第246話 チュー太郎猛犬に嚙まれる!

2017年09月23日 12:27

山荘のご近所さんには仲の良い爺さんがいる。この山荘へ来るようになってもう25年。当時はリタイヤした別荘族のお年寄り達が周辺に大勢いて、一緒にお酒を飲んだりバーベキューしたりして皆さんと親しくしていたが、この25年でほとんどいなくなってしまった。寂しいが自然の摂理で仕方がない。そんな中唯一の生き残り、と言ったら失礼か、そんな長い付き合いの親友に近いお友達があの爺さんだ。大手企業を定年退職し山荘暮らし。昔は若々しかったが今は80ぐらいだろうか。この人が居なくなると一人ぼっちになってしまうので、毎年初夏再会するとすごくホッとする。そして「ああ今年はあの人がいなくなったね」などと言ったりしている。

その爺さんの愛犬は、泣く子も黙る猛犬マルチーズだ。まあ半分冗談だが、近年人工的に作られた犬種と違い、3000年の歴史を誇る筋金入りの小型犬。当時は大きな犬ばかりだったろう。だから大型犬に対しては血が騒ぐようだ。昔は外敵に対し吠えたててくれるだけで良かっただろう。飼い主は弓矢などで武装していただろうから、レーダー的な役割で十分だったわけだ。だから大型の猛獣に襲われても恐れ知らずに吠えたてるマルチーズの性格は重宝したに違いない。しかも家族には愛らしい優しい性格なのだから飼い主にはたまらない。昔からこの小さな犬種は、溺愛されていたに違いない。だから我儘な猛獣になってしまう子も多いのだと思う。また家族には飼いやすい犬種なので飼い主はあまり調教の技術を磨こうとはしないだろう。こうして小さな猛獣が作られる。

数年前爺さんのマルチーズが天寿を全うした。爺さんの嘆きようは大変なものだった。なにせ玄関の10m先に大きな石を使った手作りの墓を作ってしまうほどだ。「やめてよ!○○さんが死んだらこの墓見る度悲しくなるじゃん」と言ってやったら笑っていた。そして毎日のようにお供え物をして拝んでいた。ほどなく見かねた東京に居る奥さんや息子さんたちが、うり二つのマルチーズの子犬をプレゼント。最初は抵抗感があったようだが、すぐに前の子と同じ名前を付けて、同じように暮らすようになった。まあ私と違い奥さんや子供さんたちがいるので、すぐ次のワンコが来ても大丈夫だから、羨ましい限りだ。まして小型犬だしね。

さてそのワンコももう4歳ぐらいだろうか。ある日散歩の途中いつものように、こんにちは~と爺さんの家に寄ったら、といっても山荘で数千坪の敷地だから玄関までかなり距離があるのだが、その子が玄関から猛然と飛び出してきて、あっという間にチュー太郎の足に噛みついた。それもガガガガガーと結構激しくだ。一瞬の出来事でどうしようもなかった。当然チュー太郎は反撃。哀れ小さなその子はオダブツに。は冗談だが、ケガを負い爺さんは動物病院へ直行。正当防衛だったがその時はまだ状況は知らず、ぎくしゃくした感じに。当日夕方、その子の元気な鳴き声が聞こえたので心底ほっとした。傷が癒えた数日後に麓への買い物に誘い、車の中で状況を説明し、美味しい中華の店でランチをして完全仲直り。良かった良かった。大型犬に向かってくるというあの犬種の性格を甘く見たミスだった。教訓になった。あの子が死んでいたらと思うと本当にぞっとする。


初めて犬に噛まれ大ショックだったチュー太郎w
DSC_1482.jpg 

 
スポンサーサイト

第245話 謎の眼科医・真逆の診断

2017年09月12日 13:25

ハートの弱い私は、なかなかセカンドオピニオンなど出来ないのだが、目の手術がどうしても嫌だったので他の医師に診てもらおうとしていた。そこで総合病院なので、日を開け、曜日を選んで別の医師が担当する日に。まあ偶然だが実は前の担当医は他所へ転勤していて居なかったのだが。だから逆に受付の方が、申し訳なさそうに「先生が替わります」と言ってくれ、ホッとした。さあ、いざセカンドオピニオンへ。

随分待たされた。待合所ではそれほど患者がいない。一人一人がやたらと長い。予約して朝早く行って、私の順番が来たのは昼近くだっただろうか。後の人達どうするの。待ちくたびれてキレてるおっさんもいた。と余計な心配をしながら先生のもとに。目の検査ではあの薬がさされる。瞳孔が開いてまぶしくなって何もかもがキラキラ輝くあの薬だ。そんな状態でカーテンが開かれ、そこに現れたのが20代後半と思われる非常に可愛らしい美人先生! 孤独な単身者で失明の恐怖におののく私の手を触り、天女の様な優しさと嫌らしくないお色気で、私を励ましてくれた。そしてたっぷり時間をかけて検査してくれた。時間が掛かるはずだね。

で検査の結果は、「まったく大丈夫」。と耳を疑うお言葉だった。「でも先生、前の先生は」と言うと、「糖尿病の影響が血管に若干みられるけど、今の段階ではそれほど心配するほどではない」「白内障の兆候はない」。うーん、何だったの前の診断は。あの先生、手術がしたかっただけ?自分の実績作りに。

というわけで安心した。孤独な単身者にとって失明は地獄。その恐怖から解放され、どれほど嬉しかったか、言葉で表現するのは難しい。ますます天女様に見えてきた若い女医さんに、「薬のせいか先生がキラキラ輝いて凄い美人に見えます!」と言うと、看護婦さんと二人で大笑いしていた。先生から「定期的に検査に来てくださいね」と言われ、「はい!毎月必ず!」と言うと、そんなに来なくていいですよと言われてしまった。ああ、あのおっさんのようにはなりたくないな。待ち時間長いもんね。安心した精神的なものだろうか、気のせいか最近目がよく見えるようになった。こうなると半日潰れる検査はなかなか行く気になれないけど、前よりは行けそうだ。
 
見つめ合うチュー太郎と私。目が見える幸せ
DSC_1493.jpg 
 


第244話 人類への貢献度は猫が上?

2017年08月25日 16:35

最近NHKで面白い番組を見た。題名は忘れたが、猫がどれほど人類に貢献してきたかという内容だった。一方犬に関しては、一部の作業犬を除き、ほとんどが愛玩犬で、要するに玩具のような物と暗示されているような気がした。愛犬家としてこの論を検証してみたい。まあ、元妻のせいで愛犬家になったけど、元は僕も大の猫好きの愛猫家だったから、猫ちゃんの勝利!と最初から結論付けてもいいのだけどね。

工業化やハイテクが進んだ現在なら作業犬の活躍の場は一部に限られるが、昔は犬無しで人類の生活など成り立ったのだろうか。鋭い嗅覚で昔の電気の無い真っ暗闇の中で侵入者を察知する能力は、例えマルチーズのような小型犬でも、絶大な効果があったはずだ。弓矢を準備し、敵や猛獣に備えることが出来た。どらを鳴らし追い払うことも出来ただろう。猫がニャーと鳴いたって役には立たない。

だけどよく考えてみると、24時間365日そんな場面があるかといえば、そんな機会など平和な村で平和に暮らしている大半の人々には、実際のところ殆ど無く、その能力は喧しいだけの無用の長物だったかもしれない。その他の作業犬も、そういう仕事以外の一般の人には、昔からその能力は無用の長物だっただろう。だが、家の中や蔵に侵入し食料を食い荒らし、伝染病を撒き散らすネズミは、古今東西世界中の人々にとってまさに日々現実の脅威だった。賢く、凶暴で、人々の大量死をもたらす悪魔の強敵。そこに現れた人類の救世主こそ猫ちゃんなのだ!

番組によればその効果は絶大で、人々は驚嘆したという。その評判は世界中に瞬く間に広がり、かくして猫は世界中に広まった。余談だが一時期実家にネズミが出るようになり、様々な仕掛けや殺鼠剤でやっつけようとしたが駄目で、悪化する一方だったが、父が公園から野良猫を連れて来たところ、あの凶暴なネズミ軍団が、あっという間に壊滅。うちに平和が戻った。他でも似たような話を知っている。猫の効果は確かにある。ただしブランド猫は役立たずらしい。筋金入りの野良猫が最強なのだろう。

聞くところによると、部屋に侵入してくる蛾とか黒いアレとか色々嫌な害虫も、マッチョな猫ちゃんなら全部やっつけてくれるのだとか。うーん、いいかも!


猫以上に可愛いけど、可愛いだけのチュー太郎
DSC_0915.jpg 




第243話 絨毯への粗相対策

2017年08月18日 15:59

ドーベルマン飼いのメル友から相談を受けた。今までは田舎暮らしで排便の問題は無かった。当然屋内飼いだが、広い庭があり、ドーベルマンは賢いのでわざわざ家の中では排便せず外でしたがる。そのため家の中での排便などない快適なドーベルマンライフを楽しんでいた。我が家と一緒だ。ところがその人は、都合で大都会のマンションに引っ越す事になり、そこは騒音防止の為に規約で徹底的に絨毯が敷き詰められていた。さあ困った、どうしよう。そして、慣れないドベちゃんは、絨毯に粗相を。

そんな恐ろしい状況になってしまったが、飼い主ご本人は意外と匂いに慣れてしまっている。周囲は、ドーベルマンへの恐怖もあって、けっこうシビアな状況になっているのかもしれない。そして飼い主さんの娘が来訪する。娘は遠慮なしに悪臭に閉口し「げげげ!何この臭い!」という感じだったそうな。勿論飼い主さんも必死に努力はしている。ペットシートの上でさせ、跳ねたものはふき取り、足も拭き、オスのアレも拭きとっているのだそうだ。しかし娘さんには家の中が強烈に匂った。

最初に粗相された時のものが残っているのだろう。染み込まれたらお手上げだ。絨毯の素材にもよる。車の絨毯の例えでいうと、安いマットのようにゴムの上にクロスが張り付けてあるような物なら、ホームセンターなどで売っている汚水あるいは水分ごとをゴミを吸い取るバキュームクリーナーでまずおしっこを吸い取り、染み込んだおしっこを最小限にしたうえで洗浄。そして同様に吸い取り、濯いでまた吸い取る。これで後は、「換気と消臭剤」でだいぶ解決するだろう。

ところが高級車にお乗りの方なら知っているだろうが、マットのベースがゴムではなく通気性のある物の場合は厄介だ。その向こうのカーペットにも染み込んでしまう。さらに最悪なのは、そのカーペットのベースまでもが通気性のある物で、そうなると一番最後の鉄板にまで達してしまう。車の場合、足の水分ぐらいなら、分厚いカーペットならボディに達する前に蒸発するだろう、通気性を持たせるのはカビ対策というところだろう。

このように、不幸にも絨毯を通過して、その向こうの板やコンクリにまで染み込んでいる場合お手上げだ。繰り返し繰り返し徹底的に吸い取り洗浄していれば絨毯に染み込んだ分は取れるだろう。しかし薄っぺらい安物絨毯で向こう側に大量に小便が残っている場合は、敷き詰められた絨毯を剥がして向こう側を洗浄しなくてはならない。絨毯を一部切り取り別の絨毯を貼るという手もある。

さて、ドーベルマンは清潔な環境を好む。そして知能も高いのでここだけですれば、という事を飼い主の意図も察して学習する。色々な商品を使って、その場所を上手に使う事が解決の道だろう。究極的に最も良いのは、ボールで受け取る事だ。トイレに流せる。あそこを拭けるぐらいだから慣れれば何ともないはず。小水には色々な情報が詰まっている。色や臭いや量は貴重な情報だ。また、老犬になって介護が必要になった時、これに慣れておくと、とても助かるというメリットもある事もお伝えしておこう。

DSC_1247.jpg 
飼い主にべったりくっつくドーベルマンは本当に可愛いね

第242話 失明の恐怖

2017年07月26日 19:12

私のような糖尿病患者には、合併症の予防が欠かせない。しかし加齢とともに健常者でも通常起こりうる病や衰えは、努力してもそう思い通りにはならない。そういうものの中に白内障がある。年齢とともに発症が増え、高齢になるとほとんどの人が掛かる病だ。欧米では「治療薬」も出始めているそうだが、日本ではまだ認可されておらず、基本的に手術でしか治せないという。白内障を放置すればやがて失明する。症状が軽いうちなら手術も楽なのだそうだ。しかし実は最近までは手術のレベルがそれほど高くなく、「見えればいいでしょ?」というレベルだったのだという。「でも今は違いますよ~」と言われてもね、なかなか怖い。

少し前に目に異常を感じたが、症状が無くなったので気のせいかと思ったが、また現れ、今度はしっかり異常を確認した。糖尿病の合併症で失明が多い。糖尿病が毛細血管を破壊するからだ。足を失ったり臓器が壊れたりするのも、それだ。今回目に異常を感じ、糖尿病の恐ろしさを強く意識した。普段健常者と変わらなくとも、何か病にかかると、健常者と同じというわけにはいかないところが怖い。

さて、糖尿病性網膜症はガーンと出血して目の前が真っ黒になるまで自覚症状は無いそうなので、このケースはおそらく加齢による白内障だろう。そうすると、せっかく今はまだほとんど気にならない程度の異常なのに、リスクを冒してまで目を手術するべきなのだろうか。「簡単簡単」と言われても、術後見え方がいろいろ変わるという。嫌だな。それに何と言っても、糖尿病患者は、手術後の感染リスクが高いという。そうなった場合は失明する危険が高い。

最終的に決めるのは自分だ。失明は恐ろしい。失明すれば孤独な単身者の私には想像を絶する苦難になるだろう。そして、チュー太郎がいる間は、絶対に失明するわけにはいかない。難しい判断を迫られそうだ。


チューちゃんパパ怖いよう~
DSC_1390.jpg