FC2ブログ

第280話 畜生だなんて

2019年06月18日 16:47

いつものように療養のため 標高1,500mの涼しい山に来ている。山の6月は 新緑がまぶしく 花々が美しく 気温も適度で 晴れた日は 一年で最も良い季節 と思わせる。それを知ってか知らずか 観光業的にはオフシーズンだが 通な感じのハイカー達と たまに出くわす。お話を伺うと 私には想像もできないような 遥か彼方まで歩いて行くのだという。しかも 70代の方々だ。すごいなあと思う反面 この季節 気候が不安定なので どうぞご無事で と思った。

先日も朝散歩中 十数人の団体と出くわした。皆さんご年配の方々だったが その中に 3人ほど若いきれいな女性がいた。家族という感じだったので メンバーの誰かの お孫さんなのだろう。チュー太郎が大喜びして抱きつこうとしたが 残念なことに犬恐怖症の子だったようで 近寄っただけで ひどく怖がられてしまった。一方お年寄りの女性陣は 犬好きの方々だったようで 可愛い可愛いと連呼して ハグなどして喜んでいた。

するとメンバーの年配男性が心配して声をかけてきた。大きなドーベルマンだから 危険と思ったのだろう。女性陣が「大丈夫よこの子は。ほらこんなにおとなしくて お利口さんじゃない」と反論すると、男性は「いや、だけど 所詮犬は畜生だから」 と言い返した。う〜ん 私にリードを引かれている状態のチュー太郎に限って 襲うとか それは ありえないと思うが、確かに 知らない人と そのドーベルなら 心配するのも無理もない話かもしれない。ドーベルと一対一で暮らす単身者の私には、あの子は家族以上の存在だが、他人から見れば「所詮は畜生」なのだな〜と思い知らされ、 なんともいえない寂しい気持ちになった。

可愛い可愛いチュー太郎
20180630_160304c.jpg
 。

第279話 嬉しいメール

2019年05月27日 11:59

とても嬉しいメールが来た。 第276話や 第277話 などのようにアドバイス したメル友から 愛犬ドーベルマンとの散歩が バッチリコントロールできるようになったというメールだ。 散歩中暴走されて転倒怪我をし 強い恐怖心を被ってしまい 愛犬を手放そうと思い詰めるまでになる深刻な状態だったが、文面から余裕すら感じるほど改善したようで、本当に良かったと僕も嬉しい。

ただドッグパークへ連れて行くと このメル友さんの居るアメリカでも ドーベルマンは悪者扱いで 危険犬種を連れてこないで〜 という雰囲気になるらしい。このへんは日本と同じようだ。 ドッグパークへ連れて行こうとすると その子は嬉しさのあまり感激して 幸せいっぱいの顔をして キスをしてくるのだという。だからなるべく連れて行きたいが ドーベルマンが他の犬を傷つけると 大問題になるのは 火を見るより明らかなので目を離せず大変だそうだ。

ぜひ僕の ドーベルマンの写真をアップした Instagram の写真を見て欲しいものだ。何枚かまとめてもう 1000枚ぐらい投稿したが どれも皆本当に温厚で 可愛らしい写真ばかりだ。実物はもっと温厚で可愛らしい。適切な調教をしながらも 愛情をたっぷり込めて 優しく育てた成果だろう。海外からも 本当に可愛らしい写真 という お褒めの言葉をいただく。こういう写真で ドーベルマンのイメージが 少しでも改善されると良いのだが。https://www.instagram.com/p/Bs67hrbAVfE/?igshid=kamjxz24v00i
20180607_171939s.jpg

第278話 ポチとか犬とか失礼だけど(笑)

2019年04月30日 11:51

Twitterで話題の動画を見た。報道管制?のため日本では報道されないが、トランプ大統領の振る舞いが世界的に問題視されている。安倍政権は自ら口を滑らせたようにナチスの手法を見習って高い支持率で長期政権を築いた。誹謗中傷して前政権の手柄を横取りし、権力の脅しと国の金を湯水のように使う事によって政権を粉飾。国営放送NHKを掌握し政権の宣伝機関に。他のマスコミも社内権力者を懐柔。言論の自由も報道の自由も法律も秩序もズタズタにし日本国の根幹に致命傷を与えた。

公文書の破棄隠ぺい改竄捏造の横行は邪悪な政権の常とう手段。その被害は次世代に長く遠く続く。またナチスの、ユダヤ人蔑視扇動、ユダヤ人からの敵意でっちあげで国民の支持率を高めた手口を真似たのか安倍政権の、韓国人蔑視扇動、韓国人からの敵意でっちあげで国民の支持を高めた手口もよく似ている【参考文献:「国際法上あり得ないのは日本」「安倍政権は国際司法裁判所に提訴する方針だがそれこそ日本の恥を世界に晒す事に」「徴用工問題への安倍政権やメディアの逆ギレぶりは滅茶苦茶だ」日弁連シンポジウムでhttps://hbol.jp/191211/3】だがそんな目に会っている韓国のTV番組ですらこの動画では安倍首相に同情的だ。

明らかに意図的にレッドカーペットの外に立たされ、政権スタッフもしくは手飼いの記者が慌てて指摘、安倍首相がトランプ大統領の方に寄って絨毯の上に立とうとすると何と「stop!(やめろ もしくは 止まれ)」と一喝される。公の場で一喝され混乱したのか片足だけ大統領にバレないようにレッドカーペットにしのばせる。

Twitterをみているとなぜか安倍の熱烈な支持者ネトウヨたちは韓国に激怒。「卑しい韓国人め!」と罵詈雑言を浴びせる不思議な現象が起きている。怒りを向ける相手はトランプ大統領でしょ?これも、何でもかんでも悪い事は隣国やユダヤ人のせいにした戦争前のナチス政権下のドイツ人と似ている。当時と違って今はネットがあるおかげで情報はこのように拡散するから大丈夫だろうと思っていたら、精密に作られた偽造写真が拡散しているらしい。安倍動画は日本を除く世界中に報道されたので今さらどうしようもないが、「他の首相や大統領も皆同じ目に会っている安倍さんだけじゃない!」と写真付きで必死に宣伝している。真実を歪めまくるこの政権の支持者らしい行動だ。

この動画を見てチュー太郎もトランプ大統領に呆れ顔
20180630_160304c.jpg 

D5PUvhvUUAE9B8I.jpg 
https://twitter.com/i/status/1122401986010157058
 


第277話 絶対に叱ってはいけない時

2019年04月16日 12:09

犬の調教の基本は 導くことであって 叱ることではない。25年以上ドーベルマンの調教してきた経験から 私はそれを確信している。叱れば叱るほど ドーベルマンは悪くなっていくと思う。ある種のプロは 心理学でいうところの 恐怖条件づけ という手法を用いて犬を操るが そのパフォーマンスはやがて破綻する。なぜなら 嫌悪刺激などの反作用が発生してうまくいかない時 飼い主が逆上してしまうからである。するとどうなるかは火を見るよりも明らかだ。エスカレートし最後には 殺してしまうほどの暴力を振るうか どこかへ捨ててしまうだろう。

しかし人間は感情動物だから 時には愛犬を怒鳴りたくなることもある。そういう時は これを利用し 鬱憤を吐き出せば良い。それは 犬同士が怒鳴り合うようなことは 本能に基づくものであって 特段悪いことではない だから 飼い主も時に 同列の犬になり ガオーと怒鳴りつけ やっつければ良い。私の元妻は 私の半分ほどの体重で 大きなドーベルマンに対して 体力的に不利だったので 爪を立ててひっ捕まえ 噛み付いていた。そして 勝利の雄叫びを上げていた。これはあくまで遊びで いわゆるプロレスごっこである。彼女が愛犬を叱ったところを見たことがない。いつも丁寧に指導していた。彼女も馬の調教していたので 叱ることは百害あって一利なしということを 知っていたのだろう。ちなみに彼女は今 ボクサーを飼っているが ドーベルマンに比べ アホ過ぎると嘆いていた。

初代のドーベルマンの時から 調教に特別苦労はしなかったが それから25年以上の経験を積んだ今のドーベルマンに対して 当然ながら 調教に苦労したことは特にない。しかし時には 私の虫の居所が悪くて 些細なことで怒ってしまうことがある。そしてハッと我に返り 自己嫌悪に陥る。単身者の私と愛犬と二人暮らしの私たちは特に絆が深い。体の一部のような家族である。私が怒ると 本当に 悲しそうな顔をする。ごめんねと言いハグをする。向こうは ほっとした顔をする 愛犬とは そういう存在なのだ 人間が支配する動物ではないと思う。

というわけで 私は叱らない調教が大切だと思うが 中でも絶対に叱ってはならないと断言できることが一つある。それは例えば ドッグランなどで 犬が楽しすぎて遊びまくり飼い主が呼んでも来ない時、飼い主は苛立ちをどんどん積もらせる そしてやっと来た時に怒るとどうなるか 犬の立場になればよくわかる。もっと遊びたいのに 飼い主が呼んでいるので 断腸の思いで飼い主のもとに行った。その忠誠心を高く評価され おりこうさん!と 褒めてもらえると思っていたら 叱られ バカ犬呼ばわれされてしまった 

こういう時は 水とかおやつとかを持って さっさと捕まえに行けば良い。遊びと勘違いされ 逃げ回わられても 長距離走の犬種でない限り 走っているうちにくたびれるから 逆にどんどん走らせれば 早く落ち着く。そして捕まえる。その時も当然褒める。大人しく捕まってくれたのだから。もしそんな事をするまでもなく 命令に従って 遊ぶのを止めて 戻ってきたのなら スーパーお利口さんなので 自分の愛犬を絶賛して良い。なんて良い子なんだと 褒めちぎれば 今度呼んだ時も 戻ってきてくれる確率が高くなるだろう。

20180321122547df1.jpg 

第276話 愛犬に暴走された人への手紙

2019年03月28日 11:16

私のメル友に60代の一人暮らしの女性がいる。その方には 今年6歳ぐらいになるドーベルマンがいる。とても良い子で 深く愛しているそうだが 最近暴走され 最後までリードを離さなかったので転倒し怪我をしてしまった。以来外出が怖くなり 愛犬を里子に出そうかと思い詰めるほど落ち込んだそうだ。

そこで私は 次のようなメールを送った

⬛⬛⬛
無事で良かったですね
この経験を生かし もっともっと事前に 危険を察知し U ターンして引き返す ようにしましょう

ある程度制御できるのなら 首根っこを直接 引っ掴まえるといいですよ

今日チュー太郎も よその犬に反応して 興奮し出しましたが 首輪ではなく 首根っこを ひっつかまえて じっとしろ と命令したら 従いました

こういう時 むやみにリードを引くと 逆効果になります 火に油を注ぐような 。試しに 紐を持って 目隠しをし 誰かに紐を 引っ張ってもらうと その時の犬の気持ちがよく分かるはずです

飼い犬のテリトリーは それほど広くないので 実は遠くへ行くほど 負担になります 犬にとって 家の周りをウロウロするだけが テリトリーを守るということに関しては 一番負担が楽です

外へ出れるのと一日中家だけというのでは テリトリーチェックができるかどうかの違いになるので 犬にとっては極めて大きな違いです

だから家のすぐそばで 犬に前へ 行かれては U ターン を繰り返す ひたすら回転運動 というのはいかがでしょうか

この訓練を繰り返し U ターンだけは いかなる時でも 確実にできる 状態にしてから 遠出するようになれば 安全性が高まります

このゲームは 一見単純作業で つまらなく見えるかもしれませんが たったこれだけでも 大きなワンコを 自在に操れるようになると とても面白いですよ 是非楽しんでください。

⬛⬛⬛
なんとかうまく いくといいですね…
いくらでも アドバイスしますので…

うちの3代のドーベルマンの経験から言うと 母親に捨てられたドーベルマンの嘆き様は もう見ていられないほど 可哀想です

初代の子は 僕と山に居っぱなしで妻が別荘に来て帰って行った時。二代目三代目は 元妻が遊びに来て 帰って行った時。

元妻が来た時は 狂喜して喜んで 帰った時は 見ていられないほどしょんぼりして ずっと 帰った後の方を 見ています

里子に出されると お母さんが迎えに来てくれるのを 死ぬまで 待ち続けるでしょう

⬛⬛⬛
参考になるよう動画を作りました。できたてほやほやの動画です。玄関前での 初歩的な 回転運動の練習です。

左側にいるワンコが遠回りになるよう右回転していますが それだと 人間は目が回るので 動画のように時々左回転を 入れると長時間やれます。

長時間やれば 習慣の習性を利用できますので 動画のように回転を覚えるはずです。

これを繰り返すことによって ぐっと コントロールしやすくなるはずです。 ぜひお試しを
 「外に出てやってみました。ちゃんと回ってくれました!」 との返信あり。メデタシ メデタシ

 「里子なんて嫌でチュ!」 ワンコたちの声
2019032810595014a.jpg  。