードのように見えるが、実は色々な合図を送っている。試しに誰かとロープを持ち合い、通常はブラブラでも時々コンタクトを取って、微妙にクイクイっと合図を送ってもらうと、この動画が何をしていたのかが分かると思う。また、よくある、ロープを強く引っ張った状態が、どういう状態なのかも、この方法で試せば分かる。強く引かれた方が、自動的に反発することを理解できるはずだ。例えば、強風に煽られたとき、あっけなく倒れるのではなく、人は倒れまいと踏ん張る。それと同じ反応だ。引っ張れば引っ張るほど引くという引っ張り合戦が、こうして発生する。馬の調教でこれをやってしまうと、暴走馬が出来上がる。その結果、残酷な道具を使って、強く制御する事になる・・・


この動画の最初の部分は、散歩終盤の上り坂だ。デブの私は、そろそろ体力の限界に来ている。本当はチュー太郎にぐいぐい引っ張ってもらいたいのだが(実は先代達は山ではそういう調教をしている)、ここではそれをやってしまうと引っ張りあいになってしまう(=散歩に苦しい記憶が残ってしまう)ので、頑張ってペースをコントロールしている。押しては引き、引いては押す。つまり、ここでは無理に制御すべきではないと判断した時は程ほどにペースを合わせ(早め)、チャンスと思えばチュー太郎に気付かれないようペースを遅め誘導している。そして、暴走しそうな時は、それが許されない公の場では、とにかく止まる。


止まり方は二種類。気まぐれを装って止まるか、頑固な石のようになるか。その二つはメッセージ性が大きく異なるので注意深く使い分ける。散歩中観察していれば、暴走を始めるとき予感を感じられるはず。例えば昔チュー太郎をいじめたドラニャンコがはるか前方にいた場合、ただちに別の方向を見て「チューちゃんアレ何だろ?行ってみよ」などと話しかけ向きを変える。手遅れだった場合、石のように無言に固まって止まる。力に負けて動かされそうなら、その場でくるくる回転し、リードを自分の体に撒きつける。通常こうすれば犬も回転しだすはず。そうなれば、楽しく一緒に踊ればグッドだ。


飼い主が黙っていると、不安感が生まれ、散歩に悪い記憶が残る。調教中なのなら、散歩は絶対に楽しくなくてはならない。怖がりだったチビッ子の頃のチュー太郎は、ごつごつしたアスファルトに足が触れるだけで固まってしまい、家から出ることを断固拒否していた。散歩を楽しくする為に私がよく使う手口は、明るい調性で何か適当に口ずさむことだ。これは乗馬馬の調教でとても効果があった。大きな障害を飛越するとき、調教中の馬は非常に緊張する。私は、馬によって勇気付けるメロディーを口ずさんだり、あるいは短調に転調して、狂ったように突進する馬を落ち着かせたりしていた。チュー太郎の場合も、怖がりだったので、この動画のような感じで歌ってあげているわけだが、とにかく「パパとの散歩は楽しい~」という雰囲気作りをすることが目的だ。ちなみにいまチュー太郎は、わざと無言にすると、先に述べた理由で強いストレスを受ける。止まればくるくる回りだす。


この動画の終盤は、ゴール直前で疲れはてている私とは対照的に、手術後の安静の為に決定的に運動不足で、ダッシュしたい誘惑に駆られているはずのチュー太郎という状況だ。玄関に到着したとき、喜び勇んで暴走して扉を吹き飛ばして入ろうとする時と、そうでない時があるが、この動画の時は暴走を感じ取ったので、私は直前に、玄関を通り過ぎて遠のく方向へ回転させ、上手く回転した事を褒め称えながら玄関前で止まらせた。「チューちゃんおりこうだね~」と褒められ、うれしそうに止まっていた。罵声が飛び交う一般的な暴走制御より、この方法の方が百倍マシなのは言うまでもない。結局わたしの調教方法は、定められた環境の中で、どれだけ奴らを喜ばせる事が出来るかを常に考える、という方式だ。この方法には様々な欠点があることは承知している。一歩間違えれば、わがままで甘ったれのアンポンタンわんこが生まれるだろう。しかし!成功すればこれほど美味しい相棒はあるまい。将来ドーベル導入をお考えの皆様、成功を祈る。

本当に死にそうだったのに、無事手術を終え、戻ってきたチュー太郎。
前と変わらない何時もの散歩。それが何よりうれしい

dffe_convert_20110321003052.jpg
これは先代チューちゃん。可哀想にまだ後付け本名が無い名無し。
初代チューちゃんはイシュという立派な名前が出来たのに・・・
う~~ん・・・名無しのチューちゃんで、ナー子ちゃん? ・・・ 可哀想過ぎる

第105話 犬との散歩の良い所?

2012年05月13日 18:49

チュー太郎が退院して今日で一週間。順調に回復してきている。特に今日当たりはかなり回復したように見える。一時期また傷口が少し腫れてきて、(間違って)そこを少し触れただけでも大袈裟に痛がっていたが、今日は触れてはいないがそういう素振りが無い。「バーン」と言ってひっくり返して、なでなでしながら、気味悪いぐらい真っ白な腹を、そして傷口を、日光浴させてみたが、とても気持ち良さそうだった。今日はその腫れもほぼ見えなかった。液を出すために突き刺さっていたストローのあとだけは、まだ傷口が残っているが、これももう時間の問題のように見える。ただ、痛がるので詳しくは触っていないが、内部の縫い目は、よほど頑丈に縫ったのか、まだはっきりとそれが分かるほど残っている。まだまだ元通りとはいかないようだ。手術前のような激しい運動は、来年とか、かなり先の話だろう。


調教の方は、ほとんど崩れていなかった。最初だけ、落ち着いて横につけず、まるでよその子のような違和感、というか、引っ張り感があったが、すぐに思い出してくれたようで、きちんと私の指示を待つようになってくれた。例の自宅直前の最終コーナーでも、淵が私で車道側がチュー太郎だが、近回りしようとせず、私にピッタリついて直角に回ってくれた。相変わらず散歩中いろいろなものに好奇心旺盛だが、これはゼロ歳児だから当然で、悪い事ではない。こういうとき私は、「待て」をかけ、なんだかのコマンドを出した上で時間を与え、充分学習させる事にしている。そうすると次からは、それにあまり興味を示さなくなる。ここ数日慎重に少しずつ散歩の距離を伸ばし、新しい場所を体験させているが、この方式で順調に進歩してきた。


しかし今日は少し失敗があった。ご近所で初めて見る子だが、ハタチぐらいの、極めて大胆な服装のお嬢さんと道で出会い、その太ももに「チュー太郎」が、「ウヒョー♪」と大興奮してしまい、この厳格な調教方法が完全におろそかになってしまったのだ。彼女が、「わ~可愛いワンちゃんですね!」とヨシヨシしてくれたので、チュー太郎は、おそらく次回会った時もおおいに興味を示すはず。横にピッタリ付いて歩く事などすっかり忘れ、私の命令など無視して、お姉さんに向かって一直線に突進することだろう。実にケシカランことです。(祝)

seg_convert_20120513174724.jpg
腫れは、ほとんど見えない。ペニスもまっすぐ立っている

seg+(1)_convert_20120513174843.jpg
ストレス解消のため一定時間ごとに鎖から離す

seg+(2)_convert_20120513175029.jpg
走りたくて仕方がないようだ。すぐにダッシュしてしまう。

seg+(3)_convert_20120513175111.jpg
走るのをやめさすために別の方法でストレスを解消させる

seg+(4)_convert_20120513175156.jpg
サメのような牙。やっぱ肉食獣だね

seg+(5)_convert_20120513175253.jpg
でもおりこうだから肉は噛まずズボンを噛む

seg+(6)_convert_20120513175859.jpg
興奮させるように足を動かす

seg+(7)_convert_20120513175946.jpg
おかげでズボンはボロボロ。もちろんあまり良い事ではないが、これでストレス解消になれば

seg+(8)_convert_20120513180037.jpg
りりしい顔

seg+(9)_convert_20120513180153.jpg
かわいい顔。 チビッ子チューちゃん本当にかわいいね!


 

第104話 チュー太郎が帰ってきた!

2012年05月08日 19:44

我が相棒、いや我が子チュー太郎、半月以上にわたる長い長い入院生活から、昨日やっと帰ってきた。 ・・・ 初代と二代目の「チューちゃん」を看取ってきた私には、とにかく嫌な、とてつもなく長い日々だった。連日悪夢との戦いだった。比較的心の健康度が高いと思う私だが、こういうのをトラウマというのだろうか、獣医から「危ない状況」という説明を受けて以来、私の心のバランスは大きく崩れた。


たまたま懐かしい旧友と感動的な再会をしたり、自分の作品が出版されたり等という良い出来事が続いたおかげで、墜落一方の心の健康度がビューンと盛り返してくれたが、それが無ければ、私は毎晩ひとり寂しくシクシクと泣いていたことだろう。


チビ助は、底抜けに明るい性格の、ゼロ歳児だっただけに、あの状況は、その不憫さが際立っていた。「商品価値の無い劣性遺伝の奇形児」とオーナーから見放された可哀想な子。この子を引き取る時にこういう事が起こる事はある程度覚悟していたが、しかしこうやっていざお別れがきそうになると、そんな覚悟など何の関係もない。たとえたかだか半年の付き合いであっても、チビ助チューちゃんこと「チュー太郎」は、もうすでにすっかり私の、たったひとりの家族になっていた。


だから、初代や二代目のときの、介護の日々と最後の時のことが、鮮明に思い出された。トラウマ爆裂。ひとりにはだだっ広い、この暗い家に、ぽつんとたたずむ自分が、可哀想なぐらい寂しくて、まるで幽霊のように思えた。私は、庭にあるチューちゃんたちのお墓の前に座り、ひたすら祈った。「イシュ・・・チューちゃん・・・チビ助をたすけってやって・・・」と。


チュー太郎は元気になって帰ってきた。最初見たときはぞっとするほど痩せて見えたが、きっと順調に回復するはずだ。今も元気に吼えている。以前なら黙らせるところだが、もうそんな調教などどうでもいい。元気に声が聞けるほうがいい。ほえろほえろ!もっとほえろ!祭りだ祭りだ!チューちゃん祭りだ!(祝) 


・・・でも、やっぱりうるさくなってきたので、「チューちゃん、静かに!」とコマンドを出してみる。  おお! 素晴らしい! ピタっと黙ったでないの! さすが名犬チューチュー。 よっ日本一! んにゃ世界一だ!(完全親馬鹿状態)


下の写真は、帰り際、ナースさんが自分の携帯で撮ってくれた写真。許可を得て彼女のブログから借用した。写真を拡大するとチュー太郎がうれしそうな顔をしている事がわかる。そういえばこの後ある奇蹟が起こった。ここの主猫「にゃんぴ」ちゃんが、玄関ドアまでチュー太郎を見送りに来たのだ。互いにキスしそうなほど口を近づけ、別れを惜しんだように見えた。「元気でニャ。またニャ」「うん!にゃんぴちゃんお世話になりました!」と言っているように見えた。私も長年動物を見てきているが、あれは、非常に感動的なシーンだった。ちなみに、はっきりしている事実だが、チュー太郎は他の猫にはひどく吼えるが、にゃんぴちゃんには全く吼えない。


GWということもあって、お泊りの子が多かったようだ。長期間入院していたチュー太郎は、その頃にはすっかり古株だ。大勢いるここの主犬たちにもすっかり馴れていたようで、一度見舞いにいった時には、散歩中の古株ワンちゃんたちの後ろを、嬉しそうについていた。今日何気なく車に乗せると、喜んで車に飛び乗った。病院に行くと思ったようだ。皆と会えると思ったのだろう。でも病院には行かず自宅で降ろそうとすると、なかなか降りようとはしなかった。今までとは全く逆だ。ふ~ん、やはり長い事一緒に暮らすと、絆が出来るんだね。ちと感動。


tyuuta.jpg
ナースの皆さんお世話になりました(byチュー太郎)

IMGP6399_convert_20120508181953.jpg
久しぶりに帰ってきた直後。いきなり走り出し、止めるのに一苦労。気持ちは分かるけどね

IMGP6432_convert_20120508190934.jpg
鎖で拘束され、きょとんとしているチュー太郎。安静が必要だから、昼間だけ、しばらくの間辛抱してね。

IMGP6429_convert_20120508183437.jpg
うらめしそうな顔
腫れはすっかり無くなっている。掛かった費用はご想像にお任せします。当分庭の葉っぱを食べて生きていきます。(ダイエットにいいかも!)。そういえば前回紹介した僕の曲、このブログの読者の誰かが購入してくれたのかな?ブログで紹介したとたん楽譜が売れ出しました。ありがとうございます!

IMGP6461_convert_20120508190134.jpg
おうちではもちろんリラックス

IMGP6499_convert_20120508190723.jpg
スヤスヤ・・・久しぶりの、チュー太郎の大好きなソファで

 

第103話 失敗?久しぶりの再会

2012年05月01日 19:46

昨日久しぶりにチュー太郎に会った。まだまだ長い入院生活。私が面会をすると、せっかく入院生活に慣れてきたところに里心が湧いてしまうので、心を鬼にして会わないようにしていたが、実はナイショで、ひょっとしたら泣き声でも聞けるかもしれないと、ちょくちょく入院先の動物病院の周辺をウロウロしていた。そして昨日もウロウロしていたら、さあ帰ろうとしたところに、たまたま院長が車で帰ってきて、そこで少し立ち話をする事になった。


まあ一応順調に回復しているようだが、入院直前のゲージぶち壊し脱走事件の時に食べたのだろうか、玄関マットの切れ端などの異物がフンから出てきているようだ。そのことで私は強く注意をされた。「フンから異物が出てきましたよ、これはヘタをすると命に関わりますよ」と。フンの直径が太いドーベルは、この点かなりタフだと思うが、普通のワンコではこれぐらいの物(数センチのビニール片)でも命に関わるのだろうか。異物を絶対食べさせないでくださいねと重ねて言われた。しかしこれは、大きな口で何でも口にするドーベルマンのゼロ歳児には、実はたいへん難しい。(ゲージに閉じ込めっぱなしにすれば簡単だが)。賢いドーベルは、成長すれば自然とそんな事はしなくなるものだが、この子の場合はそうも言っていられない。監視を強めなければ。まあ現行犯で注意できれば、すぐにでも覚えてくれると思うが・・・


祝日のため宿直以外スタッフがいないせいか、院長から「そうだ、お父さんトイレに出してあげてください」と託された。時刻は夕時。ちょうどトイレをする時間帯だ。私は喜んでチュー太郎をトイレに出してあげた。だが、つらい現実を見せ付けられることになった。量がたくさんあるようなのに、シッコがとても出にくいようなのだ。がんばってがんばって、やっと少しずつ、何度かに分けて出てきた。尿道あたりが損傷しているのかもしれない。一方大便は理想的だった。地面に少しも落とさず紙を広げた手で全て受け取ったが、出がスムーズで、異物も異臭も無く、形も理想的だった。


チュー太郎に元気は無かった。パパを見ても、うつろな表情で、やせ衰え、とにかくボロボロな感じだった。家にいた頃は、いつも私に隅々まで入念にブラッシングをされ、輝くようにピカピカだったが、この日は、はっきり言って汚れきっていた。まあここは美容室ではない。手術の縫い目にダメージを与えかねないので、洗うことも出来まい。他のワンちゃんたちの毛も飛んでくる。チュー太郎に付きっ切りで介護をする人がいるわけでもない。だから、こういう状態になるのは、ある意味当然といえよう。


さあもう帰ろう。これ以上かまうと里心が湧き出てきてしまう。フンを院長に渡し、私は素早く立ち去ろうとした。 チュー太郎のゲージは、意地悪そうなよそのワンコども(失礼!)に囲まれていた。チュー太郎は一言も声を出していないのに、可哀想に、皆に吼えまくられていた。私の目にはまるで、うちの可愛い可愛いチュー太郎が、こいつらにイジメられているように見えた!(なんて可哀想なチューちゃん!)。私がこの部屋から出ようとすると、突然チュー太郎が泣き出した。「パパ、パパ、行かないで!」という感じで本当に悲しげに。 ・・・ ああ、やはり来るんじゃなかった ・・・ ごめんよチュー太郎  もう少し待ってて



手術の少し前の楽しげな散歩の様子。こんな日々がまた戻ってくると信じたい。この映像、何気なく見えるが実は難しい事を成し遂げている。家に到着する直前の角を、近回りせず指示通りピッタリ私に付いて直角に回っている。すごいぞチューちゃん♪


dr3i.jpg
親切で非常に可愛い3人娘。お菓子の「つけとどけ」をしたことで逆に【チュー太郎優遇=他のワンコの怒りを買う=イジメ】ということになっているかも!・・・は、考えすぎか。(笑)

sr5g.jpg
チュー太郎のことで頭が一杯のこの4月だったが、実はとても良いことも。友人のヴァイオリニストが赤ちゃんを連れて欧州から里帰りしてきて久しぶりに再会、旧交を温めた。再会する事を知って昔彼女と一緒に弾くために作った曲を思い出し、それを楽譜出版社に送ったところ、意外とウケて、なんと出版されることに! これでおいらも晴れてクラシック音楽の作曲家?うれし~~。題名は「2つのヴァイオリンで楽しく」。モーツアルトのモチーフを使った初心者用の簡単な曲に、もうひとつオリジナルの曲を重ねた二重奏曲。どちらも単独で弾いても美しい曲だが、同時に弾くとキレイなハーモニーに。さらに言えばこの曲は、3度を多用しフーガは排除、単純に楽しい曲と悲しい曲を同時に弾くとどうなるかという私独自のヘンテコ対位法がかかった実は奥深い曲なのです。(笑)